FC2ブログ

多分、、 シルホペタラム Cirrhopetalum





今日のルセナは晴れのち曇り

朝から気持ちの悪いじっとりとした蒸し暑さ

昼過ぎから灰色雲が空を覆い、、 ひと雨降りそうな気配となる

降れば少しは涼しくなるのだが‥

日中気温34度


久しぶりに蕎麦を茹でて食べる


P6190255.jpg


じっとりとした蒸し暑さの中食べる蕎麦は一段と旨い





さて、、





昨日の夕方

山から仙人が下りて来る


いつも仙人が来るのは朝方なので

こんな夕方に訪ねてくるとは‥?  


どうしたことかと門を開けると‥



P6190225.jpg

並べてあるのは30㎝定規


なるほど‥

昼間山に入ってきたらしく

採れたばかりの原種蘭を持って山を下りてきたそうだ、、


ん~

採れたての原種蘭というのも変な言い方であろうか?



P6190244.jpg



筒状に巻かれた株の内側を見ると

肉厚の柔らかい樹皮に根が食い込んでいる‥


この状態から想像すると?

この群生株は枯れ木か朽ちて倒れた木の幹に群生していたのかも知れないね



P6190227.jpg

並べてあるのは30㎝定規


ぐるりと筒状に巻かれた長さ40㎝ほどの原種蘭の株 P150ペソ


株からは

卵型をした濃い緑色の葉が生えている



P6190229.jpg



葉のサイズは大きなもので長さ約5~6㎝

葉と根茎の間には1㎝ほどの小さなバルブがある


ん~

これは、、

この地に自生するシルホペタラム Cirrhopetalum の一種のような気がするがどうであろうか?


我が家の庭にあるシルホペタラム ヌタンス Cirrhopetalum nutans の葉と

この仙人が持ってきた株の葉を比べてみる


↓ シルホペタラム ヌタンス Cirrhopetalum nutans   ↓ 仙人の持ってきた株
P7113662_20160619154236b41.jpgP6190235.jpgP7184071_20150726111354bd3_201606191643520d7.jpg
↑ シルホペタラム ヌタンス Cirrhopetalum nutans の花



左上の画像のシルホペタラム ヌタンスの株にも1㎝ほどの小さなバルブがあり

葉は細長く大きなもので長さ約7~8㎝


双方の違いは葉の形

細長い葉と卵型の葉


仙人の持ってきた株が花を咲かせるまで

はっきりとした種類は不明ではあるが、、 多分シルホペタラムであろう


筒状に丸められた群生株の1本にはシダ植物の飾り付き



P6190242.jpg



やはり原種蘭とシダ植物は似合うね


さあ、、

どんな花が咲くのであろうか?

楽しみは続く‥


スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/1090-9fe8c367

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR