FC2ブログ

サンセベリアの水栽培 2年経過






今日のルセナは晴れ


PC130506.jpg


今日も朝から暑いが

台風27号がルソン島南部からビサヤ地方に接近中のようだ


1527-00.jpg


このまま来ると‥

明日明後日はここでも荒れそうだな

お昼の気温33度


今朝は

アヤメ科のイエロー ウォーキング アイリス Yellow walking iris の植え替えをする


PC130464.jpg


ここのところ

毎朝蘭ばかりいじっていたので

今朝は久しぶりの土いじり、、


小さなアグリバッグへ植えたままにしてあったイエロー ウォーキング アイリスの株を抜き出してみると

痩せた小さな子株がいくつも発生していた


PC130467.jpg


子株がひょろひょろと痩せているのは

植え込んであったアグリバッグが小さいこともひとつの原因かもしれないが

これはやはり、、 

長い間日当たりの悪い遮光スペースに置いてあったのが最大の原因であろう


そのせいか

今年は一度も、、 あの美しい黄色い花を咲かせなかった


PC130473.jpg


株分けと植え替えを終えたイエロー ウォーキング アイリス

今度は少し日当たりの良い場所に置くことにしよう





さて、、





2年前の今頃

庭に置いてあるサンセベリアの鉢植えから

妻が子株を掘り起こし

そのサンセベリアの子株を水を入れたグラスに入れて部屋に飾った



PC090556_201512131455562a6.jpg



昨年の今頃も一度ここに書いたが‥

サンセベリアの水栽培 1年経過 2014年12月9日


日本ではトラノオとも呼ばれるサンセベリア

ここでは露地植え鉢植えどこでもよく見かける観葉植物である


サンセベリアは乾燥には非常に強いが水をやりすぎると根腐れをおこすから

水だけで栽培したらすぐに根腐れを起こして枯れてしまうだろうと2年前の今頃は思っていたのであるが‥


これが予想外に

1年経過しても枯れることは無く

2年経過した今日でも枯れることも無く

痩せてはいるが株元から新しい葉がゆっくりとしたペースで伸び続けている


PC120396.jpg



この2年間

このグラスに入ったサンセベリアの株は

太陽光がほとんど当たらない室内に置いてありグラスの中身は水道水だけ


グラスの中の水道水は

水が汚れたり少なくなったら時々水を入れ替えたが

時には忘れたまま放置してグラスの水が渇いてなくなった状態の時もあった


水道水の中に養分となるものがあるのかないのかは知らないが

グラスの中にサンセベリアの養分となる肥料の類は一切入れていていない


こんな状態でも

グラスの中のサンセベリアは非常にゆっくりとしたペースで新しい葉を伸ばしている


ん~

面白いねサンセベリア

乾燥に強い植物サンセベリアは

水だけの環境でも生きていけることがこれで分かったのである


この2年間の結論は

サンセベリアの水栽培は可能であるということだ

スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/910-a5d42a75

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR