FC2ブログ

ユーアンセ サンデリアナ Euanthe sanderiana の子株 ボトル出しから3ヵ月経過





今朝のルセナは曇り

昨夜までの雨は上がったが

どんよりと暗い曇が空を覆う、、


こんな天気の土曜日は

ボリュームを大きくして朝から軽快なスィングを掛ける


P2270623.jpg


そして

軽快な音楽を聴きながら

双子娘が作ったエッグサンドを食べる、、


P2270622.jpg


外はどんよりとした天気でも

家の中はこれで十分楽しい気分になる

午前10時の気温29度


今朝庭に出て曇り空を見上げていたら

ドリップウッドに着生しているパピリオナンセに花茎が伸びているのを見つけた


P2270625.jpg


まだ長さ数㎝の花茎であるが

これから暑さが増すにつれてぐんぐん伸びていくであろう

シンガポールの国花でもあるこの Papilionanthe Miss Joaquim

しばらくすれば、 あの虹色の花が庭で咲く





さて、、





今朝は

昨年の11月にボトル出しをして

その後椰子殻に包んで遮光スペースにハンギングしておいた

ユーアンセ サンデリアナの株をいくつかをテラスに持ち込み、、



P2270633.jpg



根の部分を挟み込んでいる椰子殻を剥がしてみる



P2270634.jpg



いくつかの株の根は

椰子殻の繊維に食い込んで着生しているものもあったが

ほとんどの根は着生していない状態であった


根腐れはしていないから

着生していなくても問題はないがちょっと期待外れだね‥



P2270635.jpg



今朝

ユーアンセ サンデリアナのいくつかの株の椰子殻を剥がしたのは

椰子殻に包まれた根がどうなっているかを確認したいことも理由のひとつであるが

それよりも今回は、、

試験的にこのユーアンセの子株の根を包む椰子殻を半分外して

ユーアンセの根に直接雨風が当たるフリーの状態に近づけてみたかったのである


勝手な想像ではあるが

この種の着生蘭であれば、、?

そろそろボトル出し後の過保護な環境から

少しずつここでのフリーな環境に馴らしていってもよいと思う、、



P2270637.jpg



根を挟んであった椰子殻を半分外し

残り半分の椰子殻とユーアンセの根をビニタイで軽く縛り

この状態でまた遮光スペースにハンギングしてしばらく様子を見ることにする



P2270636.jpg



この状態で枯れることがなければ?

残りのユーアンセ サンデリアナの子株も同じようにしてみよう


ボトル出しをした子株は35株

現在枯れずに残っている子株は27株


さあ、、

枯れずに育つか?

スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/984-ca17086a

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR