FC2ブログ

ディスキディア メリリー Dischidia merrillii の増やし方





今朝のルセナは晴れ


PB162285.jpg


青空眩しく

爽やかな風が吹く早朝

午前9時の気温31度





さて、、



~ 2017年3月27日追記 ~

この記事にあるディスキディアの種類は、これまでディスキディア ランチフォリア Dischidia lancifolia と
記してきたが、その後の調べでこの株はディスキディア メリリー Dischidia merrillii と判明したので
記事タイトルと本文中の種名を訂正する。

~ 以上追記終わり ~




今朝は

庭にハンギングしてあるディスキディアの茎を切り取り

茎分けをする



PB162246.jpg



ディスキディア ランチフォリア Dischidia lancifolia

ディスキディア メリリー Dischidia merrillii

この地に自生するホヤ植物の仲間であり

小さな赤い花を付ける蔓性植物である



PB162251.jpg



ここでは

このディスキディア ランチフォリア ディスキディア メリリーの株に似た

小さな白い花を付けるディスキディオプシス ルゾニカ Dischidiopsis Luzonica はよく見かけるが

この小さな赤い花を付けるディスキディア ランチィフォリア ディスキディア メリリーはあまり見かけることがない


ここであまり見かけないのは

ディスキディオプシス ルゾニカは非常に速いペースで蔓を伸ばして生長するが

ディスキディア ランチフォリア ディスキディア メリリーはディスキディオプシス ルゾニカに比べて

生長が遅いのが原因のひとつかも知れないね‥



で、、

今朝はディスキディア ランチフォリア ディスキディア メリリーの茎を2本カットした



PB162256.jpg

並べてあるのは30㎝定規


茎の葉が出ている場所から

ホヤ植物と同じように花を付ける花芽が伸び

その先端に変わった形をした1㎝ほどの小さな花を付ける



PB162266.jpg



花弁は大きく開かないが

先端が割れたこの状態がディスキディア ランチフォリア ディスキディア メリリーの開花状態

面白いね~



PB162272.jpg



今朝用意したのは

椰子殻とビニタイ、ハンギング用の針金



PB162276.jpg



椰子殻の繊維を割った中に

ディスキディア ランチフォリア ディスキディア メリリーの茎とハンギング用の針金を挟んで

外からビニタイで強く縛る



PB162277.jpg



他の植物の株分けや植え込みと違って

物足りないほど簡単な作業であるが

まあ、、 

この植物は茎を切ったまま木にでも引っ掛けておけば蔓を伸ばして生長するので

これでも園芸としての手を掛けた方なのである



PB162280.jpg



後はこのまま日の当たる場所へぶら下げて放置する


このディスキディアをわざわざ育てる人は数少ないと思うが

どちらも日当たりが悪いと花付きも悪くなるから

もしも育てるなら日当たりの良い場所にぶら下げる方が良い

スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/885-07299d0c

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR