FC2ブログ

パフィオペディラム アルグス Paphiopedilum argus 咲く






今朝のルセナは晴れ


P5010084.jpg


今日から5月

早いもので乾季も後半

これから徐々に天気が不安定になりスコールが降るシーズン


早朝

ラジオから流れてくるオールディーズを聴きながら

庭の蘭に液肥をスプレー

朝8時の気温30度


ケソン州マウバン Mauban のカグバレテ アイランド Cagbalete Island のビーチへ

友達と一緒にキャンプへ出掛けていた息子が日焼けして帰ってくる


話を聞くと、、

白い砂浜に遠浅のきれいな海が広がり

ビーチで遊ぶ観光客も少なく貸し切り状態だったとのこと

夜しか電気が使えなかったりと多少の不便さはあったようだが

この時期人が多くて騒がしいビーチリゾートやプールよりも

自然そのままのビーチが気に入ったようである

カグバレテ アイランド → Travel Pilipinas  Cagbalete Island

ルセナからマウバンまでバスで約1時間 P60ペソ
マウバンの港からカグバレテ アイランドまでボートで約40分 P70ペソ

設備の整ったリゾートよりも

こうしたシンプルなリゾートの方がリラックスするには良いだろうね





さて、、





遮光スぺースでは

昨年12月に花芽を伸ばし始めたパフィオペディラム アルグス Paphiopedilum argus が

一昨日ようやく、、 開花を始めたのであるが‥



P4290705.jpg



どうであろうか?

この不気味な雰囲気‥ 


パフィオペディラム アルグスの花を見るのは初めてだが

花弁のこの黒い斑点模様と細かい毛を生やした姿はなんとも不気味でありながら

どこか人を惹きつける不思議な魅力と美しさを感じる、、



P5010051.jpg



30㎝ほどの長さに伸びた花茎の先端に咲く花のサイズは約6㎝ 1茎1輪


ここフィリピンはパフィオぺディラムの自生地でもあるが

このパフィオペディラム アルグス Paphiopedilum argus もまた

この地に自生する原種パフィオぺディラムのひとつ



P5010064.jpg



バンダやデンドロビウムなどの華やかで美しい原種蘭とは違い

日陰者的不気味さと渋さを感じる原種蘭パフィオぺディラム



P5010075.jpg



見れば見るほど、、

この独特な雰囲気に惹きつけられてゆくのである
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/1045-ed60c9ec

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR