FC2ブログ

茗荷の植え替え






今日のルセナは晴れ


PA231224.jpg


今日も朝から爽やかな青空が広がる


早朝

昨日ばらしたシダ植物を

炭とココナッツダストで素焼鉢に植え込む


PA231230.jpg


このシダ

ここでも良く見かけるものなので特に珍しくもないのだが

大きく葉を伸ばして広がればテラスの飾りになるであろう、、

午前11時の気温33度


昨日

ミンドロから帰って来た妻の親戚から

お土産にランソーネスを頂く


PA221215.jpg


ランソーネスの皮を割ると

半透明のぷるぷるとしたゼリーのような実が出てくる

適度な甘酸っぱさとぷるぷるした食感のランソーネスは食べ出したら止まらない、、

今年も美味しいランソーネスのシーズンである





さて、、





今月初め

ルセナに住む友人宅へ出掛けた時

友人宅の茗荷はすでに花を咲かせていたが、、



PA010232_20151023115838982.jpg



我が家の茗荷は

成長が止まったようにここ2ヶ月ほど変化無し‥



PA231231.jpg



友人宅の茗荷も我が家の茗荷も

今年の6月に根茎を植えたものだが我が家の茗荷は生長が悪い


友人宅へ行った時

友人から茗荷を育てるコツを聞いてきたのが

どうやら、、 我が家の茗荷の生長が悪い原因は‥


① 底の浅いプラ鉢に植えた (深さ約15㎝)

② 置き場所が蘭を育てている遮光スペースの一番日当たりの悪い場所であった


以上の2点が大きな原因のようである



で、、



今朝は茗荷の植え替え


細長いプラ鉢に植えてあった茗荷を

できるだけ根を傷めないように掘り起こしてみた



PA231240.jpg



茗荷を植えたり植え替えたりするのは初めてなので

成長の止まった茗荷の根元がどうなっているのか?気になったので

根の部分を水で洗って土を落としてみる



PA231241.jpg



ほ~

6月に植えた時の根茎は腐っていたが

新しく出た茎の根元には白い根が生えてきている


ん?

根の先に付いたこの白い球状のものは何だろうね?



PA231245.jpg



いつも庭で着生蘭ばかりいじっている自分にとっては

こうした地中に埋まっている植物の根を観察するのも時には面白い


株元には

小さな新芽のような突起が見えたが‥

もしかしてこれが花芽になるのかね?



PA231249.jpg



地上部分は生長が止まっていた茗荷だが

地下部分では根を伸ばして活動している様子なのでこれで少し安心できた


早速

先日買って来たばかりの直径約30㎝、深さ約30㎝の大きなプラ鉢に植え替える



PA231247.jpg



友人宅で茗荷を植えてあったプラ鉢も

確か、、 この位の大きなサイズだったと思う


友人宅では

少し固めの土で茗荷を植えたほうが成長が良いと教えてもらったが

残念ながら固めの土が無いので

花屋さんで買ったいつもの園芸用の土を使って茗荷を植えた



PA231260.jpg



大きく成長して

沢山の茗荷が出て来ることを期待して

大きなプラ鉢に1株ずつ分けて植えてみた



PA231256.jpg



そして

この植え替えた茗荷のプラ鉢の置き場所は

遮光スペースではなく

午前中2~3時間ほど日光があたる軒下に置くことにする


さあ、、

庭で茗荷を収穫できる日が来るか?



PA010234_20151023115838252.jpg


期待は膨らむ!
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/867-c0661ef2

Comment

でぶ熊

茗荷は嫌いですが愚妻が初めて埼玉の家に行った時に空家管理を頼んでるご夫婦に食された茗荷に嵌り新宿の家の庭に植えましたが香りがないと。住んでるクワラランプールの家に愚妻が植えましたが同じように香りが少ないようです。因みに華僑のスタッフはミョウガの香りは好きでないです。
  • URL
  • 2015/10/23 21:22
  • Edit

いつも楽しくブログを拝見させてもらっています。
特に野生蘭の栽培の記事を読むと羨ましくなってきます。

茗荷の地下茎は横に這って行くので地植えされないのであれば植木鉢ではなくプランターに植えられるのがいいと思います。
茗荷の一枚目の写真の白く映ってるのは茗荷の花ではないのですか?
  • URL
  • 2015/10/24 10:00

隠居

でぶ熊さん

土や場所によって香りが強かったり弱かったりするのでしょうかね?
我が家の茗荷、楽しみです。
  • URL
  • 2015/10/24 11:17

隠居

ここでは交配種の蘭は高価なので、安価な原種の蘭を蒐集しているうちに
この地に自生する蘭にはまってしまいました。

茗荷ですが、一枚目の写真の白く写っているは、友人宅で咲いた茗荷の花です。
一番最後の写真の茗荷は、その友人宅で採れた茗荷です。
しばらくこのまま様子を見てみますが、プランターの方が良かったですかね?
  • URL
  • 2015/10/24 11:34

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR