FC2ブログ

原種蘭 一塊の大株





今日のルセナは曇り

早朝庭の蘭に液肥をスプレー

昨日の夕方ひと雨降ったが今日も降るか?

お昼の気温33度





さて、、





先日

仙人が山から下りて来たとき

小枝に着生したままの原種蘭を持って来た



P6190200.jpg

並べてあるのは30㎝定規 (以下同じ)


原種蘭の茎から伸びた根が

小枝に着生しびっしりと覆っている



P6190204.jpg



庭でも着生蘭が着生物に根を張る姿は見慣れた光景ではあるが

こうした自然の中で木の枝に着生していた姿というのは、、 やはりワイルドである


仙人の話では

この原種蘭はファイヤーオーキッドだと言っていたが

これはこちらでファイヤーオーキッドと呼ばれるレナンセラ Renanthera ではなく

ミクロペラ フィリピネンシス Micropera philippinensis であろう



P6190214.jpg



茎の上部からは三角形の突起物がいくつも顔を出しているが

これは花茎であろうか?それとも根か?



この時

小枝に着生した株の他にも

一本の茎から何本もの子株が伸びて一塊となった大株も仙人が持って来た



P6190207.jpg

並べてあるのは30㎝定規


茎と根が絡み合っているので分かりにくいが

一番長い茎の下部から何本もの子株が発生し一塊の大株を形成している



P6190211.jpg



伸びている茎の本数は大小合わせて9本


ここまでの大株になるには

相当な年月が掛かったのではないかと想像するが‥

この地の自然環境の中では、、 案外数年でこうなるのかも知れないね



P6190217.jpg

左下に立て掛けてあるのは30㎝定規


左右どちらの株もミクロペラ フィリピネンシスと思われる大株 ひとつP150ペソ

ミクロペラは庭にもいくつか株があるが

こうした一塊の大株は珍しいのでこれらの株は茎をばらさず

それぞれ一塊の状態で庭の遮光スぺースにぶら下げることにした


小枝に着生している株はそのままの状態で針金で吊ってハンギング

茎が9本伸びている大株は大きめのプラ鉢に入れてハンギングするようにしてみたが‥


これが、、 

なかなか立派で見応えのある姿となった



P6190250.jpg



いつも庭ではへゴ板付けや小さな鉢植えの原種蘭ばかり見慣れているせいか

こうした大きな株を見るとちょっと興奮するね‥
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/1093-2c798886

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR