FC2ブログ

ホヤ シリアタ Hoya ciliata (ブラック ホヤ)





今日のルセナは曇りのち晴れ

早朝雨がぱらついたがすぐに止む

なかなか、、 雨が降らない‥

お昼の気温34度


午前中

妻が友人宅の誕生パーティー用に太巻きを巻いたので

数本余分に巻いてもらいランチに食べる


P6110422.jpg


こちらの人は酢飯を好んで食べないが

妻の友人たちは食べられるかな‥?





さて、、





昨日

原種蘭を抱えた仙人が山から下りて来る



P6110428.jpg



持ってきた原種蘭は4種類

バンブーオーキッド P150ペソ、デンドロビウム P150ペソ、ミクロペラ P100ペソ、ジグザグ P50ペソ

特に珍しいものはないが、、 どれもこの地に自生する着生蘭である


昨日はこの4種類の原種蘭の他に

花付きの大型のホヤ植物を一株P150ペソで買う



P6100342.jpg



P6100321.jpg



このホヤ植物は初めて見る種類であるが

花が非常に大きく目立っている



P6100352.jpg



この黒紫色をした硬い花には芳香有り

ひとつの花のサイズは2.5㎝~3㎝ほど



花の表 ↓                                 花の裏 ↓  
P6100358_20160611150030147.jpgP6100368_20160611150031887.jpg



今まで

庭で咲くホヤ プビカリクス Hoya pubicalyx の花を見て大きい大きいと思っていたが

このホヤ植物の花は、、 

そのホヤ プビカリクスの花よりも一回り以上大きいサイズである



P6100357.jpg



ん~

面白いね~ ホヤ植物


仙人の話では

このホヤ植物はラグナ産とのことであるが

この地の山中にこんな大きなホヤ植物が自生しているとは‥ 



P6100355.jpg




で、、


早速

このホヤ植物をネットで調べてみると‥


どうやらこれは

フィリピンに自生するホヤ植物のホヤ シリアタ Hoya ciliata であり

花の色が黒に近い色合いなので別名ブラック ホヤとも呼ばれるものであることが分かった



P6100353.jpg



花色には個体差があるようだが

この黒紫色をしたホヤ シリアタの花を日陰や夕方薄暗くなりかけた時に見ると

ブラック ホヤと呼ばれるように花が黒く見えるのであろうね



P6100374.jpg



このホヤ シリアタの株は蔓性であり

肉厚の葉のサイズは大きいもので長さ11㎝ほど



P6100369.jpg



肉厚の葉はしなやかであり

葉の表面には短く細かい毛が生えている



P6100372.jpg



庭にあるホヤ クラッシカウリス Hoya crassicaulis や

ホヤ プビカリクス Hoya pubicalyx の葉は肉厚で硬質であるが

このホヤ シリアタ Hoya ciliata の葉はそれらと比べると柔らかくまた茎も同様に柔らかい


ホヤ植物は種類によってそれぞれの花に大きな特徴があるが

それらの株の葉や茎を触って見比べてみると、、 またそれぞれに特徴があるのが分かって面白さが増す

こうした株自体の特徴を少しでも自分で理解しておくと

どこかで花の咲いていないホヤ植物と出会ったとき

それがなんの種類でどんな花を咲かせる株なのか想像するのが容易くなるのである



P6100348.jpg



黒紫色というか‥ ワインレッドというか‥

なんとも渋いね


さあ、、

枯れずに育つか?

スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/1082-72cb93d7

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR