FC2ブログ

原種シンビジウムに花芽が伸びる





今日のルセナは曇り時々晴れ

早朝ひと雨降ったが

その後晴れてじっとりと蒸し暑くなる

午前11時の気温31度





さて、、





今年の7月

妻が街のサイドウォークで売られていた原種蘭を買って来た



P7103611_2015102711394567e.jpg

並べてあるのは30センチ定規

ばらばらのバルブ4本でP100ペソ也



P7103619_20151027120627508.jpg



株の姿からして

これは原種シンビジウムであることは間違いないが

この地には数種類の原種シンビジウムが自生しているので

花を見るまでは定かな種類は不明である



P7123696_201510271139498e6.jpg



バルブが一本一本ばらばらなのが心配であったが

7月中旬素焼鉢に炭と石を使って一鉢にバルブ2本ずつ植え込んで

遮光棚の日当たりの悪い場所へ放置しておいた



P7123682_20151027113948771.jpg



そして

3ヶ月が経過‥



今朝

遮光棚に放置してある2鉢の原種シンビジウムを見てみると、、



PA271374.jpg



素焼鉢の中では根が伸び着生したらしく

手で株を触ってももうぐらつく事もなく安定し

株元からは新芽が吹いてきているのが見えている



PA271380.jpg



ん~

シンビジウムは強いね

一本一本ばらばらだったバルブから新芽が伸び出している


7月に植え込んだ時

数本は枯れるだろうと思っていたバルブだが

今のところ4本のバルブとも枯れる様子もなく新芽を伸ばしているのであるが‥


なんと!?

そのうちの一本のバルブには

新芽ではなくて、、



PA271382.jpg



これは!!

花芽が伸び出しているではないか!?



PA271391.jpg



これは凄いね驚いた‥

新芽じゃなくていきなり花芽が出るなんて予想外


株が大きく生長しないと花は咲かないだろうと思っていたが

シンビジウムはバルブが一本一本ばらばらの状態でも花芽が出るんだね‥



PA271387.jpg



これは嬉しいな~


このまま上手く花が咲いてくれれば

この株の種類も判明する


我が家の庭には

この地に自生するシンビジウム フィンレイソニアナム Cymbidium finlaysonianum の株があるが

フィンレイソニアナムがここで花を咲かせるのは乾季であり

その花芽は黒っぽい小豆色をしていたはず‥


この花芽はフィンレイソニアナムの花季とはずれているし

花芽も小豆色ではなく緑色をしているのが気になるな‥



PA271392.jpg



さあ、、

一体どんなシンビジウムの花が咲くのであろうか!?

これは楽しみである



PA271397.jpg

スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/871-d4b2c48d

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR