山から来た原種蘭6種





今日のルセナは曇り

朝からじっとり蒸し暑く

どんよりとした曇り空、、

お昼の気温32度


昨日

昼過ぎから妻の友人たちが集まり

賑やかなホームパーティーとなる


s-19884073_1588580681172818_7700671827655947335_n.jpg


日中暑かったせいか、、

冷たく冷やした素麺が好評





さて、、





昨日

久しぶりに山から仙人がやって来る


我が家へ仙人が来るのは半年ぶりであろうか?

相変わらず、、

今回も小さな体に似合わない大きな袋を抱えてやって来た


毎回

その大きな袋の中からどんな原種蘭が出てくるのか?楽しみなのであるが‥


今回は

原種蘭の他にも小物大物のごちゃまぜ、、

仙人の持って来た大きな袋の中には色々な植物が入っていたが

今回買ったのはこれだけ



s-IMG_1861.jpg



原種蘭、ホヤ植物、シダ植物、山苔など‥ 全部でP800ペソ

どれも興味がなければただの草に見えるであろうね


今朝早速

昨日買った中から原種蘭を整理する



s-IMG_1854.jpg


この上の画像には5株の原種蘭が写っているが

種類的には6種類の原種蘭がある



まずは、、

こちらでクリスマスオーキッドとも呼ばれる

トリコグロッティス ラティセパラ Trichoglottis latisepala P50ペソ



s-IMG_1876.jpg

並べてあるのは30㎝定規


既にトリコグロッティス ラティセパラは庭にもあるが

この株は葉色も良く元気なのでひとつ購入



s-IMG_1879.jpg


細長く下垂する茎の節々には花後の跡が残る



次に

こちらでサングーマイと呼ばれる下垂性デンドロビウムのひとつ

デンドロビウム ロンべウム Dendrobium rhombeum P100ペソ



s-IMG_1883.jpg

並べてあるのは30㎝定規


特徴的な薄黄緑色をした太いバルブの長さは40㎝ほど



s-IMG_1884.jpg



先日

近所のモールの花屋さんでデンドロビウム ロンべウムを買ったばかりであるが

このデンドロビウム ロンべウムの株には

もう1種類のデンドロビウムの株も一緒に付いていたのが気になって購入



s-IMG_1892.jpg



この赤茶色をしたバルブのデンドロビウム

株と葉の姿形からして、、

多分デンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum だとは思うが

このバルブから花茎の先端まで美しい赤茶色に変色した株にどんな花が咲くのか?興味がある



s-IMG_1895.jpg



これは陽射しの強い場所に着生していて焼けたのか?変色したのか?

この色、、 なかなかの美しさである



そして

次に4種類目の原種蘭テラシス Thelasis P50ペソ



s-IMG_1922.jpg

並べてあるのは30㎝定規


庭にはちょうど今

花茎を伸ばして蕾を付けているテラシス Thelasis の株があるが

テラシスはそのひと株しかないので

昨日仙人が持って来た中から元気そうな株をひと株購入



s-IMG_1927.jpg



昨日買ったこのテラシスの株

株元から葉先まで大きなもので長さ約20㎝


花が小さく地味な原種蘭テラシス

このテラシスの株の特徴的で面白いのは

バルブを正面から見ると幅広で太く見えるが‥



s-IMG_1933.jpg



この株を横から見ると‥



s-IMG_1941.jpg



バルブの形は平べったいぺったんこの状態

どうであろう、、 この薄さ



s-IMG_1944.jpg



面白いね~

どうしてこんな押しつぶされたような形になってしまう必要があるのであろうか?


この地に自生する原種蘭の中では目立たない地味な存在のテラシスではあるが

その株姿は不思議である



s-IMG_1953.jpg



そして

5番目は種類不明の原種蘭 P100ペソ



s-IMG_1906.jpg

並べてあるのは30㎝定規


この株を最初見た時

あれ‥?  これはカトレアじゃないか? っとも思ったが

この地にカトレアが自生しているはずはなく

高価なカトレアの株を仙人が持って来ることは考えられない、、



s-IMG_1917.jpg



株から伸びるバルブのサイズは大小様々

平べったい卵型のバルブもあれば細長く伸びたバルブもある‥

葉は楕円形をして大きめ



s-IMG_1918.jpg



ん~

硬質バルブに1枚葉

株全体を見たが花が咲いた形跡分らず

この地に自生する原種蘭だとすれば何であろう 


そして

最後6種類目も種類不明の原種蘭 P50ペソ



s-IMG_1956.jpg

並べてあるのは30㎝定規


なんだかパッとしないが

どこかで見たような気がするこの姿、、



s-IMG_1962.jpg



これもテラシス Thelasis かな? と思ったがどうも違う‥

株元が丸くなっているからラッキョウランのリパリス Liparis かな? とも思ったが

ん~ やはり何かが違う



s-IMG_1960.jpg



この株も花が咲いた跡を見付けることができなかったが

一体何の種類だろうね?


さあ、、

山から来た原種蘭6種

どんな花が咲くのであろうか?

楽しみは続く‥
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/1396-0ea8d223

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR