FC2ブログ

種類不明の原種蘭とホヤ植物の仲間






今朝のルセナは晴れ


P4100585.jpg


風もなく穏やかな早朝

今日も一日暑くなりそうだ、、


先日

妻が市場で買ってきた新鮮なイカからワタを抜き取り

塩を振ってワタの水分を抜き丸二日間冷凍庫に入れておいたものを昨日解凍し


P4090502.jpg


少量のお酒で溶いたワタに少量の塩を足し

一緒に冷凍しておいたイカの足を混ぜる


P4090504.jpg


これを一晩冷蔵庫に入れておけば

ルセナ産イカの塩辛の出来上がりである


P4100587.jpg


今朝はこの塩辛で朝ごはん

久しぶりに作ったが‥


P4100592.jpg


これはご飯を食べすぎてしまうね

(注:海外での生食は自己責任)

午前9時の気温30度


P4090516.jpg


昨日は昼過ぎから

電動車いすに乗って近所のモールへ出掛ける

夏休みシーズンのモール内は多くの子供たちで賑わっていた


モール内で妻と買い物をしていると一組の若い夫婦が声を掛けてきた

話を聞くと‥

その男の方は、、

その昔この地で日本人障害者の家 G.L.I.P を主宰されていた故向坊弘道氏が

親のいない3兄弟を親代わりになり支援していた兄弟の末っ子の君であった

当時、自分が G.L.I.P に滞在していた時にはまだハイスクールへ上がるか上がらないか?の子供であった

あれ以来、、 もう20年以上会う機会はなかったので昨日は突然の再開に嬉しい驚きとなった


現在の彼は結婚して市役所に勤め

奥さんはラグナの日系企業に勤めていて近いうちに研修で日本へ行く予定が入っているという

短い時間であったが立派になった彼の話を聞き

妻も自分も嬉しく懐かしいひと時となったが、、 きっと向坊さんも喜んでいることであろう


昨年

この3兄弟の次男とも偶然出会う機会があった

その次男の君も結婚してキャンティーンを開いているとのことであり

一番上の兄はマニラで所帯を持っているとその次男が話してくれた


あの若かった3兄弟

今はそれぞれの道で自立した生活を送っている





さて、、





昨日モールへ出掛けたついでに

いつもの花屋さんへ立ち寄り原種蘭とホヤ植物の仲間を頂いてくる



P4100573.jpg



今回もまたいつものように

どの株も花が咲いていないので定かな種類は不明である


昨日買ってきた内のひとつは

こちらで一般的にサングーマイと呼ばれる下垂性デンドロビウム


P4100542.jpg

並べてあるのは30㎝定規

種類不明の下垂性デンドロビウム 3株でP200ペソ



P4100531.jpg

並べてあるのは30㎝定規


この原種デンドロビウム

最初花屋さんで見た時、、 これはデンドロビウム アノスマムかな? っと思い買うか迷ったが

どうもこの短いバルブの太り方がアノスマムでは無いような気がしたのでまとめて3株買ってみた



P4100549.jpg



買ってきた3株の内の1株には

デンドロビウムの株に交じってトリコグロッティス Trichoglottis らしい株も付いてる



P4100541.jpg



おまけ的な存在のトリコグロッティスの小さな株であるが

この茎葉の姿からしてトリコグロッティス ラティセパラ Trichoglottis latisepala でないかと思う


面白いことに

このトリコグロッティスと思われる株には花後結実した房がひとつ付いている



P4100537.jpg



我が家の庭にもトリコグロッティス Trichoglottis の株があるが

こうして結実した三角柱のような房を見るのは初めてである



P4100540.jpg




そして次に

もうひとつの種類不明の原種蘭



P4100519.jpg

並べてあるのは30㎝定規

ここの花屋さんではローカルのカトレアと呼ばれる一枚葉の原種蘭 1株P50ペソ


ローカルのカトレアと呼ばれてはいるが

勿論、、 この地にカトレアは自生していない

肉厚の一枚葉が伸びる姿がカトレアの株に似ているからローカルカトレアと呼ぶのである


この原種蘭も咲いた花を実際に見るまで種類の確定はできないが

株の姿からして、、 多分バルボフィラムの一種ではなかろうか‥?


株元には皺の寄った小指の先ほどの小さなバルブがあり

その株元から卵型の葉先までのサイズは大きなもので20㎝ほど

株全体はこじんまりとした姿である



P4100522.jpg

並べてあるのは30㎝定規


ちょうど花のシーズンが終わったのであろうか?

バルブ元から伸びた花茎の先端に結実した房が付いている

どうやら1花茎にひとつの花を咲かせるようだ



そして

昨日は上記の原種蘭の他にホヤ植物の仲間も一株で買ってきた



P4100551.jpg

並べてあるのは30㎝定規


ここではこれと同じような株をよく花屋さんで見かける

大抵が小さな白い花を咲かせるホヤ植物の仲間ディスキディオプシス ルゾニカ Dischidiopsis Luzonica である


昨日この株を手に取って花屋さんで眺めながら

きっとこれもディスキディオプシス ルゾニカだろうな~ と思っていたが

どうも、、 葉の大きさが気になり一株だけP50ペソで買ってきた



P4100555.jpg



一枚の葉のサイズは大きなもので約9㎝

我が家の庭にもディスキディオプシス ルゾニカが何株かあるが

これほど大きな葉はまだ見たことがない


そしてもうひとつ気になるのが

茎に見えるこの細かい黒点模様



P4100558.jpg



この黒点模様は我が家のディスキディオプシス ルゾニカの株には見られない


この株

全体的な株の姿はディスキディオプシス ルゾニカ Dischidiopsis Luzonica と似ているが

葉の大きさと黒点模様が気になる


さあ、、

種類不明の原種蘭とホヤ植物の仲間

一体どんな花が咲くのであろうか?

楽しみは続く‥

スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lucena.blog.fc2.com/tb.php/1025-82e0a8b6

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR