ホヤ プビカリクス Hoya pubicalyx 咲く





今朝のルセナは晴れ


P5300353.jpg


昨日一昨日と雨が降らなかったので

今朝は庭の蘭に水やりをする

今日も暑くなりそうだ、、

朝8時の気温31度





さて、、





今朝の遮光スぺースでは

ホヤ プビカリクス Hoya pubicalyx が開花した



P5300349.jpg



今回

蕾が膨らむ段階でいくつか蕾がぽろぽろと落ちたので

きれいな半球状の花塊とはならなかったが

今朝は久しぶりにこの美しい花と芳香を楽しむことができた



P5300343.jpg



産毛を生やしたホヤ プビカリクスの花

素晴らしいね、、

スポンサーサイト

山から来たシダ植物を植える





今朝のルセナは晴れ


P5290304.jpg


じめっとして湿度は高いが

爽やかな青空に白い雲が眩しく浮かぶ

午前9時の気温32度


昨日

市場で買ってきた餅菓子のサピンサピンを食べる


P5280281.jpg


紫、白、オレンジ色の三色重ねの甘い餅菓子に

ココナッツの果肉を炒ったものをふりかけて食べる

久しぶりのサピンサピン

美味しいね~





さて、、





先日

仙人が山から持ってきた原種蘭の株にくっ付いていたシダ植物を剥がし取る



P5270205.jpg

並べてあるのは30㎝定規


一見どこにでもあるようなシダ植物であるが

このシダの葉は適度に硬く艶やかで指で触るとプラスティックのような感触



P5270210.jpg



葉の裏側は銀色掛かった緑色をしていて

これがなかなか美しい



P5270218.jpg



このシダ植物の定かな種類は分からないが

このシダはまだ庭には無い種類


山から来た原種蘭の副産物的シダ植物であるが

こうした美しいシダ植物を庭で増やしてみるのもここでの楽しみのひとつであろう



P5270221.jpg

並べてあるのは30㎝定規


原種蘭の株から取りだしたシダの根茎の太さは1㎝ほど



P5270225.jpg



短いものや長いもの

根茎が生きているのか枯れているのかわからないが?

試しにサイズNO.3の素焼き鉢に炭を詰め

その炭の上にシダ植物の根茎を並べ、、



P5270234.jpg



並べた根茎の上から

ココナッツダストを被せて植え込んでみる



P5270238.jpg



以前

この方法で他のシダ植物を植え込んだが

その後順調に新しい葉を伸ばし始めているから

この植え込んだ根茎が枯れていなければ‥ 

月日は掛かるが多分新しい葉が出てくるはずだ



P5270240.jpg



根茎が多かったので

今回2鉢に分けて植え込んでみた



P5270246.jpg



さあ、、

山から来たシダ植物は枯れずに育つか?

これは楽しみである

ドラゴンフルーツの花が咲く





今朝のルセナは晴れ


P5280272.jpg


そろそろ5月も終わり

今朝早く

息子がフィエスタのパレードの準備に出掛ける

夏の終わりを告げるルセナのフィエスタ

今日は暑くなりそうだ、、

朝8時の気温30度





さて、、





先日から

楽しみにしていた庭のドラゴンフルーツの蕾



P5260193_20160528095207f76.jpg



昨日の夕方

蕾の先が少し開き始めていたので

これは咲くかな? っと昨夜寝る前に庭に出てみると‥



P5270269.jpg



おぉ~ 咲いた!

久しぶりに見るドラゴンフルーツの花


相変わらず、、 大きくて迫力のある花だ



P5270257.jpg



この時点ではまだ花弁が開き切っていなかったが

それでも直径25センチほどの大きな花が暗闇に浮かぶ姿は

美しいというよりは、、 不気味な姿である


夜咲いて朝には閉じてしまうドラゴンフルーツの花

不気味ではあるがこの一夜限りの花を見ることが出来たのは嬉しい


今朝見ると

昨夜の大きな花は既につぼんでいたが

この花が上手く受粉していれば?

ひと月後には赤く色付いたドラゴンフルーツの実が収穫できる



P5280274.jpg



さあ、、

ドラゴンフルーツの実は生るか?

楽しみは続く‥

デンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum





今朝のルセナは晴れ


P5270252.jpg


久しぶりに爽やかな青空が広がり

気持ち良い風が吹き抜ける

午前8時の気温30度


そろそろ咲きそうなドラゴンフルーツの蕾


P5260193.jpg


今夜あたり咲くかね?





さて、、





昨日

庭で咲いたデンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum



P5260191.jpg



庭にはいくつかデンドロビウム クルメナタムの株があるが

昨日咲いたこのクルメナタムの花は花弁が細く

そしてリップ部分も細くて絞ったような姿をしている


デンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum

これもまたこの地に自生する着生蘭であり

白い鳩を連想させる花の姿から別名ピジョンオーキッドとも呼ばれる原種のデンドロビウム


ここでは一番良く見掛ける原種のデンドロビウムだから

クルメナタムの花が咲いても特別珍しいものではないが

こうしたどこにでもある原種蘭というものは、、

それぞれの株により花の姿形に変化があり観察すると面白い


先週仙人から買ったクルメナタムと

昨日咲いた我が家のクルメナタムを見比べてみると

同じクルメナタムでも花の姿形に違いがあることが見て取れる



先週仙人から買ったクルメナタムの花↓          昨日咲いた庭のクルメナタムの花↓
P5160311_20160527101108652.jpgP5260188.jpg



この違い‥

太ったクルメナタムと痩せたクルメナタム


この地に自生する株同士でも

これだけの違いがあるというのが、、 原種蘭の面白さであろうね

バンダ ロエブリンギアナ Vanda roeblingiana 咲き揃う






今朝のルセナは曇り

昨夜も強い雷雨あり

風もなくじっとりとした早朝の庭に出ると

隣家のマンゴーの木から息の長いセミの鳴き声が聞こえてくる

朝8時の気温29度


昨日

隣町タヤバスのフィエスタに出掛けた娘たちが

知人の家からお土産にバナナの葉で包んだフィリピン粽のスーマンと

炒ったもち米を粉にして作られるエスパソールを頂いてくる


P5250169.jpg


バナナの葉の香りの移ったスーマンも美味しいが

ほうじ茶にも似た香ばしさを感じるエスパソールもこれまた美味しい、、

こうした素朴な味は飽きが来ない





さて、、





遮光スぺースでは

先週から開花が始まったバンダ ロエブリンギアナが咲き揃った



P5250102.jpg



素晴らしい‥


渋く深みのあるえんじ色をした花のサイズは6㎝

リボンのように開いたリップは幅2㎝ほど



P5250118.jpg



バンダ ロエブリンギアナ Vanda roeblingiana

フィリピンに自生する着生蘭でありバンダの原種


フィリピン原種蘭図鑑 PHILIPPINE NATIVE ORCHID SPECIES には

ここフィリピンには9種類の原種バンダが自生していると載っているが

その中でも、、 

このバンダ ロエブリンギアナ Vanda roeblingiana のリップ部分は特徴的で変わっている



P5250134.jpg



不思議だね~

どうしてこのロエブリンギアナだけ

こんなリップの形になってしまったのであろうか?



P5250108.jpg



これは自然の悪戯とでもいうべきか?


この地の自然が創りだしたバンダ ロエブリンギアナ

きっと今頃、、 

奥深いジャングルの中でもひっそりと咲いているのであろうね



P5250144.jpg



原種蘭の魅力に尽きることはない

5種類の原種蘭





今朝のルセナは曇り

昨夜もひと雨降る


ここのところ適度に降る雨のお陰で庭の水やりも休み

毎朝手持ち無沙汰ではあるが、、 水道代の節約になる


P5230005.jpg


庭ではドラゴンフルーツの蕾が日に日に大きく膨らむ、、

午前9時の気温30度


昨日

こちらでサバと呼ばれるバナナを素揚げにし

チョコレートをかけて食べる


P5240100.jpg


バナナの酸味とチョコの甘さは相性が良い





さて、





数日前

原種蘭を持った仙人が山から下りてきた



P5200525.jpg



今回は大株が多く

どうやら、、

木の幹に着生していた群生株を剥がし採ってきたようだ



P5200527.jpg



仙人が持ってきたのは5種類の原種蘭

どれも花が咲いていないから細かい種類は不明であるが

大体の見当はついた


先ずは、、

仙人がライスオーキッドと呼んでいたこのデンドロキラム Dendrochilum P150ペソ



P5200530.jpg

左に立て掛けてあるのは30㎝定規


我が家にもいくつかのデンドロキラムがあるが

こんなに大きなバルブと葉のデンドロキラムを見るのは初めてであったので

この株にはちょっと驚いた



P5200549.jpg



株からはちょうど花茎が何本も伸び始めているから

上手く花が咲けば、、 この種類もはっきりするであろう



2株目は

茎がひょろっと長く伸びた株

ここではバンブーオーキッドとも呼ばれる原種蘭のひとつ

グラスティディウム Grastidium P100ペソ



P5200541.jpg

左に立て掛けてあるのは30㎝定規


庭には

グラスティディウム ルゾネンセ Grastidium luzonense (Synonym. Grastidium alagense) の株があるが

このグラスティディウムはどんな花を咲かせるか?



3株目は

平べったい株が特徴的なテラシス Thelasis P150ペソ



P5200544.jpg

左に立て掛けてあるのは30㎝定規


庭にはテラシス カリナタ Thelasis carinata の株があるが

これほど群生したテラシスの株は初めて見た

この地に自生する原種蘭テラシスの花は非常に小さく観賞価値は低いが

この株が密生して葉を茂らせる姿は非常に素晴らしい


4株目は

萎びかけたような丸いバルブが特徴的なアクリオプシス Acriopsis P150ペソ



P5200534.jpg

左に立て掛けてあるのは30㎝定規


この株もまた見事な群生株

庭にはアクリオプシス リリフォリア Acriopsis liliifolia の株があるが

この大株も同じであろうか?


そして

最後の5株目はおまけでもらったプテロセラス Pteroceras



P5200584.jpg

並べてあるのは30㎝定規


葉姿はファレノプシスに似ているが

これはこの地に自生するプテロセラス Pteroceras



P5200588.jpg



株元からはまだ短い花茎が伸び始めているから

花が咲けば定かな種類も確定する


以上5種類の原種蘭

どれも地味な種類ではあるが

さあ、、

どんな花が咲くのか? 楽しみは尽きない



ファレノプシス インターメディア Phalaenopsis x intermedia の高芽





今日のルセナは曇り

昨夜は強い雷雨あり

お陰で今朝は少し涼しくなる


P5240012.jpg


一晩雨に打たれたプルメリアから

爽やかな香りが庭に漂う

午前10時の気温30度





さて、、





今朝の庭では

雨露に濡れてファレノプシス インターメディアの花が咲く



P5240090.jpg



昨年12月中旬から開花が始まった

遮光スぺースのファレノプシス インターメディア


長く伸ばした花茎の先端に蕾を付けては花を咲かせ続け

ちょうど5ヶ月間庭で花を咲かせてきたが

今朝、、 花を咲かせている花茎の先端を覗いてみたら‥



P5240075.jpg



花と花の間にある花茎の先端に高芽がひとつ付いていた


ん~

どうやらこれで

この長く伸びた花茎が花を咲かせるのもこれで終わりのようだ



P5240076.jpg



ファレノプシス インターメディア Phalaenopsis x intermedia

これもまたこの地に自生する着生蘭であり

Phalaenopsis aphrodite と Phalaenopsis equestris の自然交配から生まれた原種ファレノプシス


花はファレノプシス エクエストリスに似て小さいが

一度花茎を伸ばして花を咲かせ始めると数ヵ月は花を咲かせ続け

そして花が終わりになると花茎に高芽をいくつか付ける


乾季も終わり

適度に雨が降りだしたこのシーズン

付いた高芽が生長するにはちょうど良いシーズンである



P5210638.jpg



さあ、、

花が終わるインターメディア

今度は小さな高芽の生長が楽しみとなる

ホヤ クラッシカウリス Hoya crassicaulis 咲く






今朝のルセナは曇り

昨日夕方から夜にかけて雨が降る

今朝は風もなくじっとりして息苦しさを感じる蒸し暑さだ


人間にとって不快に感じるこの蒸し暑さも

この地に自生する原種蘭にとっては快適なのであろうね

朝8時の気温30度





さて、、





遮光スぺースでは

ホヤ植物のホヤ クラッシカウリス Hoya crassicaulis の花が咲く



P5230669.jpg



つんとした芳香を漂わせる花の上では

早朝から小さな蟻が忙しそうに動きまわる



P5230672.jpg



ホヤと蟻


咲いた花に虫が集るのは当たり前であるが

庭で共存するこうした光景は見ていて面白いのである

シンビジウム フィンレイソニアナム Cymbidium finlaysonianum 2本目の花茎






今朝のルセナは薄曇り

風もなくじっとりとした蒸し暑さが連日続く


P5200611.jpg


庭の片隅では

ホヤ植物の仲間ディスキディオプシス ルゾニカ Dischidiopsis Luzonica の結実した房が弾ける

粘着力のある長く白い毛をまとった種子が房から飛び立つ姿は美しく、、 そして幻想的だ

午前9時の気温32度


マニラからのお土産に

保冷された八天堂のくりーむパンを頂く


P5210624.jpg


この上品な甘さは日本の味だね





さて、、





P5130069.jpg



先週から開花した

庭のシンビジウム フィンレイソニアナム Cymbidium finlaysonianum


下垂した花茎に付いた蕾も咲き揃い

最初に咲き始めた花は次々と萎れはじめたので

そろそろ今シーズンのフィンレイソニアナムも見納めかなと見ていたら‥


 
P5200609.jpg



長く花茎を垂れ下げたバルブの横の別バルブから

新たな花茎が短く伸び始めているのを見つける



P5200605.jpg



ほ~ これは面白い


こうしてドリップウッドに着生した株から

花茎が伸び始める姿を見るのはこれが初めてであるが

株元を包み込んでいる枯れた皮の中から花茎が飛びだしてきている


いつも下垂を初めた花茎が数十㎝ほど伸びた状態で花茎の存在に気が付くから

こうした伸び始めの花茎を見ることが出来たのは非常にラッキーである


他の原種シンビジウムは知らないが

このシンビジウム フィンレイソニアナムの花茎が伸びるスピードは早く

伸び始めていた花茎を翌日見ると蕾を付けた花茎の先端が姿を現していた



P5210631.jpg



面白い‥


庭にある蘭の多くは

伸びた花茎の先端や花茎の節々に当たる所から

ぽつぽつと小さな蕾が発生し膨らみはじめるが

このシンビジウムの蕾というものは花茎が伸び始める時点で

既にバルブ内で蕾が形成されているんだね


あのピナリア属 Pinalia ほどの不気味さはないが

こうしていきなり蕾が姿を現すというのも見ていて面白さがある



P5210633.jpg



さあ、、

伸び始めたシンビジウム フィンレイソニアナム2本目の花茎

これから日に日に長く下垂する姿を眺めるのも庭の楽しみのひとつである

バンダ ロエブリンギアナ Vanda roeblingiana 咲く





今朝のルセナは曇り

明け方遠くで雷が鳴る

気圧が低く風もなく、、 じっとりとした蒸し暑さに頭が冴えない

午前9時の気温31度


今朝は庭の水やりを休み

リハビリがてら庭の草むしりをする

雨が降りだすこれからのシーズンは草の生長が早い





さて、、





今朝

どんよりとして薄暗い遮光スぺースの中では

バンダ ロエブリンギアナ Vanda roeblingiana が咲き始めた



P5200501.jpg



先月の終わりから伸び始めた花茎には7つの蕾

下の蕾から順番に開花が始まる



P5200509.jpg



初めて見るバンダ ロエブリンギアナの花

えんじ色の花弁が

リボンの様に大きく広がったリップを包み込むように開いてゆく



P5200522.jpg



素晴らしいね‥

原種バンダの素晴らしさに思わず息を飲む


トリコグロッティス Trichoglottis と エピデンドラム Epidendrum





今朝のルセナは晴れ


P5190482.jpg


今日も朝からじっとり蒸し暑い


昨日の昼間の雷雨と昨夜降った強い雨のお陰で

今朝の庭は適度な湿り具合

乾季もようやく終わりとなる


P5190478.jpg


庭では鉢植えのドラゴンフルーツに花芽が付く

前回は開花を見逃したが、、 今回はどうであろう?

朝8時の気温30度


昨日

マリンドゥーケ帰りの息子の友人から

お土産にスーマンとビビンカを頂く


P5180459.jpg


もち米のスーマンを蒸しなおし

ビビンカはトースターで温めて鰯のティナパと一緒に食べる

島の素朴な味にほっとする、、





さて、、





先日ルクバンのパヒヤスへ出掛けた妻が

お土産に原種蘭を頂いてくる



P5170364_20160519092132508.jpg

並べてあるのは30㎝定規


細い茎に細い葉が付くこの株

花は咲いていないが‥

これはきっとトリコグロッティス ラティセパラ Trichoglottis latisepala であろう



P5170365_20160519092138c24.jpg



この地に自生するトリコグロッティス ラティセパラ

日当たりの良い場所に置かれていた株はこうして葉の表面が赤紫色になっているものが多く

日当たりの悪い場所に置いた株の葉は普通の緑色となる


早速

木っ端に茎を縛り付け

遮光スぺースでハンギングにする



P5180430_20160519092201d92.jpg




そしてもう1種類

ルクバンからお土産に持って来てくれた小さな株の蘭



P5170369.jpg

並べてあるのは30㎝定規


最初見た時

これはデンドロかな? っと思ったが

どうやらこれは、、 エピデンドラム Epidendrum である


エピデンドラムは中南米に自生する着生蘭であるが

ここの花屋さんでも時々売られているのを見掛けるから

ルクバンにエピデンドラムがあっても不思議ではない



P5170372.jpg



エピデンドラムは花色が色々ある

赤い花を咲かせるエピデンドラム Epidendrum ibaguense の株は庭にあるが

このお土産のエピデンドラムは何色の花が咲くのだろうね?



P5180438.jpg



短い茎3本を

サイズNo.2の素焼き鉢に炭と水苔を使ってまとめて植え込んだ


さあ、、

枯れずに育つか?

有名店のランガニサ ルクバン






今朝のルセナは曇り

昨夜ひと雨降る


今朝もじっとりと蒸し暑く

遠くで雷が鳴るどんよりとした暗い曇り空、、

朝8時の気温28度





さて、、





一昨日

我が家の女性陣がルクバン Lucban のパヒヤス Pahiyas へ出掛ける



13239141_1757390907834468_4342764561003493982_n.jpg



毎年5月15日に開催されるルクバンのパヒヤス Lucban San Isidro Pahiyas Festival

農作物の守護聖人であるサン・イシドロ San Isidro Labrador 守護聖人を祀る祭りであり

農作物を使って家々を飾る独特な飾り付けが有名な祭り


パヒヤス初日の15日は今年も多くの観光客で賑わったそうだが

我が家の女性陣たちが出掛けた16日は観光客も少なく

ゆっくりと家々の飾り付けを見て回ることができたようだ



13177185_1757380274502198_2530660531237139279_n.jpg



その日の夕方

一日歩き疲れた女性陣が帰宅


お土産にランガニサ ルクバンを買って来てくれたのだが

話を聞くと、、

このランガニサを買うのに2時間も並んだとのこと



P5170422.jpg

ランガニサ ルクバン Big 12p P150ペソ


このランガニサ

ルクバンに住む妻の知人が美味しいと教えてくれた

Eker and Ely Longganisang というお店で買ったそうだが

この日はパヒヤスに来た観光客が店の前に長い行列を作っていたというから

どうやらこのお店はランガニサの有名店なのであろう


子供たちも大好きなランガニサ

早速、、 

パグビラオから頂いた大きなオクラと一緒に昨日のランチに食べる



P5170426.jpg



シンプルなニンニク風味のランガニサ ルクバン

味はいつもタヤバスで買うランガニサと大して変わらないが

2時間並んで買ってきてくれたと聞けば、、 その分美味しさもアップする


このお店で買ったランガニサ

大きなサイズと小さなサイズがあるが値段も手ごろで味がよく

ルクバン土産として人気があるようだ

グラマトフィラム マルティフロラム Grammatophyllum multiflorum






今朝のルセナは曇り時々晴れ

朝からじっとり蒸し暑く

気圧が低いせいか、、 頭がぼーっとして重い

そろそろ季節の変わり目だ

午前10時の気温32度





さて、、





昨日の昼前

原種蘭売りの仙人がやって来る


持ってきたのは、、

デンドロビウム クルメナタム と グラマトフィラム マルティフロラム



P5160314.jpg



ピジョンオーキッドとも呼ばれるデンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum

ここでは一番よく目にする原種のデンドロビウム

既に我が家の庭にはいくつものクルメナタムの株があるから

仙人の持ってきたこの株を買う気はなかったのであるが‥



P5160311.jpg



花を見るとリップがひらひらと大きく広がっているタイプなので

ひとまとめにされた株をP100ペソで購入

このクルメナタムはリップが広く大きいから花姿が良い


先にも記したが

ここではデンドロビウム クルメナタムは珍しくもない原種蘭である

しかし咲いた花を観察すると、、 

株によって花弁やリップの形の微妙な違いが見えてくる

この違いが分かるようになるとクルメナタムの面白さが見えてくるのである



そして

仙人が持ってきたもうひとつの原種蘭

グラマトフィラム マルティフロラム Grammatophyllum multiflorum P150ペソ



P5170375.jpg



ここではジャイアントとも呼ばれるグラマトフィラム

バルブは大きいもので丈18㎝

葉は大きいもので長さ約60㎝

花茎は長いもので長さ約80㎝



P5170403.jpg



地味な色合いの花のサイズは4㎝


茶色い模様の入った花は地味ではあるが

長く伸びた花茎に咲く無数の花の姿はなかなか見応えがある



P5170381.jpg



フィリピン原種蘭図鑑 PHILIPPINE NATIVE ORCHID SPECIES には

フィリピンに自生する7種類のグラマトフィラムが掲載されているが

ここケソン州近郊でよく見られるグラマトフィラムはこのグラマトフィラム マルティフロラム


毎年この乾季になると

花が咲いたグラマトフィラム マルティフロラムを目にすることが多いから

ここでは乾季が花季であろう



P5170405.jpg



このグラマトフィラム マルティフロラムの株もまた

既に我が家の庭にはいくつもあるが

こうした大型の着生蘭が庭のあちこちで葉を茂らす姿というのも‥



P5170413.jpg



庭にワイルドさが増し眺めていて楽しいのである



~ 以下、追記 ~

この地には

グラマトフィラム Grammatophyllum と シンビジウム Cymbidium が自生しているが

この2種類の原種蘭は近縁種と言われている


グラマトフィラムとシンビジウム

それぞれのバルブや葉を見比べてみてもあまり近縁種という感覚は沸いてこないが

それぞれ株元の根を見ると、、 近縁種であることが分かりやすい


P5130037.jpgP5120722.jpg
↑ Grammatophyllum multiflorum の根        ↑ Cymbidium finlaysonianum の根


どちらも先端が細く尖った根が逆立つようにして伸びている

この根を見ると近縁種と言われるのが理解しやすいと思う

~ 以上、追記終わり ~

シダ植物 クワレシダを食べる






今日のルセナは晴れ


P5160308.jpg


早朝じっとりした暑さの中

庭ではルリハナガサモドキ(瑠璃花笠擬)が咲く、、


P5160287.jpg


今朝クーラーボックスから

昨日残った氷を出したら、、 二匹の犬が寄ってきてぺろぺろ舐める


P5160277.jpg


犬も朝から暑いのだろうね

お昼の気温33度


昨日の午後

この地域に住む日本人が集まり我が家でお茶会

ルセナ、サリアヤ、タヤバス、パグビラオに住む日本人6人

差し入れで頂いたお菓子、ビラオたこ焼きをつまみながら世間話に笑顔が弾む

この地での苦労話から笑い話など、、

それぞれの方のお話を聞き共感すること多々あり

昨日は楽しい時間を過ごすことができた


過去の統計では

日本から外国へ移住または永住目的で渡航した日本人のうち

その半数は外国での移住または永住を諦めて日本へ帰国すると読んだことがある

初めは夢と希望の憧れの外国生活も

住み慣れない外国生活は知らず知らずのうちに日々ストレスが溜まるのであろうね?


郷に入っては郷に従え

日本でも諺としてあるが‥ 案外日本人にはこれができない





さて、、





市場へ出掛けた妻が

こちらでパコと呼ばれる食用のシダ植物クワレシダを買ってくる



P5140207.jpg



この市場でパコと呼ばれるクワレシダ

値段は安く手首ほどの太さで一束P15ペソ


値段は安いが

30㎝ほどの長さに揃えて束ねられたクワレシダのうち

食用部分は先端の柔らかい葉と

指先でぽきぽきと折れる茎の筋張っていない部分だけなので

掃除をすると、、 買ってきたクワレシダの2/3ほどはゴミとなる



P5140208.jpg



このクワレシダ

灰汁がないからそのまま生でもサラダとして食べられるが

子供たちはこのクワレシダと安い小エビをココナッツミルクで煮込んだものを好んで食べる



P5140213.jpg



自分は

このクワレシダのまだ葉が開いていないものだけを抜き取って、、



P5140212.jpg



これをさっと茹で

鰹節をかけ醤油を垂らして食べる



P5140217.jpg



見た目は日本の蕨のようなクワレシダ


灰汁がないクワレシダは蕨のような独特な風味には欠けるが

それでも太い茎の部分は噛むとぬめりがあり

あの蕨の食感を少し思い出させてくれる


庭で育てるシダ植物も楽しいが

こうして食べられるシダ植物も面白い

原種ファレノプシス三段付け






今日のルセナは晴れ


P5150253.jpg


大きな雲が青空をゆっくりと流れ

隣家のマンゴーの木からはセミの鳴き声がうるさく響く、、

市場帰りの妻が買ってきたココナツを割り

中から取り出したジュースと果肉を冷蔵庫で冷やして飲む


P5140204.jpg


お昼の気温32度


今日は地区のお祭りフィエスタ

農作物の守護聖人であるサン・イシドロ守護聖人を祀った農作物の豊作祈願のお祭りである

地区の大通りに面したは家では農作物を使った飾り付けが行われているが

大通りから外れた我が家や近所の家々では毎年飾り付けもしないから

地区のフィエスタと言っても毎年お祭り気分は何も無いのだが

今朝は妻がビーフンを作り

市場で買ってきたスーマンと呼ばれるちまきと

ビコパンダンと呼ばれる甘い餅菓子を家族揃って食べる


P5150271.jpg


田んぼが豊作でありますように‥





さて、、





先日

原種蘭の仙人が我が家へヨウラクヒバを売りに来たとき

一緒に原種ファレノプシスを着生させた木の枝をぶら下げて来た



P5150252.jpg



木の枝に付いた原種ファレノプシスの株はまだ小さく

どうやら高芽を採って枝に付けたようである


仙人の話では小さな白い花を咲かせるファレノプシスとのこと



P5150236.jpg



花が咲くまでは定かな種類は不明であるが

この原種ファレノプシス三段付けをP150ペソで買う



P5150235.jpg

並べてあるのは30㎝定規



上段の株は

小さい株が二つ一緒にくっ付けてあった


上段の株
P5150241.jpg



中段の株は一株だが

三段付けの中では一番大きい株である


中段の株
P5150240.jpg



下段の株は

片方側の葉が全て落ちているのがちょっと気になる株、、


下段の株
P5150239.jpg



どの株も葉は丸みを帯びた卵型であり

葉の裏側は薄く錆色が付いている



P5150248.jpg



ん~

これは株の姿からして、、 

ファレノプシス インターメディア Phalaenopsis x intermedia の可能性が高いね


インターメディアは高芽が付きやすく

仙人の言っていたとおり小さな白い花を咲かせる



P5150230.jpg



さあ、、

予想どうりファレノプシス インターメディアであろうか?


それぞれの株に花が咲くまで定かな種類は不確定ではあるが

こうした種類がはっきりしない原種蘭を育てるのもここでの楽しみのひとつなのである


枯れずに育つか?

南国の栗 





今朝のルセナは晴れ


P5140187.jpg


早朝澄んだ青空に雲が散る

上空で強い風が吹いたのか

今朝は爽やかな風が庭を吹き抜けた、、

お昼の気温33度


昨年

小さなアグリバッグへ種を蒔いたレモンが発芽して

今では1mほどの背丈まで伸びてきた


P5140189.jpg


今朝は

このレモンの苗木を素焼き鉢に植え替える


P5140191.jpg


枝には長く鋭い棘が伸びているので

植え替えにちょっと手間取ったが、、 30分ほどで植え替え終了


P5140195.jpg


実が生るかどうかは知らないが‥

ここでは柑橘系の植物を庭に植えておくと

オナシアゲハが飛んできて葉の裏側に卵を産み付ける


一年中花が咲き蝶が舞う庭というのも

南国ならではの楽しみなのである


P9112875_20160514104253464.jpg





さて、、





ここのところ毎週のように妻の実家から

こちらでランカと呼ばれるジャックフルーツが我が家へ届く



P5120024.jpg



ジャックフルーツ好きの自分にとっては嬉しいのであるが

家の中と冷蔵庫の中に、、 

あの子供が食べるガムのような合成的なジャックフルーツの香りが漂いっぱなしだ



P5120025.jpg



種の周りの黄色い果肉は甘みが強く

しゃきしゃきとした歯ごたえがこれまた癖になる美味しさである


そして

黄色い果肉を剥いたこのジャックフルーツの種



P5120026.jpg



このジャックフルーツの種の面白いのは

果肉に包まれていた状態で既にいくつかの種には根が生え出している

ここで他のフルーツを食べていて根を生やした種に出くわしたことがないから

最初見た時は虫でもいるのかと思った‥



で、、

このジャックフルーツの種は食用にもなる


黄色く熟した実から取り除いたジャックフルーツの種を茹で

種を覆っている薄く硬い殻を剥いて種を食べる



P5130168.jpg



以前もここで記したが

味は‥  甘みのない栗とでもいうべきか?

特に味があるものではないが目を閉じて食べればこれは栗に近い味である


面白いね~



P5130170.jpg



この地にある他の食べ物で

栗の味を連想させる食べ物は他に知らないが

ジャックフルーツの種は南国の栗とでも言うべきものであろうね

シンビジウム フィンレイソニアナム Cymbidium finlaysonianum 咲く





今朝のルセナは晴れ


P5130145.jpg


洗濯物がすぐ乾きそうな良い天気

今日も暑くなりそうだ、、

午前9時の気温32度


P5110676_2016051310113211c.jpg


昨日は庭でサンマを焼く

じゅうじゅうと音を立てもくもくと白い煙が上がり

サンマの焼ける匂いが庭を満たす、、


ルセナでサンマ

昨日は贅沢なランチとなった





さて、、





この前の日曜日

遮光スぺースで見つけたシンビジウム フィンレイソニアナムの花茎



P5080439.jpg



この時

下垂し始めた花茎はまだ50㎝ほどの長さであったが

それから毎日、、 下垂した花茎は伸び続け

数日前から花茎の上部に付いた蕾から順番に開花をはじめた



P5130065.jpg



美しい‥

花のサイズは約6㎝

この渋い色合いの細長い花弁とくるんと巻いた白いリップ

派手さはないが渋く落ち着いたこの姿は美しい



P5130111.jpg



シンビジウム フィンレイソニアナム Cymbidium finlaysonianum

これもまたこの地に自生する着生蘭であり

花茎を下垂させて花を咲かせる下垂性のシンビジウム



P5130104.jpg



株元から伸びた花茎の長さは1m10㎝

その長く垂れ下がった花茎には18輪の花を付けている


このドリップウッドに着生させた株は

数年前ケソン州ロペスから分けて頂いたシンビジウム フィンレイソニアナムの株であるが

それから毎年、、 この乾季に必ず花を咲かせている



P5130056.jpg



この渋い原種シンビジウムの花を眺めるのも

この暑い暑い乾季の楽しみのひとつである

ヨウラクヒバ シダ植物





今朝のルセナは晴れ時々小雨


P5120757.jpg


じめっとして蒸し暑い早朝

庭の水やりを終えてテラスで休んでいたら、、

ぽつぽつと小雨が降ってすぐまた晴れる

午前9時の気温31度


先月

友人宅から譲って頂いたパグの子犬 生後2ヵ月半

朝から晩まで我が家の2歳のパダックス犬とじゃれては遊び、、

遊び疲れると、、 最近は車いすの下で2匹仲良く寝るようになったが


P5110693.jpg


昨日はパグの子犬2回目の予防接種を終えたので

可哀想だが、、 

数日は外で遊ぶことも控えてケージの中で我慢してもらおう





さて、、





昨日の早朝

先日原種ファレノプシスを持って来てくれた仙人風のおじいさんが

シダ植物を手にぶら下げて我が家へやって来る



P5120765.jpg



そう言えば‥

先日この原種仙人から原種蘭を買ったとき

シダ植物も欲しいか? っと聞かれたので

こちらでよく見る普通のダポ(オオタニワタリの種類)は要らないが

ダポでも葉が変形した株や珍しいシダ植物があったら見せて欲しいと頼んでおいた



P5120727.jpg

並べてあるのは30㎝定規


このシダ植物

我が家の庭には同じものはないが

ここの花屋さんでも時々見かけるから特に珍しいものではない


ん~ どうしようかな? っと考えたが

まだ庭にはないシダ種類だし、、 折角原種仙人が持って来てくれたので一株P50ペソで買う



P5120746.jpg



今まで何度かこのシダ植物を目にしたことはあったが

定かな種類は知らなかったので、、 今回早速ネットで調べてみると‥


どうやらこれは

Huperzia phlegmaria (Synonym Lycopodium phlegmaria L.)

シダ植物ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属のヨウラクヒバ(瓔珞檜葉)と呼ばれるシダ植物のようである


この地に自生するシダ植物の数は非常に多いが

素人の自分が調べてこうして種類がはっきりと分かるものは気分的にすっきりして嬉しくなる


ヨウラクヒバか‥

シダ植物でもヒバと名が付くものは庭に無かったからこれは良い



P5120759.jpg



長く伸びた古い茎は垂れて下垂するが

株元から新しく伸び始めた茎は木の枝のように上へと伸びている

こうしてみると、、 このシダ植物もなかなか面白い


早速

遮光スぺースに置いてあるドリップウッドにヨウラクヒバの株を引っ掛けてみる



P5120770.jpg

引っ掛けてあるのはヨウラクヒバ3株


おっ!? 

これはいいね~ 

ドリップウッドとヨウラクヒバの組み合わせ

これに原種蘭を少し混ぜると更に雰囲気がよくなりそうだが

さて、、 どの原種蘭を混ぜるか? 

楽しみは続くのである

ファレノプシス アフロディテ Phalaenopsis aphrodite 咲き揃う





今朝のルセナは晴れ


P5100599.jpg


朝から暑いが

早朝の庭では心地よい乾いた風が吹き抜ける、、

午前9時の気温32度


フィリピンの選挙も終わり

選挙結果の確定した昨日の夕方

隣家から当選祝いの花火が上がる

毎日選挙カーが騒がしかったが、、 やっといつもの静かさが戻ってきた





さて、、





庭では

今月初めから咲きだしたファレノプシス アフロディテ Phalaenopsis aphrodite が咲き揃う



P5110647.jpg



咲き揃ったとは言っても、、

花茎に付いた蕾は三つだけだから華やかにはちょっと欠けるが

まあ、、 

花数が少ないのも原種らしくて悪くはない



P5090548.jpg



明け方庭の水やりを終え

遮光スぺースに徐々に朝陽が射し込み

咲き揃ったファレノプシス アフロディテの花に朝陽が当たる姿を眺める



P5090512.jpg



遮光下とは言え

乾季の強い朝陽がスポットライトのようにアフロディテの花を浮かび上がらせる一瞬

その一瞬を眺めることができるのが

庭で原種蘭を育てる楽しみであり至福のひと時、、



P5090535.jpg



良い感じだ‥

みたらし団子を食べる





今朝のルセナは晴れ


P5100598.jpg


早朝

隣家のインディアンマンゴーの木からガサガサと葉音が聞こえる

どうやら、、 近所の子供たちが木に登り

高い場所の枝に残ったマンゴーを採りに来たようだ

これですっぱいインディアンマンゴーのシーズンも終わりとなる

朝8時の気温31度


P5090562.jpg


昨日

庭で子供たちがテラピアと砂肝を焼き

テラスでランチを食べる


自分は普段テラピアを好んでは食べないが

昨日は焼きあがったテラピアを煮込んだココナッツミルクと一緒に食べる


P5090564.jpg


焼いたテラピアとココナッツミルク

この組み合わせなら、、 テラピアも美味しく食べられる





さて、、





昨日

こちらで売られている米粉を使って団子を作る



P5090494.jpg



MALAGKIT (Glutinous) rice flour と書かれているとおりもち米の粉

こちらの餅菓子サピンサピンやパリタウなどももち米の粉を使って作られている


ここでつきたてのお餅が食べたくなったら

このもち米の粉を水でこねて蒸し器で蒸せば

即席ではあるが、、 つきたてのお餅が食べられる


で、、


昨日は

このもち米の粉を水でこねて丸めて団子を作り

鍋に沸かした湯で丸めた団子を茹でてみたらし団子を作る



P5090500.jpg



子供たちは串に刺した団子がいいと言うので

茹であがった団子を串に刺し、、 ガスで軽く炙った串団子


自分は串が無い方が食べ安いから

串無しのみたらし団子を食べる



P5090498.jpg



久しぶりに作ったが、、

ん~ やはりみたらし団子は美味しいね


団子も餡もルセナで揃う材量で作れるみたらし団子

どこで作っても、、 やはりみたらし団子は日本の味なのだ

多肉植物 レデボウリア ボトリオイデス Ledebouria botryoides 咲く





今朝のルセナは晴れ


P5090492.jpg


昨日の午後

1時間ほど強いスコールが降る


そのスコールで草木の葉に付いた埃が洗い流されたせいか?

今朝は空気が澄んでいつもよりも清々しい、、

早朝庭の蘭に液肥をスプレー

朝8時の気温30度


昨日スコールが降ったあと

テラスの温度計を見ると気温が4度下がっていた


P5080448.jpg


直接雨風の当たる場所では

もう少し気温の低下も大きかったと想像する


こうしたスコールなどによる急激な気温低下が引き金となり

この地に自生するデンドロビウム クルメナタムなどの原種デンドロビウムが花を咲かせるのである





さて、、





昨日のスコールで

適度な湿り気が残る庭ではレデボウリア ボトリオイデスが咲く



P5090456.jpg



レデボウリア ボトリオイデス Ledebouria botryoides

アフリカ原産の多肉植物


注; この多肉植物の名前はレデボウリア ボトリオイデス Ledebouria botryoides または
   ドリミオプシス ボトリオイデス Drimiopsis botryoides と呼ばれる。 どちらも同義語(Synonym)
   参考 → Plantae.ca / Ledebouria botryoides


肉厚の葉は緑色の濃淡模様が美しく

この葉の模様は、、 美味しそうなよもぎ餅を連想させる、、



P5090489.jpg



話がずれるが‥

以前

このレデボウリアの葉を眺めていたら無性によもぎ餅が食べたくなり

その時庭で鉢植えで育てていたフィリピンよもぎ(Damong-maria)の新芽を摘み、、



P5233377_20160509094006607.jpg



こちらで売られている米粉を使い

即席のよもぎ大福を作って食べた



P5233429_20160509094007648.jpg



日本のよもぎと全く同じとはいかないが

フィリピンに自生するよもぎ(Damong-maria)でも十分よもぎの風味を楽しむことは可能であった


ここではケーキやドーナツなどの洋菓子はいつでも食べることはできるが

和菓子系は自分で作るらなければ食べられない‥

ん~ 久しぶりに団子が食べたくなってきたね‥



話をレデボウリアに戻す



P5090457.jpg



レデボウリア ボトリオイデスの花は垂直した花茎の先端に蕾を付け

下の蕾から順番に開花するのであるが

その咲き方は花弁が開くというよりも豆の皮がむけた感じで可愛らしい



P5090463.jpg



白い蕾が

開花後は薄緑色へと変色していく、、

このやわらかなグラデーションはなかなかの美しさである

原種シンビジウムに花茎が垂れる





今朝のルセナは晴れ


P5080444.jpg


ここ数日

昼過ぎに強い風が吹き灰色雲が空を覆いだす


P5060387_20160508100557ebe.jpg


まだぱらぱらとしか降らなかったが

そろそろ土砂降りのスコールが降ってくれると

朝晩の気温も下がって少しは涼しくなるのだが、、

今日は降るかね?

午前9時の気温32度


妻の実家から

こちらでランカと呼ばれるジャックフルーツが届く


P5040311_20160508100554fbc.jpg


独特の強い香りを漂わせる黄色く熟れたジャックフルーツの実

大きな種を取り除き

艶やかな繊維質の種の外皮を食べる


P5040313_201605081005569ca.jpg


合成的な強い香りに癖があり子供たちは嫌って食べないが

香りに慣れてしまえば

しゃきしゃきと歯ごたえと甘さは癖になる美味しさで食べだしたら止まらない、、





さて、、





今朝庭に出て

遮光スぺースで水やりをしていると、、



P5080433.jpg



ん‥?


ドリップウッドに着生した原種シンビジウムの株から

垂れ下がった花茎を見つける



P5080439.jpg



昨日はバナナケーキ作りの手伝いで忙しく

庭の水やりもせず、、 ろくに庭も見なかったので気が付かなかったが

花茎はすでに50㎝ほどの長さに伸び

なんとも渋い色あいの蕾をぶら下げている



P5080427.jpg



例年乾季の後半に花を咲かせるシンビジウム フィンレイソニアナム Cymbidium finlaysonianum

今年もそろそろ株に動きが出て来るかな? とは期待をしていたが

これは嬉しいね~


乾季の楽しみはまだまだ続く‥

ワイルドオーキッドを買う





今日のルセナは晴れ


P5070399.jpg


空高く

こちらでサランゴーラ Saronggola と呼ばれる手作りの凧が青空に揚がる


息子がまだ小さかった時

乾季の夏休みになると近所の子供たちとサランゴーラを作って日中凧揚げをし

夕方になると家の前の道路に子供たちが集まり

それぞれ持ち寄ったトロンポ Turompo と呼ばれるコマを回して遊ぶのが子供たちの夏休み風景であったが

最近はサランゴーラもトロンポもあまり見かけることがなくなった

子供も大人も、、 朝から晩までうつむいて

手元のセルフォンばかりを無表情で静かに眺めているが‥ 

たまには空を見上げて遠くを見ないと目の輝きが失せてくるね

お昼の気温34度


明日は母の日マザーズディ

今朝は夜明けとともにマザーズディ用に注文の入った

シフォンケーキとバナナケーキを焼く手伝いをする


P5070393.jpg


お昼まで掛かったが、、 やっぱり暑い‥





さて、、





昨日の早朝

先日パピリオナンセの株を届けてくれた妻の知人から連絡が入る


話を聞くと、、

知人の家にまたオーキッドの売り子がやってきて

今朝はルデマニアナというワイルドオーキッドを売りに来たが

欲しければその売り子を我が家へ行かせるとのことであった


ルデマニアナ‥

ここでルデマニアナと言えば‥ ファレノプシスか?


1時間ほどして

仙人のような白髭を蓄えた

小柄で年配のオーキッド売りがやって来る


早速

売り物のワイルドオーキッドを見せてもらう



P5060357.jpg



ひとつはバタンガス産のファレノプシス ルデマニアナ (画像手前)

もうひとつはバナハウ産のサングーマイ (画像奥)

値段はどちらもP150ペソ


またワイルドオーキッドが手に入ったら持って来てくれるようにお願いし

ルデマニアナとサングーマイ両方買い取る



P5060360.jpg

並べてあるのは30㎝定規


小枝にはシダ植物も一緒に着生しているので分かりにくいが

ルデマニアナ Phalaenopsis lueddemanniana と言われた株は小枝にしっかりと根を張っているから

この株は一時誰かが栽培していたものであろう



P5060363.jpg



この小枝には

ルデマニアナの他にもう一種類ファレノプシスの小さい子株が付いている



P5060367.jpg



丸みを帯びた葉姿と葉裏の薄い錆色からして

これはルデマニアナではなくファレノプシス インターメディアの子株でないかと思うがどうであろうか?



P5060381.jpg



小枝に着生した大小どちらのファレノプシスも

花が咲くまで定かな種類は不明であるが、、

小枝に付いたこの原種ファレノプシスとシダ植物の姿はセンス良く

なかなか見事である



P5060375.jpg



ん~ これは今年一番の良い買い物

やはりシダ植物と原種蘭の相性は良い

これを参考にして自分も真似して作ってみようと考えるだけでも楽しくなってくる



そしてもうひとつ

バナハウ産のサングーマイ



P5060369.jpg

並べてあるのは30㎝定規


このサングーマイは紫色の花を咲かせると言っていたから

多分これはデンドロビウム アノスマム Dendrobium anosmum であろう



P5060373.jpg



ぶら下げて眺めてみると

どちらの株もなかなか雰囲気が良い


早速

シダ植物と一緒に着生したルデマニアナの株を遮光スぺースのパルメラの木陰にぶら下げてみる



P5070407.jpg



これはいいね~


画像では見え難いが‥

まるで昔からここにあったかのように

我が家の遮光スぺースに馴染み過ぎるほど馴染んでしまった、、 完璧


さあ、、

枯れずに花が咲く日は来るか?

楽しみは広がる

ポリスタキア コンクレタ Polystachya concreta を植える





今朝のルセナは晴れ


P5060353.jpg


今日も朝から暑い庭では

鉢植えのイランイランの木に花が咲く


P5060356.jpg


午前10時の気温32度


昨日久しぶりに

こちらでニラガと呼ばれる骨付きの豚肉を煮込んだスープを作ったので

ティファニーの乾麺を茹でてニラガラーメンを食べる


P5050333.jpg


子供は麺を大盛にして汗をかきながら食べていたが

暑い時に食べるラーメンも旨い、、


来週月曜日の投票日を前に

フィリピンの熱い暑い選挙戦も終盤

選挙権のない外国人の自分には特に興味もないが

時折、、 

家の前を賑やかな選挙カーが通り過ぎてゆくのを眺めていると、、


P5060335.jpg


昨日は箒と塵取りセットをもらう

今日はなんだろうね?





さて、、





今朝は

1月に花を咲かせたポリスタキア コンクレタ Polystachya concreta を植える



P5060339.jpg



ポリスタキア コンクレタ Polystachya concreta

これもまたこの地に自生する着生蘭

長く伸びた花茎の先に小さな黄緑色の花を上下逆さまに咲かせる



PB113878_20160506121601147.jpg

ひとつひとつの花のサイズは1㎝ほど



庭では今まで

このポリスタキア コンクレタの株はハンギングにしてあったが

今朝は鉢植えにしてみる



P5060343.jpg



用意したのは

庭に転がっていた使い古しのサイズNo.3の素焼き鉢と炭


素焼き鉢の底に浅く炭を詰め

その上にポリスタキア コンクレタの株を乗せ

株が倒れないように隙間に炭を詰め込んで植え込み終了



P5060348.jpg



ポリスタキア コンクレタの株は

一度花を咲かせた茎はもう花を咲かせることなく後は絶えていくだけであるが

その花を咲かせ終えた茎元からは次の新しい新芽が伸び始める



P5060349.jpg



この小さな新芽が順調に生長すれば

また今年の終わりから来年の初めにかけて

ポリスタキア コンクレタの花が庭で咲くのである



P5060347.jpg



さあ、、

枯れずに育つか?

リンコスティリス Rhynchostylis の株復活





今朝のルセナは晴れ


P5050331.jpg


ここ数日

午前中爽やかな青空が広がるが

午後からじめっとした空気が流れ込む

そろそろ、、 ひと雨欲しいところ‥


隣町に住む妻の知人が

こちらで Jade vine と呼ばれるヒスイカズラの花の写真を見せてくれた

話を聞くと、、

その隣町の山中にある滝壺へ水遊びに出掛けた時

その山中でヒスイカズラの花が咲いていたとのこと‥

ふ~ これは凄いね

ルセナ近郊の山中にあのヒスイカズラが自生しているとは驚いた、、

車いすではとても行ける場所ではないから自分は行けないが

こうしてヒスイカズラがこの地にも自生している話を聞いているだけで楽しくなってくる

きっと、、 そこには原種蘭も自生しているんだろうね

朝8時の気温30度


友人とビーチキャンプへ出掛けていた息子が帰宅


IMG_20160503_143752.jpg


行ってきたのは隣町のパグビラオ Pagbilao にある Kwebang Lampas と呼ばれる小さな島のビーチ

詳しくはこちら → Puting Buhangin Beach and Kwebang Lampas / Pagbilao


ビーチとしては小さいが

珊瑚の欠片でできた白い砂浜と透明度の高い海が素晴らしく

ここルセナ近郊のビーチの中では一番美しいビーチであろう


このビーチ

よくある他のローカルリゾートと違って電気もなければプールもない

波の音と風の音の中で純粋に自然のビーチでリラックスするだけの場所

今はどこでも開発が進み整備されたローカルビーチが多くなってきているが

こうした自然のビーチは貴重であり

蘭で言えば人工交配種と原種蘭の違いみたいなものであろう


ここで一晩キャンプをしてきた息子たち

昼間は海で泳ぎ波間で小魚を追いかけ、、 夜は満天の星空を眺めて楽しんできたようだが

昔と違って訪れる人の多さと散らかったゴミの多さにちょっと驚いたらしい、、


IMG_20160503_143533.jpg


今から25年ほど昔

故向坊弘道氏が主宰していたルセナの日本人障害者の家 G.L.I.P に自分が滞在していた時

ダラヒカン漁港からバンカーボートに乗り車いすで初めて連れて行ってもらったビーチがこのビーチ

その当時は確か‥ 島の名前はカパロスと呼んでいた記憶がある


その時

バンカーボートで乗り着けた初めて見る南国の眩しく白い砂浜と

無数のウニやナマコが見える透明度の高い海の美しさに感動し

アテンダントに手押し車いすごと海の中に放りこんでもらい

車いすから離れた体を海に浮かべ、、 青空に浮かぶ白い雲をしばらく眺めていた記憶が今も残っている

あの時ほど自由という言葉を感じたことはないが

このビーチには不思議な癒し効果があり人を惹きつける





さて、、





昨年の11月

遮光スぺースにハンギングしてあったリンコスティリス Rhynchostylis の株が

根元と茎の途中で腐ってしまい、、

根の生えていた部分が全て枯れ落ちてしまった‥



PB222567.jpg



残ったのは葉の部分だけ‥


この時

根が全くない状態だから

この株はもうだめだろうなと思いながらも

葉はまだ青々としているから捨てるのは勿体ないなと考え‥



PB222564.jpg



しばらくこのままの状態で遮光スぺースにハンギングして

このリンコスティリスの根無し株がどうなっていくのか?

ちょっと観察することにした


水やりも今まで通り

液肥も他の蘭と同じように週一回散布


年が明け

暑さ厳しい乾季に入り

下葉が一枚落ちて更に寂しい姿になってしまったが‥



P4290707.jpg



根無し状態でハンギングしてから5ヶ月が経過した現在

よく見ると、、

生長点の葉が少し大きく伸びてきていて、、



P4290711.jpg



へゴ板をひっくり返して見たら?


いつの間にか!

太い根が一本へゴ板を突き破って伸び始めていた



P4290713.jpg



お~

これは凄いね驚いた


この茎の短い葉先だけの状態で根を発生させて復活を始めるとは‥

いや~ 葉先を捨てなくて良かった



P4290717.jpg



今回

このリンコスティリスの復活を目にして

改めて蘭の生命力のしぶとさ強さに驚かされたのである

プラティセリウム グランデ Plathycerium grande へゴ板追加





今朝のルセナは晴れ


P5040282.jpg


遮光スぺースでは

プテロセラス アングイクラタム Pteroceras unguiculatum がひっそりと咲く


P5040259.jpg


まだ涼しい早朝

1時間ほど犬たちを庭で遊ばせる


P5040276.jpg


じゃれ合って遊び疲れた犬たちは、、 テラスで朝寝

午前10時の気温33度





さて、、





昨年4月

メトロマニラ ケソンシティーで買ってきた

このミンダナオ産 プラティセリウム グランデ Plathycerium grande



P4250303_20160111114217045_201605041023093b8.jpg

並べてあるのは30㎝定規


我が家で初めてのビカクシダであるが

買って来てから遮光スぺースの片隅にぶら下げておいたら

今年の1月に胞子葉と呼ばれる葉が伸びだした



P1090606_20160504102311f1a.jpg



その後も遮光スぺースに放置して数ヵ月

伸び始めた胞子葉は大きく生長して長く垂れ下がってきた



P5040247.jpg



ん~

買って来てからちょうど1年

なかなか良い感じになってきている、、



P5040254.jpg



1月から伸び始めた胞子葉は

今朝測ってみると約40㎝ほどの長さになっている


どこまで伸びるか知らないが

単純計算すると、、 一ヵ月で10㎝ずつ伸びた計算


あまり長く伸びすぎるとぶら下げる場所に困るから

この辺で伸びるのが止まってくれるといいなと思うのであるが?

さて、、 どうなんだろう‥



P5040246.jpg



へゴ板に着生している上の葉も

買って来た時よりは大きくなりつつあるのだが

ぶら下げて置いた場所が悪かったのか?

西日のあたるサイドの上の葉が茶色く変色して枯れてきている‥



P5040255.jpg



こうなってしまうと茶色く変色した葉は復活しないから

新しい葉が発生して茶色く変色した葉を外側から大きく包み込むのを待つしかないのだろうが

この1年で株が大きく生長したから、、 着生しているへゴ板が小さくなってきた気がする



で、、



今朝は

使い古しのへゴ板2枚をテラスに持ち込み



P5040264.jpg



コンクリートネイルを使ってへゴ板に穴を開け



P5040265.jpg



2枚のへゴ板を針金で縛って固定した



P5040267.jpg



この固定した2枚のへゴ板に

プラティセリウム グランデの株が着生したへゴ板を直接針金で縛って固定した



P5040273.jpg


こうしてプラティセリウム グランデの株をいじるのは初めてなので

これで良いのかどうかは知らないが、、

まあ、、 着生蘭と同じでこうしておけば後は勝手に着生するであろう



P5040270.jpg



これでへゴ板の追加も終わり

着生スペースにも余裕ができた


ぶら下げた感じもどっしりとして安定した感じになる



P5040289.jpg



良い感じである‥



P5040283.jpg



さあ、、

原種蘭咲く遮光スペースで存在感も増してきたビカクシダ

プラティセリウム グランデ



P5040297.jpg



オブジェだね~

デンドロビウム フィリピネンセ Dendrobium philippinense 咲く






今朝のルセナは晴れ


P5030187.jpg


空青く

適度な風が吹き抜ける早朝の庭では

爽やかなジャスミンの香りが漂う

朝8時の気温31度


妻の知人からオーキッドを頂く


P5020085.jpg


その知人の話では

種類は分からないが家に売りに来たとのこと、、


我が家がいろいろなオーキッドを集めているのを知って

わざわざ届けてくれたようだ


P5020089.jpg

並べてあるのは30㎝定規

頂いたオーキッドは原種ではなく

どうやらパピリオナンセ Papilionanthe のようである


P5020092.jpg


今朝早速

炎天下に置いてあるドリップウッドに株をくっつけておいた


どんな花が咲くかね?





さて、、





今朝の庭では

ドリップウッドに着生したデンドロビウム フィリピネンセが咲く



P5030195.jpg



細長く伸びた棒状の茎に

1㎝ほどの黄色い花を咲かせるデンドロビウム フィリピネンセ Dendrobium philippinense

その名の通り、、

フィリピンに自生する原種デンドロビウム


ずんぐりむっくりとした花姿に丸く幅広な大きなリップが特徴的であるが

折角花が咲いても、、

花が小さく庭ではあまり目立つことはない



P5030199.jpg



派手さはないが

ひっそりと庭で咲く原種蘭の姿というのも、、 これまた眺めていて楽しいものである

種類不明の原種ファレノプシス咲く






今朝のルセナは晴れ


P5020183.jpg


明け方じっとりとして蒸し暑かったが

陽が昇ると共に乾いた風が吹き始める

午前9時の気温31度





さて、、





3月中旬

遮光スぺースにぶら下げた

この種類不明の原種ファレノプシスの株から花茎が伸び始めた



P3210228_201605021022584a4.jpg



庭には種類不明の原種蘭がいくつかあるが

どれも、、 花が咲くまでは種類の確定はできないから

この原種ファレノプシスにしても一体どんな花が咲くのか? 

毎日楽しみにしながらひと月半が経過した昨日‥


ついに

最初の蕾が開花した



P5020162.jpg



素晴らしい‥


まだ花弁は大きく展開していないが

花色白く美しいファレノプシスが咲いた



P5020134.jpg



花のサイズは約8㎝

この咲いた花を見て

これはファレノプシス アマビリスかファレノプシス アフロディテのどちらかであろうと思い

リップ奥にある黄色くごつごつとしたカルスと呼ばれる突起物を見ると、、



P5020118.jpg



深く切れ込んだ谷間と鋭い突起‥

どうやらこの株は

ファレノプシス アフロディテ Phalaenopsis aphrodite のようである


フィリピンには多くの原種ファレノプシスが自生するが

このファレノプシス アフロディテもそのひとつ



P5020145.jpg



原種蘭の宝庫フィリピン

庭で種類不明の原種蘭の株が花を咲かせるたびに

この地の創りだした原種蘭の美しさに驚かされる



P5020178.jpg



素晴らしいね‥

パフィオペディラム アルグス Paphiopedilum argus 咲く






今朝のルセナは晴れ


P5010084.jpg


今日から5月

早いもので乾季も後半

これから徐々に天気が不安定になりスコールが降るシーズン


早朝

ラジオから流れてくるオールディーズを聴きながら

庭の蘭に液肥をスプレー

朝8時の気温30度


ケソン州マウバン Mauban のカグバレテ アイランド Cagbalete Island のビーチへ

友達と一緒にキャンプへ出掛けていた息子が日焼けして帰ってくる


話を聞くと、、

白い砂浜に遠浅のきれいな海が広がり

ビーチで遊ぶ観光客も少なく貸し切り状態だったとのこと

夜しか電気が使えなかったりと多少の不便さはあったようだが

この時期人が多くて騒がしいビーチリゾートやプールよりも

自然そのままのビーチが気に入ったようである

カグバレテ アイランド → Travel Pilipinas  Cagbalete Island

ルセナからマウバンまでバスで約1時間 P60ペソ
マウバンの港からカグバレテ アイランドまでボートで約40分 P70ペソ

設備の整ったリゾートよりも

こうしたシンプルなリゾートの方がリラックスするには良いだろうね





さて、、





遮光スぺースでは

昨年12月に花芽を伸ばし始めたパフィオペディラム アルグス Paphiopedilum argus が

一昨日ようやく、、 開花を始めたのであるが‥



P4290705.jpg



どうであろうか?

この不気味な雰囲気‥ 


パフィオペディラム アルグスの花を見るのは初めてだが

花弁のこの黒い斑点模様と細かい毛を生やした姿はなんとも不気味でありながら

どこか人を惹きつける不思議な魅力と美しさを感じる、、



P5010051.jpg



30㎝ほどの長さに伸びた花茎の先端に咲く花のサイズは約6㎝ 1茎1輪


ここフィリピンはパフィオぺディラムの自生地でもあるが

このパフィオペディラム アルグス Paphiopedilum argus もまた

この地に自生する原種パフィオぺディラムのひとつ



P5010064.jpg



バンダやデンドロビウムなどの華やかで美しい原種蘭とは違い

日陰者的不気味さと渋さを感じる原種蘭パフィオぺディラム



P5010075.jpg



見れば見るほど、、

この独特な雰囲気に惹きつけられてゆくのである

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR