FC2ブログ

グラマトフィラム マルティフロラム Grammatophyllum multiflorum






今朝のルセナは曇り時々晴れ

朝からじっとり蒸し暑く

気圧が低いせいか、、 頭がぼーっとして重い

そろそろ季節の変わり目だ

午前10時の気温32度





さて、、





昨日の昼前

原種蘭売りの仙人がやって来る


持ってきたのは、、

デンドロビウム クルメナタム と グラマトフィラム マルティフロラム



P5160314.jpg



ピジョンオーキッドとも呼ばれるデンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum

ここでは一番よく目にする原種のデンドロビウム

既に我が家の庭にはいくつものクルメナタムの株があるから

仙人の持ってきたこの株を買う気はなかったのであるが‥



P5160311.jpg



花を見るとリップがひらひらと大きく広がっているタイプなので

ひとまとめにされた株をP100ペソで購入

このクルメナタムはリップが広く大きいから花姿が良い


先にも記したが

ここではデンドロビウム クルメナタムは珍しくもない原種蘭である

しかし咲いた花を観察すると、、 

株によって花弁やリップの形の微妙な違いが見えてくる

この違いが分かるようになるとクルメナタムの面白さが見えてくるのである



そして

仙人が持ってきたもうひとつの原種蘭

グラマトフィラム マルティフロラム Grammatophyllum multiflorum P150ペソ



P5170375.jpg



ここではジャイアントとも呼ばれるグラマトフィラム

バルブは大きいもので丈18㎝

葉は大きいもので長さ約60㎝

花茎は長いもので長さ約80㎝



P5170403.jpg



地味な色合いの花のサイズは4㎝


茶色い模様の入った花は地味ではあるが

長く伸びた花茎に咲く無数の花の姿はなかなか見応えがある



P5170381.jpg



フィリピン原種蘭図鑑 PHILIPPINE NATIVE ORCHID SPECIES には

フィリピンに自生する7種類のグラマトフィラムが掲載されているが

ここケソン州近郊でよく見られるグラマトフィラムはこのグラマトフィラム マルティフロラム


毎年この乾季になると

花が咲いたグラマトフィラム マルティフロラムを目にすることが多いから

ここでは乾季が花季であろう



P5170405.jpg



このグラマトフィラム マルティフロラムの株もまた

既に我が家の庭にはいくつもあるが

こうした大型の着生蘭が庭のあちこちで葉を茂らす姿というのも‥



P5170413.jpg



庭にワイルドさが増し眺めていて楽しいのである



~ 以下、追記 ~

この地には

グラマトフィラム Grammatophyllum と シンビジウム Cymbidium が自生しているが

この2種類の原種蘭は近縁種と言われている


グラマトフィラムとシンビジウム

それぞれのバルブや葉を見比べてみてもあまり近縁種という感覚は沸いてこないが

それぞれ株元の根を見ると、、 近縁種であることが分かりやすい


P5130037.jpgP5120722.jpg
↑ Grammatophyllum multiflorum の根        ↑ Cymbidium finlaysonianum の根


どちらも先端が細く尖った根が逆立つようにして伸びている

この根を見ると近縁種と言われるのが理解しやすいと思う

~ 以上、追記終わり ~
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/1061-9c826c3e

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR