クレイソストマ ウライエンセ Cleisostoma uraiense 咲く





今日のルセナは晴れ


s-IMG_1330_20170628130147267.jpg


昨日は朝から雷が鳴り響き

どんよりとしてぐずついた空模様であったが

今日はからっと晴れて気持ち良い

お昼の気温33度


先週

サリアヤに住む知人に買って来て頂いた

ルセナの隣パグビラオにある Minhyung Korean Restaurant のキムチ


s-IMG_1143.jpg


このまま食べても美味しいキムチ

息子は炒めて豚キムチを作って食べていたが、、

自分はこのさっぱりとした辛さの美味しいキムチを使って

辛い鍋焼きうどんを作って食べる


s-IMG_1145.jpg


毎年

この乾季から雨期への季節の変わり目は気圧の変化激しく

じめじめと降ったり晴れたり毎日ころころ変わる気候に体調が慣れるまで体にだるさが残るが

雨季払いに、、 こうしたキムチ入りの辛くて温かい鍋を食べると

体中がすっきりとして頭も冴えてくるのである





さて、、





今朝の庭では

クレイソストマ ウライエンセ Cleisostoma uraiense の花が咲く



s-IMG_1335.jpg



先月終わり頃に伸びはじめていた花茎も枝分かれして蕾を付け

その黄緑色をした蕾が少しずつ開花をはじめた



s-IMG_1335.jpg



クレイソストマ ウライエンセ Cleisostoma uraiense

これもまたこの地に自生する着生蘭

黄緑色の花弁に白いリップが目立つ花のサイズは約5㎜



s-IMG_1382.jpg



今朝

雨露残るクレイソストマ ウライエンセの花の上を忙しそうに歩きまわる蟻一匹


この小さな蟻

花の白いリップの上に乗り

その頭をリップの奥に突っ込んだまま身動きしないところを見ると

きっと蘭の蜜でも吸っていたのであろうね



s-IMG_1376.jpg



非常に小さな世界ではあるが

こうしたこの地の原種蘭と蟻の共存する姿というものが

遥か昔から今現在も続いているのであろうと考えながら

この小さな光景を眺めていると非常に面白く感じるのである


s-IMG_1361.jpg
スポンサーサイト

山芋 むかごの植え替え





今日のルセナは晴れ


s-IMG_1263.jpg


今日はラマダン明けの祝日

双子娘の通うハイスクールも休み

お昼の気温34度


友達とアウロラ州 (Aurora) へ旅行へ行って来た息子が買って来た

お土産のスーマンを蒸しなおして食べる


s-IMG_1251.jpg

中身は赤いもち米

先日食べたインファンタのスーマンも美味しいが

このアウロラのスーマンもなかなかの美味しさである


ところ変われば品変わる

こうした地方の素朴な郷土食は面白いね





さて、、





ちょうど

昨年のラマダン明けの祝日(7月6日)に

サリアヤに住む日本人の方から山芋の栽培セットを頂いたことをこのブログに記した


その後、、

頂いた種芋とむかごをアグリバッグへ植えてはみたが?

芽が出ることなく一年近くが経過し

先月、、 その種芋やむかごを植えたまま芽の出ない土の入ったアグリバッグへ

ブーゲンビリアの挿し木をして庭に放置しておいたら‥



s-IMG_0587.jpg



いつの間にか?

突然、、 山芋の芽が伸びてぐんぐん蔓を伸ばし始めた



で、、



勢いよく蔓が伸びて来たのは嬉しいが

このままでは小さなアグリバッグでは芋も生長できないだろうし

どんどん伸びる蔓葉が絡みつく場所も必要となりそうだと思い



s-IMG_0703.jpg



この使っていないバケツを引っ張り出してきて

バケツの底に水抜き穴を開けてからバケツに土を入れ

蔓葉の伸びて来た長芋をこのバケツに植え替えてみる



s-IMG_1219.jpg


バケツのサイズは深さ約60㎝、直径約40㎝


このバケツの大きさであれば

蔓葉の伸びた山芋をいくつかまとめて植えても大丈夫な気がするので

庭で蔓葉が伸びはじめた山芋のむかごを掘りだして、、



s-IMG_0595.jpg



土を入れたバケツの中にまとめて植え込み、、



s-IMG_1221.jpg



伸びた蔓葉が絡みつける竹の棒をバケツの土に何本か刺し

バケツの周りに置いたドリップウッドにまで蔓が這えるようにした



s-IMG_1230.jpg



ついでに

昨年むかごを植えたアグリバッグから

まだ芽の出ていないむかごも掘り出して一緒のバケツに植え込んだ



s-IMG_1224.jpg



さあ、、

バケツに植えたむかごは生長するか?



s-IMG_1227.jpg


ちょっと期待、、

田植え

  • 2017/06/25 13:50
  • Category: 水田



今日のルセナは晴れ


s-IMG_1215.jpg


朝から快晴

乾いたそよ風吹き抜ける早朝

信州在住の知人から地震の連絡入る

お昼の気温34度


早朝

指先のリハビリを兼ね

妻が外庭から採ってきたマルンガイの葉をむしり、、


s-IMG_1210_20170625140649d45.jpg


ランチに

チチャロン入りのマルンガイスープを作って食べる


s-IMG_1245.jpg


豚の皮を揚げたチチャロンが

さっぱりとしたマルンガイスープに旨みを増してくれるのである





さて、、





先月初めに稲刈りを終えた水田では

今朝、、 

夜明けと共に4人の農夫さんに田植えをお願いする



s-54d833ac-s.jpg
(この画像は以前のもの)


今回は稲刈り後7週目での田植え

今年の乾季は用水路の工事もなかったお陰で

こうして水田を遊ばせることなく田植えができるのは嬉しいことである


今日田植えに使った苗は

前回同様、、 ハイブリッド米のBIGANTE PLUS


s-IMG_9958_2017062514064514f.jpg
ハイブリッド米種籾 BIGANTE PLUS1袋 (3㎏入り) P980ペソ


これからのシーズンは大雨や台風も多くなるから

10月の稲刈りまで心配ではあるが‥


さあ、、 

次回の稲刈りも豊作となるかね?

フレアティア プランタギニフォリア Phreatia plantaginifolia 咲く





今日のルセナは晴れ


s-IMG_1209.jpg


昨夜バケツをひっくり返したような強い雨が降る

ここ数日、、

夜雨が降り昼晴れる

乾季に生長が止まっていた庭の植物が一気に新芽を伸ばす

お昼の気温32度


昨日

家から離れたメトロモールへ出掛けた妻が

P88ペソショップのダイソーへ立ち寄ると

お煎餅など日本のお菓子が売られていたと言って

子供たちが大好きな柿の種を買ってくる


s-IMG_1167.jpg
亀田の柿の種(113g入り) 1袋P88ペソ

近所のモールのグロッセリーでは

韓国製のお菓子や食材が売られているのを最近良く見掛けてはいたが

こうして、、

ルセナで日本のお菓子も買うことができる日が来るとはね‥





さて、、





今朝の庭では

フレアティア プランタギニフォリア Phreatia plantaginifolia (Synonym : Phreatia secunda) が咲く



s-IMG_1201.jpg
Phreatia plantaginifolia


先週

株に埋もれるようにして伸びた花茎を見つけ

いつ咲くか?いつ咲くか?と楽しみにしていた小さな蕾が開花した



s-IMG_1199.jpg
Phreatia plantaginifolia

上下逆さまに開花するフレアティア プランタギニフォリア Phreatia plantaginifolia の花

長さ4㎝ほどの花茎に咲く花のサイズは約2㎜


ひとつひとつの花は非常に小さく

目を凝らしても肉眼では花を確認することは難しいから

デジカメで撮った花の画像を拡大して見なければ

このフレアティア プランタギニフォリアの花の姿を見ることはできない



s-IMG_1192_20170624133017be9.jpg
Phreatia plantaginifolia


このフレアティア プランタギニフォリア Phreatia plantaginifolia もまた

この地に自生する着生蘭のひとつではあるが

株自体がミニチュアサイズと小さく花もミリ単位の小ささであるためその観賞価値は低く

この地に自生する原種蘭の中でも他の原種蘭のように多くの人に好まれ蒐集される種類でないが

逆を言えば、、

このフレアティア プランタギニフォリアの花を間近でこうして観察できるのは非常に幸運であり

その画像をこうしてネット上に記録として残すことは意味あることであろう



s-IMG_1183.jpg
Phreatia plantaginifolia


s-IMG_1173.jpg
Phreatia plantaginifolia

イランイラン Ylang-Ylang の花





今朝のルセナは雨のち曇り

昨夜からの雨も上がり

雲の切れ間から陽が射し込みはじめた早朝

燐家のグリーンマンゴー近くの電線にメグロヒヨドリが止まる


s-IMG_1124.jpg


蒸し暑くなってきた、、

午前9時の気温31度





さて、、





鉢植えのイランイラン Ylang-Ylang の木に花が咲く



s-IMG_1135.jpg



細長い花弁を蛸の足のようにくねらせながら咲くイランイランの花


緑色の花は開花してまだ新しく

黄色い花は開花後日が経過した花である



s-IMG_9689.jpg



香水の原料にも使われるイランイランの花

その甘く濃厚な香りは強く

庭に出ていると、、 時折風に乗って甘い香りが漂ってくる


庭のイランイランの木は鉢植えにしてあるせいか

露地植えのイランイランの木に咲く花よりサイズが小さいような気もするが

くねくねとした花のサイズは7~8㎝ほど



s-IMG_9709.jpg



このイランイランの花

木に咲いている時も芳香を放っているが

木から摘みとって萎れてからも数日は強い芳香を発するから

摘みとった花をリビングなどの片隅に置いておくだけで即席の芳香剤となる



s-IMG_1132.jpg


芳香を放ちながら咲くイランイランの花


こうした香りを楽しめる植物も面白いのである

インファンタンのスーマンを食べる





今朝のルセナは雨のち晴れ


s-IMG_1099.jpg


昨夜からの強い雨のお陰で

からからに乾いていた庭には恵みの雨となる

午前9時の気温27度


久しぶりに翻訳をする

普段使わない法律用語の解釈は難しいが

頭の体操にちょうど良い





さて、、





先日

近所のモールへ出掛けた時

ケソン州のミニ物産展に立ち寄り

インファンタ Infanta のブースで売られていたシナントランとスーマンを買う



s-IMG_1050.jpg

シナントラン Sinantulan P120ペソ  スーマン Suman P100ペソ


サントール Santol と呼ばれる果実から作られた酸味のあるシナントランは

子供たちも好きなご飯のおかず


もち米を蒸したスーマンはどこも同じであるが

このインファンタのスーマンはルセナで見掛けるスーマンと比べて形が小さいのが特徴であり

一口サイズとはいかなが、、 食べやすくて美味しいスーマンとして

毎年8月に開催されるケソン州物産展では行列ができるほどの人気である


そのまま食べても美味しいインファンタのスーマンであるが

昨日、、

冷たくなったスーマンを蒸し器で蒸しなおし

日本のきな粉をたっぷりとまぶして食べる



s-IMG_1092_20170622102015546.jpg


スーマンときな粉の組み合わせ

気分的には、、 きな粉のぼた餅のような感じでもあり

素朴ながらもホッとする美味しさ‥


インファンタのスーマンは美味しいのである

ルセナで買える日本語標準対応スマートフォン

  • 2017/06/20 14:02
  • Category: 日常




今朝のルセナは晴れ


s-IMG_1061.jpg


風もなく、、

朝からじっとりした暑さ

お昼の気温34度


先日マニラへ出掛けた時

カルティマールの韓国食材店で買ってきた冷凍サンマを焼いて食べる


s-IMG_0956.jpg
1㎏(7匹)P280ペソの冷凍サンマ

マニラまで出掛けないと買えないが

ここ南国で、、 1匹P40ペソでサンマが手に入るのは嬉しいことである





さて、、





昨日

電動車いすに乗り近所のモールへと出掛け

新しい携帯電話を購入するWild Mineさんに同行し

モール3階の携帯ショップが集まった一角へ行く、、


電話嫌いで普段携帯電話を必要としない自分は

こちらの携帯電話やスマートフォンに興味もなく疎いので

それぞれのブランドや新しいモデルの詳しい機能や性能については知らないが

昨日、、

モール内の何件もの携帯ショップを3時間ほど掛けてぐるぐる回り

いろいろなブランドのスマートフォンの使い方を販売員に聞いてみると

いくつかのブランドのスマートフォンが日本語に対応していることが分かった


今まで自分の疎い知識の中では

ここルセナの携帯ショップで購入可能な日本語対応のスマートフォンと言えば

値段が高価なソニーの Xperia ぐらいで

あと他のブランドのスマートフォンの場合はアプリをダウンロードして日本語に対応させるのであろう思っていた



が‥!?



昨日

いくつかの携帯ショップを回って販売員の説明を聞いてみたら

現在は、、

スマートフォンの言語(Language)設定を「日本語」にタップするだけで

その場で一瞬にしてスマートフォンの画面表示から機能説明

ローマ字打ちでの日本語入力のタイピングも漢字変換も普通にできてしまう

日本語標準対応のスマートフォンがいくつかあることが分かった


これには思わず「エッ~!!」っと声をあげるほど驚いたが

日本語のアプリをダウンロードする必要も無く

普通に日本語で操作もタイプの打ち込みもできるスマートフォンがここで買うことができるとは

良い時代になったものである


で、、


昨日

ルセナのモール内で売られている

いくつかのブランドのスマートフォンを試してみた結果

高価なソニーの Xperia 以外でスマートフォンの言語(Language)設定をタップするだけで

画面表示からタイピングまで日本語標準対応となっているブランドは次の2社であった

① ASUS (アスース、エーサス)
② HUAWEI (フゥアウェイ)


s-Zenfonego.jpg


昨日試したそれぞれの機種は

ASUS ZenFoneGo (P3,995ペソ)とHUAWAYの一番安いスマートフォン(P4,990ペソ)

どちらもルセナのモール内での価格はP5,000以下で買える安価なスマートフォンではあるが

このどちらの機種も言語(Language)設定で「日本語」をタップするだけで

画面表示から機能説明、日本語入力のタイピングまで日本語標準対応であった


ASUS、HUAWAY

それぞれのお店の販売員の方の説明では

どちらのブランドも高価安価値段を問わず日本語標準対応とのことだから

自分の予算にあった機種を買ったその場で言語(Language)設定で「日本語」に設定してしまえば

その場ですぐにスマートフォンを日本語で使うことができる


他にも

最近こちらで見掛けるオッポ OPPO と言うブランドのスマートフォンも

言語(Language)設定で「日本語」に設定すると画面表示や機能説明などは日本語で表示されたが

タイピングが英語しか打てず日本語入力に対応していなかったので

ここでこのOPPOのスマートフォンで日本語を入力タイピングするのには

日本語入力アプリをダウンロードする必要がある


これらの他にも

SAMSUNG、My Phone、Cherry Mobile、VIVOなどの各社スマートフォンを見たが

買ったその場ですぐに日本語で使える日本語対応のスマートフォンは見当たらなかった


ブランドの好き嫌いや機種のデザイン性能など好みは人それぞれではあるが

フィリピンのここルセナで、、

日本語標準対応のスマートフォンが安価で購入できる時代になっていたとは知らなかった


昨日は

改めて良い時代となった‥ と感じた一日であった

タガイタイ Tagaytay へ行く





今日のルセナは晴れ


s-IMG_1033.jpg


今日もまた、、

青空眩しく朝から暑い

お昼の気温33度


s-IMG_1035_20170618152128337.jpg


庭では葉に埋もれるようにして

ドリップウッドに着生したミディカトレアの花が咲く





さて、、





昨日

Wild Mineさんの車に乗せて頂きドライブへと出掛ける



s-IMG_0967.jpg



天気良く

くっきりとした姿を見せるマウントバナハウを眺めながら

車は一路、、

観光地として有名なタガイタイ Tagaytay へと向かう



s-IMG_1012.jpg



タガイタイへは

10数年ほど前に来たのが最後であったが

久しぶりに訪れたタガイタイは大きな建物やモールが建ち

一段と賑やかな街となっていて驚いた



s-IMG_0986.jpg



車いすで遠出をするとき

心配なのがその地のトイレ事情ではあるが

昨日昼食と買い物に訪れた小奇麗なアヤラモール Ayala Malls Serin 内にある身障用個室トイレは

今までこの国で自分が入った身障用個室トイレの中では

その広さと清潔さにおいて一番と言える身障用個室トイレであった



s-IMG_0977.jpg
トイレ内の広さは電動車いすでも余裕の 約2.5mx2.5m

便座の高さや手摺の場所等は個々の障害によって向き不向きはあるが

自分のような頚椎損傷者でも介助者がいれば利用可能であった


タガイタイにある全ての身障用トイレがこうした使いやすいトイレではないが

観光地として有名なタガイタイには自分以外にも多くの車いす利用者も訪れるであろうから

こうした清潔で使いやすい身障用トイレのある場所を情報としてここに記すことも必要であろう

興味のある方はこちら → タガイタイ アヤラモール Tagaytay Ayala Malls Serin




s-IMG_0997.jpg



ランチのブラロスープを食べ終え

モールの次に向かったのはタール湖を見下ろせる遊園地スカイランチ SKY RANCH



s-IMG_1010.jpg



子供たちが楽しみにしていた観覧車は調整中のため残念ながら乗ることができなかったが

普段味わうことのない遊園地の雰囲気と眼下に見えるタール湖の景色を楽しむことができた

興味のある方はこちら → スカイランチ SKAYRANCH



昨日はタガイタイも暑かったが

久しぶりに見晴らしの良い高原での一日を楽しみ

途中お土産にパイナップルを買いこんで、、 夜遅くルセナへ帰宅



s-IMG_1030.jpg


今回もまた楽しい一日となった

Wild Mineさん、ありがとう

斑入りザミオクルカス ザミフォーリア 葉挿し後2年8ヵ月経過





今日のルセナは快晴


s-IMG_0912.jpg


雲ひとつなく

朝から眩しい青空が広がる

午前10時の気温32度





さて、、





3年前

葉挿しから育てた庭の斑入りのザミオクルカス ザミフォーリア


そのうちのひと株が

順調に斑入りの葉を増やしてきている



s-IMG_0952.jpg



最近伸びた新しい茎は斑入りの葉数も多いが

数枚の葉は乳白色一色の白化状態の葉も多い



s-IMG_0940.jpg


面白いね~


今から3年前

庭で偶然発生した斑入りのザミオクルカスの葉を見つけ

試しに、、 その斑入りの葉を葉挿しにし

斑入りのザミオウルカスを増やせるか? っとやってみたら

こうして美しい斑入りのザミオクルカスの株を増やすことが出来たのである


~ 以下記録 ~


PA212424_20150407184446d25_20160930132121f38_20170616105933c72.jpg
 ↑ 2014年10月 斑入りのザミオウルカスの葉を葉挿しにする



P4073590_201609301321234c9_20170616105934dc9.jpg
↑ 2015年4月 葉挿し後6ヶ月 斑入りの芽が伸びてくる



P9300574_20170616105938916.jpg
↑ 2016年9月 葉挿し後2年経過 

斑入りの葉を葉挿しした全てが斑入りの株には生長しなかったが

数株は斑入りの葉を付ける株に生長する


葉挿しから2年経過した時点で

斑入りの株だけを選び植え替えする



P9300586_20170616105939da4.jpg



茎が20㎝ほどに伸びた株を

小さなアグリバッグへ植え替えた



P9300590_20170616110002c7e.jpg
↑ 2016年9月 葉挿し後2年経過した斑入り株を植え替え


この状態で庭に放置し

2ヵ月後には新しい茎が伸び斑入りの葉を付ける



s-IMG_0509_20170616110002aad.jpg
↑ 2016年11月 植え替え後2ヵ月



そしてその後、、

植え替えてから9ヵ月

葉挿しから数えて2年8ヵ月経過した現在はこの状態



s-IMG_0946.jpg
↑ 2017年6月現在


葉挿しで増やす斑入りザミオクルカス ザミフォーリア

順調である

フレアティア プランタギニフォリア Phreatia plantaginifolia に花茎が伸びる





今日のルセナは晴れ


s-IMG_0861.jpg


朝から青空眩しく

乾いた風が庭を吹き抜ける

お昼の気温33度


s-19143174_1931710360402521_3211671823379699138_o.jpg


昨夜も遅くまで

大人に混じってヴァイオリン演奏の練習をしていた双子娘、、

今朝夜明け前

オーケストラメンバーと共にケソン州ドロレス Dolores の教会で行われる演奏会へ出掛ける


今回のオーケストラメンバーは

高校生から70歳代までと年齢層が幅広いとのことであるが

音楽を通じ地域の行事に参加することはきっと良い経験となるであろう





さて、、





今朝

ブーゲンビリアの枝にぶら下げてある

フレアティア プランタギニフォリア Phreatia plantaginifolia (Synonym : Phreatia secunda) の株に

いくつかの花茎が伸びているのを見つける



s-IMG_0897.jpg



フレアティア プランタギニフォリア Phreatia plantaginifolia

我が家の庭にある原種蘭の中でもミニチュアサイズの原種蘭であり

左右に葉を広げた株ひとつひとつのサイズは5㎝ほどの大きさしかない



s-IMG_0884_201706151308348ee.jpg



今年の2月には

多くの株から一斉に花茎が伸びて花を咲かせたが

今回は数本、、 数えるほどしか花茎が伸びていないから

これは気を付けて見ていないとあの小さな花を見逃してしまいそうである



s-IMG_0880.jpg



さあ、、

フレアティア プランタギニフォリアの花が見られるか?

楽しみは続く‥

ホヤ カルノサ Hoya carnosa 咲く





今日のルセナは晴れ


s-IMG_4093.jpg


眩しい青空と白い雲

今日も朝から暑い、、

お昼の気温33度


s-IMG_4056.jpg


昨日知人のバンをレンタルし

久しぶりにマニラへと出掛ける


s-IMG_4061.jpg


大使館で用事を済ませ

旅行会社、日本食材店、モールなどを巡り

マニラの暑さと渋滞、人ごみに疲れて夜遅く帰宅、、


改めてルセナの生活環境の良さを感じながら

マニラからの帰り道にサンパブロで買ったサピンサピンとブコパイを食べる


s-IMG_4089.jpg





さて、、





庭では

ホヤ植物のホヤ カルノサ Hoya carnosa が咲く



s-IMG_0827.jpg



美しい‥


和名ではサクラランとも呼ばれるホヤ カルノサ Hoya carnosa

その透き通るような美しいピンク色をした花がいくつも集まって半球状となり

その半球状の花塊が蔓性の茎にぶら下がる



s-IMG_0800.jpg



面白いね~


この花を咲かせたホヤ カルノサ Hoya carnosa の株も

先月中旬庭で初めて花を咲かせた別株のホヤ カルノサ同様

以前、、 山から仙人が持って来た種類不明のホヤ植物の株である



s-IMG_4144.jpg



肉厚硬質の葉はホヤ プビカリクス Hoya pubicalyx の葉に似て細かい銀色の模様が入るが

庭のホヤ カルノサ Hoya carnosa とホヤ プビカリクス Hoya pubicalyx の葉を比べると

ホヤ カルノサの葉はホヤ プビカリクスの葉よりもサイズは小さく

ホヤ カルノサの葉には、、 ひねったような摘まんだような変形した葉が見られる


ホヤ植物は葉だけを見てもなかなか種類判別が難しいものも多いが

こうして庭のホヤ植物を観察しながら

それぞれの小さな違いを自分で見つけるのも

これまた楽しいひと時なのである



s-IMG_0810.jpg

ホヤ プビカリクス Hoya pubicalyx 咲く





フィリピン独立記念日のルセナは晴れ


s-IMG_0835.jpg


昨日の雨で湿った庭も一気に乾く、、

午前10時の気温32度


雨がしとしと降った昨日

骨付き牛肉を煮たブラロと呼ばれるスープを息子が作ったので

乾麺を茹でて、、 

ブラロラーメンをランチに食べる


s-IMG_0729.jpg


豚骨も美味しいが

牛骨ラーメンも旨いのである





さて、、





今朝の庭では

久しぶりにホヤ植物のホヤ プビカリクス Hoya pubicalyx が咲く



s-IMG_0764.jpg



今回の開花は

古い花芽と新しい花芽からの2ヵ所で花が咲き揃った



s-IMG_0752.jpg



良いね~

螺旋状に伸びる蔓性の茎の所々から葉が伸び

ぽつんぽつんと半球状の大きな花塊をぶら下げる姿の美しさ



s-IMG_0777.jpg



この産毛を生やした美しいワインレッドの花のサイズは2㎝ほど

半球状に花を咲かせる花塊からは甘い芳香が漂ってくる


いつ見ても

何回庭で咲いても不思議な形をしたホヤ植物の花であるが

このホヤ プビカリクス Hoya pubicalyx もフィリピンに自生するホヤ植物



s-IMG_0791_20170612105520509.jpg



緑濃い葉に入った銀色の細かい模様が

美しいワインレッドの花を一層引き立てる


素晴らしいね‥

種類不明のホヤ植物






今日のルセナは曇り時々雨

薄暗い雲が空を覆い小雨ぱらつく

じめじめしとしと、、

雨季のはじまるこのシーズン

庭には大きなオオヒキガエルが姿を見せる


s-IMG_0627.jpg


背中に毒を持つオオヒキガエル 

興味のある方はこちら → オオヒキガエル Wiki

午前10時の気温29度





さて、、





昨日

家の近くのモールへ出掛けたついでに

いつもの花屋さんを覗くと、、


沢山並んだディスキディオプシス ルゾニカ Dischidiopsis Luzonica と

ディスキディア メリリー Dischidia merrillii の中に

大きな葉をしたホヤ植物の株が1株だけぶら下がっていたので

その1株をP75ペソで買ってくる



s-IMG_0644.jpg

並べてあるのは30㎝定規

種類不明のホヤ植物 P75ぺソ


ホヤ植物に興味がなければ

この花も蕾も付いていないこの薄汚れた葉っぱだけの株を欲しがる人も

この30㎝ほどの短い茎に価値を見出す人もいないであろうね‥


今朝早速

昨日買ってきたこのホヤ植物の株をハンギングにしようと株をばらす



s-IMG_0651.jpg



肉厚硬質の葉の大きさは

大きなもので約15㎝ほど



s-IMG_0660.jpg



昨日

花屋さんでこの種類不明のホヤ植物の株を見た時

葉の大きさ硬さからして

これはもしかしたらホヤ クラッシカウリス Hoya crassicaulis かな? とも思ったが

葉に丸みがないことと、、

短い茎の間に葉が密生して生えているのがちょっと気になった



s-IMG_0665.jpg



葉の表から見ても裏から見ても

びっしりと葉が付いた状態である



s-IMG_0669.jpg



庭にあるホヤ クラッシカウリスの株をみると

葉の付く茎の間隔がもう少し長いから

蔓性の茎の所々から葉が左右にちょこんと付いている感じであるが

この買ってきたホヤ植物の短い茎は葉の付きが良すぎる



s-IMG_0663.jpg



花が咲くまで

このホヤ植物の種類は不明であるが、、

ん~ 一体どんな花が咲くのだろうね?


っと‥

今朝はそんなことを考えながら

株をばらしたホヤ植物の茎を椰子殻で挟みビニタイで固定して、、



s-IMG_0675.jpg



ハンギングバスケットに押しこんで

ハンギングにした



s-IMG_0681.jpg



そして

後はこのまま遮光スぺースにぶら下げて放置する


しばらくすれば

茎のどこかから蔓性の新芽が伸びてくるであろう



s-IMG_0694.jpg



さあ、、

これでまた庭に種類不明のホヤ植物の株がひとつ増えた


この株にどんな花が咲くのか?

ホヤ植物の楽しは続くのである‥

葉を伸ばすシダ植物





今日のルセナは晴れ


s-IMG_0560.jpg


昨日の午後雷雨あり

今日も朝から暑いが

心地よい風が吹き抜けて気持ち良い

お昼の気温34度


先月から調子が悪かったキッチンのオーブン

昨日、、

カランバから来てくれたメーカーのサービスマンに見てもらったら

パーツ交換とオーバーホールが必要とのことなので

今日早速プルアウトしてもらい修理に出す

しばらく妻のケーキ作りは休み





さて、、





ここのところ

蒸し暑さが続く庭では

あちこちからシダ植物が葉を伸ばし

狭い庭を大きなシダの葉が覆いはじめる



s-IMG_0512.jpg


ブーゲンビリアの木陰で葉を茂らすシダ植物


庭には

買ってきたシダ植物もあるが

庭に生えるシダ植物の多くは庭で自然発生したものや

山から来た原種蘭やホヤ植物などの植物を買ったときに

それらの植物の株元にたまたまくっ付いていたシダの根茎から発生したものである


この地に自生するシダ植物の種類は多く

詳しいシダ植物の種類判別はできないが

こうして木漏れ日あたるシダ植物の葉を眺めていると

原種蘭とはまた違った美しさに惹かれるのである



s-IMG_0576.jpg



美しい、、

シダは和みの植物

ルクバン Lucban の原種蘭





今日のルセナは晴れ


s-IMG_0456.jpg


今日もまた

朝からじっとりとした蒸し暑さ‥


s-IMG_9903.jpg


アイスコーヒーが一段と美味しく感じる

午前11時の気温32度





さて、、





先週



s-IMG_3949.jpg



Wild Mineさんの車に乗せて頂き

ルセナ近郊のルクバン Lucban へ出掛ける



s-IMG_3960.jpg



先ずは

観光名所にもなっているカマイ ニ ヘスース Kamay Ni Hesus へ到着


ルセナと比べて標高の高いルクバンは涼しいかと思ったら

この日は、、

ルクバンも風がなくじっとりとした蒸し暑さであった



s-IMG_3952.jpg



どこへ行っても暑いので

敷地内で売られているソフトクリームを食べながら

エデンの園とノアの箱舟を見学、、



s-IMG_3978.jpg


興味のある方はこちら → カマイ ニ ヘスース Kamay Ni Hesus Healing Church. Lucban, Quezon



そして、、

カマイ ニ ヘスース Kamay Ni Hesus を後にして

道反対にあるローカルリゾート バティス アラミン Batis Aramin へ行く



s-IMG_4001.jpg



平日の夕方近い時間だったせいもあり

木々が生い茂る広大な敷地内に人影少なく、、 ひっそりとした静けさ


興味のある方はこちら → バティス アラミン Batis Aramin Resort and Hotel. Lucban, Quezon



s-IMG_4026.jpg



我が家の子供が小さかった頃

毎年夏になるとこのバティス アラミンで1日水遊びをするのが楽しみのひとつでもあったが

毎回ここへ来る度に、、

年々プールが増え施設内の設備が豪華になって行くのに驚かされる


この日も

数年前来た時には無かった開放的で大きなバーに入り

冷えたサンミゲルを飲みながら一休み



s-IMG_4027.jpg



水浴びをしない自分は

この広い敷地内を車いすで散歩しながら

生い茂る巨大なシダ植物や木々の幹や枝に着生した原種蘭を観察するのが

ここバティス アラミンでの楽しみである



s-IMG_3994.jpg



この日

ここで見つけた原種蘭は

白い花を咲かせたデンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum

花が終わったアクリオプシス Acriopsis

定かな種類は不明だが木の幹に着生したグラスティディウム Grastidium



s-IMG_4004.jpg



そして

もう1種類がこの木の幹に着生したピナリア Pinalia の株



s-IMG_3995.jpg



これは凄いね~


我が家の庭にも

この株と似たピナリア Pinalia の株を鉢植えにしてあるが

こうして木の幹を這うように株が着生し

その伸びたバルブを水平に近い状態に保ちながら左右に葉を垂らすこの姿‥



s-IMG_3997_2017060711543076a.jpg



素晴らしい光景である‥


この敷地内にある原種蘭の多くは

人為的に株を木の幹や枝に着生させたものであるとは思うが

その後、、 年月が経ったと思われる原種蘭の株の状態は

きっと自然に近い姿なのであろう


普段

庭で鉢植えやへゴ板付けの原種蘭ばかり見ている自分にとって

こうした自然に近い形での原種蘭の姿を見る機会ができたことは非常に楽しいひと時となったのである


原種蘭の宝庫フィリピン

楽しみはまだまだ続く‥

孤独に咲くグラスティディウム ルゾネンセ Grastidium luzonense





今日のルセナは曇り

朝からじっとり蒸し暑く

風もなく、、 

湿気が肌にまとわりつくような不快感

午前9時の気温32度


庭にぶら下げてある

ホヤ植物のホヤ プビカリクス Hoya pubicalyx に新しい花芽が付き

蕾が膨らみはじめる


s-IMG_0405.jpg


これは嬉しいね

これでこの株には二つの花芽が付いたのである





さて、、





昨日

遮光で水やりをしていたら、、



s-IMG_0421.jpg



グラスティディウム ルゾネンセ Grastidium luzonense の株に

1輪だけ花が咲いているの見つける



s-IMG_0422.jpg



へ~

これは珍しい咲き方だね‥


庭では時々

忘れた頃に花を咲かせるグラスティディウム ルゾネンセ Grastidium luzonense

花が咲くこと自体は珍しいことではないが

多くの場合、、 グラスティディウム ルゾネンセは対になって花を咲かせる


なので

こうしてぽつんと1輪だけ花を咲かせる姿は珍しくもあるのだ



s-IMG_0419_2017060610371139b.jpg

孤独に咲くグラスティディウム ルゾネンセ Grastidium luzonense


たまには一人で咲きたいか?

シンビジウム フィンレイソニアナム Cymbidium finlaysonianum 咲き揃う





今日のルセナは快晴


s-IMG_0406.jpg


雲ひとつなく、、

眩しい青空が広がる

午前9時の気温32度


高い場所に止まったミドリカラスモドキ (Asian glossy starling)


s-IMG_9876.jpg


腹の模様からすると、、 まだ若鳥か?





さて、、





遮光スぺースでは

シンビジウム フィンレイソニアナム Cymbidium finlaysonianum が咲き揃う



s-IMG_0332.jpg



ドリップウッドに着生した株から

1mほどの長さに伸びた花茎を下垂させ

時折、、 ゆらゆら風に揺られながら21輪の花が咲く



s-IMG_0358.jpg



シンビジウム フィンレイソニアナム Cymbidium finlaysonianum

これもまたこの地に自生する着生蘭であり

ここケソン州では一番よく目にする下垂性シンビジウム



s-IMG_0066.jpg



花のサイズは約5㎝ 微香あり


庭では毎年

この暑い乾季に花を咲かせる



s-IMG_0373.jpg

乾季の強い陽射しを浴びて咲くシンビジウム フィンレイソニアナム Cymbidium finlaysonianum


この地の自然が創り出した美しさ

素晴らしいね‥

ピナリア Pinalia 咲く





今日のルセナは晴れ


s-IMG_0298.jpg


朝から暑い‥

昨日の夕方雷雨あり

日中気温33度


s-IMG_0296.jpg


ここ数日ケーキ作りが続くが

オーブンの調子が悪いらしい、、 オーブン直るか?





さて、、





1週間前

バルブから角のように2本の花芽を伸ばし始めたこのピナリア Pinalia の株



s-IMG_9971.jpg



その後1週間が経過し

2本の花芽が揃って開花、、



s-IMG_0209.jpg



白い花を咲かせるピナリア ブラクテスセンス Pinalia bractescens (Synonym; Eria bractescens)

うつむき加減に咲く花に派手さはないが

近づいてよく見ると、、

短く細かい毛を生やした花茎と蕾を包み込むように保護していた苞が良く目立つ



s-IMG_0212.jpg



面白いね~


庭には

この地に自生するピナリア Pinalia が数種あるが

白い花を咲かせたピナリア ブラクテスセンス Pinalia bractescens の近くでは

黄色く大きなリップが特徴的なピナリア サントチェイラ Pinalia xanthocheila も咲きだした



s-IMG_0224.jpg



庭で咲く2種類のピナリア Pinalia

どちらも派手さはないが

ひっそりと庭で咲く姿には飾り気のない原種蘭らしい美しさがある

プテロセラス アングイクラタム Pteroceras unguiculatum 咲く





今日のルセナは晴れ


s-IMG_0234.jpg


今日も朝から暑い‥

昨夜久しぶりに雷雨あり

午前9時の気温32度


s-18739847_1580042475371757_7568593540539890108_n.jpg


賑やかだったパーティーも終わる

ホームパーティーは準備から片付けまで大変だ





さて、、





今朝の庭では

プテロセラス アングイクラタム Pteroceras unguiculatum が咲く



s-IMG_0251.jpg



毎年

この暑い乾季に花を咲かせるプテロセラス アングイクラタム

乾季の終わりとともに、、 そろそろ花も終わりとなる



s-IMG_0246.jpg



ドリップウッドに着生した株には

乾季の強い陽射しに焼かれ傷んでしまった株もあるが

傷んだ株は、、 これから少しずつ子株を増やしながら復活していくであろう



s-IMG_0270_20170602102543a4d.jpg

シダの葉の上で花を咲かせるプテロセラス アングイクラタム Pteroceras unguiculatum


シダ植物と原種蘭

なかなか良い感じである、、

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR