FC2ブログ

パフィオの植え替え




今日のルセナは晴れ


PA301482.jpg


青空眩しく

今日も爽やかな風が吹く、、

午前11時の気温34度


昨夜

妻のバナナケーキ作りの手伝い

ウンダス用にまとまったオーダーが入ったようだ


PA301468.jpg



今朝

庭の隅に置いてあった乾燥した椰子殻を引っ張り出してきて


PA301475.jpg


その椰子殻をバケツに入れて水を入れ‥


PA301476.jpg


バケツの中の椰子殻が浮き上がらないように重石を置く

これでこのまま数日放置しておけば

後日使う時にはちょうど良い湿った状態の椰子殻になるであろう





さて、、





涼しい早朝

今朝は庭のパフィオの植え替えをする


今までパフィオを植え込んであった素焼鉢は

こちらでサイズNo.3と呼ばれる素焼鉢を使っていたが

今朝は一回り小さいサイズNo.2の素焼鉢へパフィオを植え替える



PA301488.jpg

    左がサイズNo.3の素焼鉢(直径13㎝)   右がサイズNo.2の素焼鉢(直径12㎝)


サイズNo.3とサイズNo.2の素焼鉢を比べて見ても

大した違いはないように見えるが、、

蘭を植え込む鉢は小さめの方が良いと聞くので

今回街で手に入る素焼鉢で一番小さいサイズNo.2の素焼鉢を使ってみることにした



今朝は3種類のパフィオを植え替えたが

先ず最初に、、

パフィオペディラム アドゥクタム Paphiopedilum adductum の植え替え



PA301489.jpg



炭とココナッツダストを使って

サイズNo.2の素焼鉢へ植え込んでいくのであるが

抜き出した株を見ると

根腐れして根がほとんど残っていない状態であった



PA301492.jpg




次に植え替えたのは

パフィオペディラム ヘンニシアナム Paphiopedilum hennisianum



PA301493.jpg



これも同じように

炭とココナッツダストで植え込むのであるが

この株もまた根がほとんど無い状態、、



PA301496.jpg



そして

今朝最後に植え替えたのが

パフィオペディラム レビガタム Paphiopedilum laevigatum



PA301498.jpg



このレビガタムの株は

他の2株と比べると、、 少しだけ根が残っていた



PA301500.jpg




3株とも根腐れ状態であったので

そのまま放置しておくよりは今朝植え替えをして良かったかも知れないね



PA301504.jpg



今までよりも一回り小さい素焼鉢に植え替えが終わったパフィオ3鉢

ちょっとすっきりさっぱりした感じだが

これで根が伸びて元気になってくれると嬉しいのであるが‥



PA301511.jpg



植え替え後の3鉢は

遮光スペースに置いてあるドリップウッドの足元に置いて様子を見ることにした

ここなら太陽光がちらちらと当たる程度である


さあ、、

どうなるか?

スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/873-3b0d8b0d

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR