FC2ブログ

小さな原種蘭 リパリス カエスピトサ Liparis caespitosa





今日のルセナは曇り

昨夜は台風22号の影響で激しい雨降り

今日は台風の影響で娘たちのスクールは休校

お昼の気温32度


一昨日から冷凍しておいたイカを食べる


PA200181.jpg


久しぶりにイカ納豆

ルセナのイカは美味しいのだ





さて、、





一昨日

山から仙人が下りて来る


あれ?

確か、、 先週山から下りてきたばかりなのに‥ 

何か面白い原種蘭が手に入ったのかな?  っと思いながら

仙人の持って来た原種蘭を見ると、、



PA190097.jpg



葉が異常に長いファレノプシス、下垂性デンドロビウム2種

定かではないがカランセ Calanthe 又はクレピディウム(クレピジウム) Crepidium と思われる株


特に珍しいという原種はないが

カランセ Calanthe 又はクレピディウム(クレピジウム) Crepidium と思われる株は

まだ庭には無い種類なので嬉しい


で、、


今回

仙人から小さな原種蘭をおまけに頂く



PA200127.jpg



握りこぶしより一回り小さいサイズの苔玉に

小さな原種蘭の株が付けてある


このままでは株のサイズが分かりにくいので

苔玉から原種蘭の株を外してみる



PA200125.jpg

並べてあるのは30㎝定規


原種蘭に興味がなければ

雑草でもくっついていたのかね? っと言われてもおかしくないほどの小ささであるが

この小さな株もまたこの地に自生する原種蘭のひとつ

リパリス カエスピトサ Liparis caespitosa である



PA200130.jpg



株全体を見ても非常に小さい

手のひらサイズというよりも、、ミニチュアサイズの原種蘭ではあるが

株から伸びた花茎には緑色の小さな花が咲いている



PA200134.jpg



このリパリス カエスピトサ Liparis caespitosa

この地に自生するリパリス属の中でも一番小さい種類のリパリス


水滴の形をしたバルブは約1㎝

そのバルブから伸びた葉の長さは3㎝ほど



PA200141.jpg



根元から葉先までたった4㎝ほどのリパリス カエスピトサ

緑色をした花は小さすぎてデジカメで上手く撮れなかったが

花の姿形はリパリス コンディロブルボン Liparis condylobulbon の花をミニチュアにした感じである



PA200156.jpg



今朝は

この小さなリパリス カエスピトサの株をスリムなへゴ板に縛り付けたが

株が小さすぎて、、 ちょっとバランスが悪い‥



PA200154.jpg



さあ、、

我が家の庭で最小の原種蘭リパリス カエスピトサ

枯れずに育つか?

スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/1194-20821263

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR