山から来た11種類の原種蘭





今朝のルセナは雨のち晴れ

昨日は午後から夜にかけ

しとしとと雨が降り続いたお陰で今朝は少し涼しく気持ち良い

午前9時の気温30度





さて、、





一昨日

大きな袋をぶら下げた仙人が山からやって来る


毎回

その大きな袋の中からどんなものが出てくるのか?

仙人の手によって袋の中からひとつひとつ取り出され

我が家のテラスのテーブルに並べられていく瞬間が一番わくわくする、、



s-IMG_4055.jpg


テーブルに並べられた原種蘭 これ全部でP800ペソ


今回

仙人が持って来た原種蘭は既に我が家の庭にある種類のものが多いが

ここでの原種蘭の楽しみのひとつに

同じ種類でも花に変種が見られる可能性があることからまとめて購入する



早速、、

今回仙人が持って来た原種蘭をひとつずつ整理してみる


先ずは

1種類目の原種蘭


s-IMG_4095.jpg
並べてあるのは30㎝定規


細く針のよう伸びた茎が特徴的なこの株、、


s-IMG_4098.jpg


これはこの地に自生する着生蘭

デンドロビウム フィリピネンセ Dendrobium philippinense


s-IMG_4100.jpg



続いて

2種類目と3種類目の原種蘭、、


s-IMG_4073_20170822083139439.jpg
並べてあるのは30㎝定規


小さな木の枝に巻きつけられているこの原種蘭

バルブの姿形からして、、

多分ピナリア Pinalia とデンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum であろう


s-IMG_4083.jpg


この小さな木の枝を見ていて面白いな~ っと思うのは

この小さな木の枝に付いている株には色々な形のバルブがあること、、


s-IMG_4082.jpg


細長いバルブもあれば‥

その反対側には直径1㎝ほどのまん丸いバルブも付いている


s-IMG_4077.jpg


面白いね~

定かな種類は不明であるが

このまん丸いバルブもピナリア Pinalia かね? 


s-IMG_4076.jpg



続いて

4種類目の原種蘭、、


s-IMG_4084.jpg
並べてあるのは30㎝定規


このひょろひょろっと伸びた茎に葉を広げた株からは

膨らみ始めた蕾を付けた花茎がくねりながら伸びている


s-IMG_4093_201708220832053f4.jpg


その蕾の大きく膨らんだ形を見てみると、、


s-IMG_4090.jpg


この形、、

これはどうやらミクロペラ フィリピネンシス Micropera philippinensis であろう

細長く伸びている茎を良く見ると

細かく汚れたような独特な模様もあるから間違いなかろう


s-IMG_4092.jpg



続いて

5種類目の原種蘭、、


s-IMG_4101.jpg
並べてあるのは30㎝定規


このもさもさと葉が茂ったこの株

横から見ると何だか分かり難いが‥

正面から見るとこんな感じの群生株


s-IMG_4104.jpg


株に近づいて良く見てみると

そこには小さな蕾を付けた花茎が何本も見える


s-IMG_4108.jpg


なるほどね~

これはテラシス カリナタ Thelasis carinata だね


庭でもテラシス カリナタ Thelasis carinata が今咲いているから

ここではこのシーズンがこのテラシスの花季ということであろう


s-IMG_4106.jpg



続いて

6種類目の原種蘭、、


s-IMG_4119.jpg
並べてあるのは30㎝定規


今回

仙人が持って来た原種蘭の中では大きいサイズの原種蘭


s-IMG_4124.jpg


この見覚えのあるごつごつとしたバルブから伸びる大きな一枚葉

これはこの地に自生する着生蘭のフォリドタ Pholidota


s-IMG_4131.jpg


株からは30㎝ほどの長さに伸びた花茎が一本伸びている

花を見るまで定かな種別の確定はできないが

多分この株は、、

庭にあるフォリドタと同じ種類のフォリドタ インブリカタ Pholidota imbricata ではなかろうか?


s-IMG_4127.jpg



続いて

7種類目と8種類目の原種蘭、、


s-IMG_4133.jpg
並べてあるのは30㎝定規


小さな木の板には2種類の原種蘭が縛り付けあるが

ひとつは卵型の大きなバルブが特徴的なグラマトフィラム Grammatophyllum

そしてもうひとつは、、

細く長く伸びた茎の先に笹の様な葉を付けるグラスティディウム Grastidium


s-IMG_4136.jpg


グラマトフィラム Grammatophyllum もグラスティディウム Grastidium

どちらもこの地に自生する着生蘭である


次に

9番目の原種蘭、、


s-IMG_4192.jpg
並べてあるのは30㎝定規


柔らかそうな大きめのバルブから伸びる大きな2枚葉

この株はエリア ジャワニカ Eria javanica で間違いない


s-IMG_4195.jpg



そして最後に

10番目と11番目の原種蘭、、


s-IMG_4060.jpg
並べてあるのは30㎝定規


このギザギザ鋭い形をした葉っぱを見て

ん‥?  これはこちらでジグザグとも呼ばれるアポラム Aporum かなと思ったが

どうも庭のアポラムと比べるとギザギザの葉のサイズが二回りほど大きくて何かが違う‥


s-IMG_4064.jpg


仙人曰く、、

これは葉の間に黄色い花が咲く種類で

今まで持って来たジグザグとは違うものだという


へぇ~ と思いながら

ギザギザの葉が付く茎を眺めていたら?


なるほど‥

葉の間から蕾らしきものがひとつ出てきている


s-IMG_4176.jpg


へぇ~

このスタイルで花を咲かせる原種蘭はまだ我が家に無いが

さあ、、 一体どんな花が咲くのか? これは楽しみである 


そして最後11番目の原種蘭は

このギザギザの株に隠れるようにして生えている


s-IMG_4178.jpg


この地に自生する原種蘭に興味がなければ

この画像に写っているものはどれもただの草かシダにしか見えないであろうが

この手の指を広げたような形をした小さな葉っぱ、、


s-IMG_4189.jpg


この可愛らしい葉を広げた株が着生蘭のオベロニア Oberonia

花を見るまで定かな種類は不明であるがオベロニア Oberonia の1種に間違いなかろう


以上

今回仙人が持って来た11種類の原種蘭


さあ、、

それぞれどんな花が咲くのであろうか?

楽しみは続く‥
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/1423-3b5617be

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR