3種類の原種蘭





今日のルセナは晴れ時々雨


s-IMG_7188.jpg


朝から降ったり晴れたりころころ変わる空模様、、

日中気温30度


早朝

指先のリハビリを兼ね

トリガンのココナッツミルク煮に使うマルンガイの葉をむしる


s-IMG_7089.jpg





さて、、





山から仙人が下りて来る


あれ‥?

先週オフィオグロッサム ペンドュラム Ophioglossum pendulum を持って来たばかりなのに

どうしたの? っと聞くと、、


どうやら

先週はオフィオグロッサム ペンドュラム Ophioglossum pendulum の株が大きすぎて

一緒に原種蘭を持って来られなかったから

今日は先週持って来られなかった原種蘭を持ってきたとのこと、、


なるほど‥ っと話を聞きながら

痩せた小柄な仙人が大きな袋から取り出した原種蘭は3種類



先ずは

1種類目の原種蘭



s-IMG_7013.jpg



この原種蘭の株 1縛り2株付きP100ペソ

株の姿形はファレノプシスに似ているが

これはこの地に自生する着生蘭のプテロセラス Pteroceras である



s-IMG_7015.jpg

並べてあるのは30㎝定規


肉厚の葉は大きなもので長さ30㎝を超え

大きな株はなかなかの見応えがある



s-IMG_7027.jpg



この株の姿からして

これはプテロセラス アングイクラタム Pteroceras unguiculatum だと思う


我が家の庭には

これと同じプテロセラス アングイクラタム Pteroceras unguiculatum が既にあるので

今回買うつもりはなったが‥


仙人曰く、、

今ちょうど花芽が伸びて蕾が付いているというので

株をひっくり返して見ると、、



s-IMG_7017.jpg



へ~ これは珍しいね

葉裏に隠れるようにして伸びる花茎はプテロセラス アングイクラタムそのものであるが

このシーズンに花を咲かせるのは珍しい

何しろ我が家の庭のプテロセラス アングイクラタムは毎年暑い乾季にだけ花を咲かせる



s-IMG_7023.jpg



この株はラグナ産だと仙人は言うが、、 株や地域によって花季が違うのか?

今回

このシーズンに蕾を付けるプテロセラス Pteroceras が気になったので購入する



次に

2種類目の原種蘭



s-IMG_7093.jpg



株が大きくテラスのテーブルに乗りきらないので

壁に立て掛けてみる



s-IMG_7142.jpg


この1株でP150ペソ


株元から長く伸びた茎は長いもので約80㎝

いくつかの茎の葉先には細く枝分かれした花茎が伸びている



s-IMG_7096.jpg



花茎の所々には花後結実した房が見えるが

その花茎の先端部分にはまだ花と蕾も付いていた



s-IMG_7130_20171030182728b5f.jpg



花のサイズは約5㎜

80㎝ほどにも長く伸びた茎の大きさと比べるとなんとも小さい花である



s-IMG_7120_20171030182750965.jpg



この原種蘭は初めて見るので

早速、、 

いつものフィリピン原種蘭図鑑PHILIPPINE NATIVE ORCHID SPECIES で調べると

どうやらこれは

この地に自生する着生蘭アペンディキュラ ペンドゥーラ Appendicula pendula である


ペンディキュラ ペンドゥーラ Appendicula pendula

ひとつひとつの花は小さく

花色もくすんだ緑色をして地味で目立つことは無いが

その花の奥に見える平たいリップ部分の美しい赤紫色がこの花の特徴であろう



s-IMG_7122.jpg



面白いね~

たった数ミリの花ではあるが

その中は細かい細工がなされ美しい色付けがされている


庭には同じアペンディキュラ Appendicula 属の小型種

白い花を咲かせるアペンディキュラ レフレクサ Appendicula reflexa があるから

これで我が家のアペンディキュラ Appendicula は2種類となった



s-IMG_7146.jpg


ペンディキュラ ペンドゥーラ Appendicula pendula

その葉姿は観葉植物的な美しさである



そして、、

3種類目の原種蘭



s-IMG_7032.jpg

並べてあるのは30㎝定規


手前の細長い木の枝に着生した株と奥の大株は同じ種類の原種蘭

手前の細い木に着生した株はP50ペソ

奥の大株がP150ペソ



s-IMG_7038.jpg



細い木の枝を良く見ると

小さなバルブから伸びた根が枝にしっかりと着生している



s-IMG_7081.jpg



面白いね~

こうした自然に近い状態で

生木に着生した原種蘭の姿というのはなかなか目にする機会がないから

こうした株を手に取って眺めているだけで十分楽しい気分である



s-IMG_7042.jpg



この大株の方は中にある木の枝が見えないほど原種蘭の株が茂っている

なるほどね~

自然界ではこうして新しく伸びた茎が古い株を覆うようにして大株へと生長していくのであろう



s-IMG_7062.jpg



この原種蘭の定かな種類は花を見るまで不明であるが

5㎜ほどの小さなバルブから伸びる1枚葉の姿からして

多分この地に自生するバルボフィラム Bulbophyllum かシルホペタラム Cirrhopetalum ではないかと思う



s-IMG_7069.jpg


葉の長さは大小様々だが大きなもので長さ4㎝ほど


さあ、、

一体どんな花が咲くのであろうか?



s-IMG_7033.jpg


楽しみは続く、、

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/1467-74fc0316

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR