FC2ブログ

コロッケサンド

隠居です




今日のルセナは晴れのち曇り


P7302557.jpg


朝方気持ちよく晴れていたが

昼から一気に曇りだし

少し小雨もぱらついて来た、、

お昼の気温33度





さて、、





裏庭の遮光スペースにぶら下げてある

ワリンワリンの株、、



P7292543.jpg



最近新しい花が咲いていないので

左右に広がる大きな葉と

株から垂れ下がった無数の気根を毎日眺めているだけであったが、、


そんなワリンワリンの一株から

久しぶりに花茎が勢いよく伸びだしてきた、、



P7292531.jpg



これは、、 嬉しいな


この花茎を伸ばし始めたのは

バンダ・ロバート デライト ピンク V. Robert delight pink の株



この株元からは

ふたつの小さな子株も発生しているので

子株も出て来る花も咲くなんて、、

これはなんとも素晴らしいワリンワリンではなかろうか?


伸びた花茎を見ていると

蘭のボディーガード役のアリたちが

ワリンワリンの花茎からにじみ出る蜜を舐めに集まっている



P7292537.jpg



アリと蘭の共存の姿はここにもあった、、




っと、、




先日

日本で車上生活を続けているWild Mineさんのブログを拝見していたら

美味しそうなコロッケの画像を見てしまった、、


そのせいか、、?

最近コロッケを食べていなかったせいもあるだろうが

なんだか無性にコロッケが食べたくなり

昨日はコロッケを揚げて夕食に食べる


ん~

たかがコロッケ、されどコロッケ


揚げたてのコロッケとウスターソースの組み合わせは

ご飯のおかずとしても最強だと思うのだが?

子供たちに言わせると

コロッケはご飯のおかずじゃなくて、、 感覚的にはおやつの部類になるらしい


まあ、、 

そう言われると分からない気がしないでもないな、、



今朝は

昨夜残ったコロッケをトースターで温めて

双子娘にコロッケサンドを作ってあげたら喜んで食べていた



P7302565.jpg



食パンに染み込んだソースがこれまた美味しいのだ、、


ではまたです
スポンサーサイト

大凶作

  • 2014/07/29 11:36
  • Category: 水田
隠居です




今朝のルセナは晴れ


P7292506.jpg


ここ数日

早朝爽やかなお天気が続き気持ちがいい、、


今日はイスラム教のラマダン明けのため祝日となり

子供たちの学校も休み

今月は台風での休校もあったけど

子供たちには休みの多い月となった、、

朝9時の気温31度


今朝ズンバ教室に通う妻が

先日の台風でドリップウッドから外れたり折れてしまった庭のバンダを

ひとまとめにして教室へ持っていく、、


P7292509.jpg


ズンバ教室に通う妻の友人たちが

以前からバンダを分けて欲しいと言っていたそうなので

今回ちょうどいい、、

各家々できれいな花を咲かせてくれると嬉しいな





さて、、





先日の日曜日は

今年2回目の稲刈りだったので

いつものように

近所の人たちに稲刈り作業をお願いする、、



P7272406.jpg



妻の話では

先日の台風で稲は根元から倒れ

田んぼには風で飛ばされてきた小枝や落ち葉が沢山、、


そして

倒れた稲穂の下になった部分は

雨で湿った田んぼの土がついている



P7272411.jpg



先日の台風で

雀たちの餌場が少なくなったせいか

台風が去った後

田んぼには無数の雀たちが集まっていたと近所の人が話してくれたそうだ、、



今回は

4月の田植えを終えた時点で用水路の工事が始まり

乾季のシーズンに十分な水が田に引けなかったので

田植え後の稲の成長も良くなかった、、


今月初めに稲刈りを終えた近所の人たちの話しでは

どこも稲の実入りが悪く予想外の不作だったと肩を落としていたらしいので

妻も自分も今回の稲刈りは最初から肩を落とした状態の諦めムード、、



P7272427.jpg



人夫さんたち

倒れた稲を刈り取るのはこれまた大変だろうな、、


この日は

昼過ぎから脱穀屋さんをお願いして

刈り取ったばかりの稲穂を脱穀してもらったが

脱穀屋さんの稼ぎは歩合制なので

脱穀後の少ない籾に、、 脱穀屋さんも肩を落としただろう、、



P7272450.jpg




で、、



脱穀も終わり

サックに詰め込んだ籾米を米問屋さんに運んで買い取ってもらう


いつもはジープニーで籾米が入ったサックを米問屋さんまで運んでもらうが

今回は、、 トライシケルで1回米問屋さんまで運んで終わり、、


米問屋さんでの計量の結果

今回の収穫


籾米全部で 193kg

買取価格は 12ペソ/kg(籾米)



ふ~   ‥ 大凶作 ‥



今回は

今年2月豊作だった時の1割にも届かない収穫量

買取価格も籾米が黒っぽく変色しているのが少し混ざっていたのが影響した


予想していた以上に悪すぎたな‥



さあ、、

8月中に田植えを終えて次の稲刈りに期待しよう!





で、、




この稲刈りをした日曜日

妻の妹が女の子を出産、、



P7282503.jpg



ニュースでは

この日、7月27日にフィリピンの人口が1億人を超えたそうだ (統計上ね)


フィリピンの統計では

今後もどんどん人口が増えていくらしい


そうだろうな、、

ここでは

どこへ行っても子供の姿を見かけるし

ご近所さんでも毎年どこかの家で赤ちゃんが生まれ

家の前の道路をベビーカーを押す人の姿をいつも見る、、


昔住んでいた日本であれば

少子化とやらで学校へ通う児童生徒数が減少し

学校の統廃合が行われているのであろうが

ここでは児童生徒の数が多すぎて

学校の建物、教室が足りない状態がずーっと続いている、、



そして

フィリピンは国民の平均年齢が23.4歳(2010年センサス)という若さを見れば

これからもまだまだ人口が増え続けていくのは確かな事なのであろう、、


pr1266f1.gif
NSO (National Statistics Office) ホームページより

フィリピンの人口ピラミッドはきれいなピラミッド


詳しい2010年センサス統計報告はこちら → NSO (National Statistics Office) ホームページ



そして、、

World Population Review のホームページ(フィリピンの人口)では

過去そして将来の人口統計を見る事が出来るが、、


過去 

 年    人口       増減比率
1950  18,580,000    N/A%
1960  26,272,000    41.40%
1970  35,805,000    36.29%
1980  47,398,000    32.38%
1990  61,949,000    30.70%
2000  77,652,000    25.35%
2010  93,444,000    20.34%


将来の予想

 年    人口       増減比率
2020  112,635,000    20.54%
2030  135,469,000    20.27%
2040  160,735,000    18.65%
2050  189,979,000    18.19%
2060  224,443,000    18.14%
2070  264,907,000    18.03%
2080  313,159,000    18.21%
2090  371,097,000    18.50%
2100  440,489,000    18.70%

以上の統計数値はWorld Population Reviewより


詳しくはこちら → World Population Review



しかし、、

このままで食料が足りるのか?


ではまたです

セロジネ咲く

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P7282497.jpg


爽やかな乾いた風が吹く

気持ちのいい早朝、、


庭では

鉢植えピーマンが大きくなりだした


P7252358_20140728095849cdb.jpg


朝8時の気温30度





さて、、





ここ数日

庭で咲きはじめたのが

昨年Wild MINEさんから頂いた貴重なセロジネ



P7282489.jpg



今回折角咲きはじめたセロジネだけど

どうやら花が花茎にくっついたような窮屈な状態で咲いている


今年の1月に咲いたときのような

花に広がりのある開花では無いのが残念、、


ん~

定かな原因は解らないが

鉢を置いてあった場所の日当たりが悪すぎたのも

ひとつの原因かも知れないな、、


株から出て来る新しいバルブも

徐々に小さくなってきているのでこのままではまずいだろう



P7282496.jpg



一度植え替えて置き場所を替えてみようか、、




っと、、

今朝はセロジネの今後を考えながら‥?




今朝は

昨日へゴ板付けにしなかった

残りのファレノプシス シレリアナの子株二株を

使い古しの素焼鉢に割れた素焼鉢の破片と炭を詰めて

子株を植え込む、、



P7282471.jpg



ん~ なんとも可愛い姿である


一株はドリップウッドに着生させようかとも考えたが

今朝一株を素焼鉢に詰めて眺めていたら

素焼鉢の上にちょこんと乗っかった子株の姿が可愛く見えて

結局、、 二株とも素焼鉢にしてみた、、


ワイルドオーキッドらしさは半減するが

まあ、、

これならいつでも手の上に乗せて

成長過程を眺められるので

これはこれで今後の楽しみとなるだろう


ではまたです

へゴ板付け

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P7272393.jpg


今日は今年2回目の稲刈り

このまま一日晴れてくれると嬉しいけれど、、?

朝9時の気温30度





さて、、





爽やかな日曜日の早朝

いつものようにラジオのボリュームを大きくし

流れてくるオールディーズを聴きながら庭に出る、、



今朝は

庭の蘭に液肥のスプレーを適当に終え

その後は、、

テラスにファレノプシス シレリアナの子株とへゴ板を用意し

シレリアナの子株をへゴ板にくっつける、、



P7272389.jpg



先日

友人宅から物々交換して頂いて来たシレリアナの子株


今年出た子株なので

葉を広げても手の平サイズと可愛く小さいが

着生物に根が張り出せば

これからどんどん成長していく、、



P7272401.jpg



穴を開けたへゴ板へ

細い針金で子株をグルッと縛り付ければ作業は終わり


単純な作業なので

指のリハビリにはちょうどいいが

いつもの事ながら、、?

細い針金を固く縛りつけるのがいまいち上手くいかないな、、


まあ、、

針金の縛りがゆるくて多少子株が動いても

そのうちに根がへゴ板に着生してくれば問題は無い、、



P7272396.jpg



今朝は友人宅から頂いた子株5株のうち

3株だけをへゴ板付けにしたが


さて、、

残りの2株は‥


ドリップウッドに着生させようか、、?

それとも手にとって鑑賞できるように素焼鉢に植えてみようか、、?


ん~ どうしようか

これはこれで楽しい悩みだな


ではまたです

揚げバナナと焼きバナナ

隠居です




今日のルセナは晴れ


P7262377.jpg


朝から気持ちのいい青空が広がるが

日中、、 通り雨が降りだしてちょっと蒸し暑くなってきた、、

お昼の気温32度





さて、、





先週

台風の去った後

妻が実家の田んぼの様子を見に行ったとき

台風の風で実家の庭に植えてあったバナナの木が倒れ

もうしばらくすれば食べ頃になるバナナが落ちていたので

2種類のバナナを家に持ち帰り庭のブランコの上に放置、、



P7212135_20140726093951005.jpg



どちらのバナナも

皮が黄色く色付いて数日すれば食べ頃となる、、



P7262384.jpg



太くて短いサババナナは

調理用バナナとしておやつにもおかずにもなる優れもの

我が家では人間の他にも

庭で飼っているショウジョウインコの餌となる、、


そして

ショウジョウインコの食べ残したサババナナをお目当てに

庭には毎日メグロヒヨドリが飛んでくる、、



P7252353.jpg



ここではどこにでもいるメグロヒヨドリ

鳴き声がきれいで特徴的なので

姿が見えなくても鳴き声で庭に来たのがわかる

野鳥が集まってくる庭は眺めていて楽しいものだ、、



そしてここ数日は

昼間のメグロヒヨドリとは別に

夜な夜なコウモリがテラスに来ては

インコ用に置いてあるサババナナを食べていく


コウモリはバナナの食べ方が非常に行儀よく

バナナの皮の一部分だけに穴を空け

そこから中のバナナの身をきれいに食べ尽くしていく、、



P7252339.jpg



ん~

コウモリって几帳面な性格なのかも知れないな、、




で、、




ここ数日

庭に置いてあるサババナナが一気に黄色く食べ頃となり

さすがに庭の鳥たちやコウモリだけでは

食べきれなくなってきたので、、



P7242333.jpg



子供たちの大好きなバナナの春巻き

トロンを作る、、



P7262378.jpg



揚げたて熱々のバナナ春巻き

皮がパリッとして

包まれた中のバナナはふにゃとろ状態


砂糖も何も入れてないので

バナナだけの優しい甘さは

子供たちのおやつにはちょうどいい



そして



昨日の夕方は炭をおこし

皮を剥いたサババナナを弱火でじっくりと炙る、、



P7252369.jpg



少し焦げて表面が硬くなった熱々のバナナからは

ほのかに焼き芋の香り、、


熱々焼きたての炭火焼きバナナをふーふー言いながら頬張れば

炙られて乾いた外側は適度に硬く歯ごたえよく

熱々の中身はほくっとして微かな甘酸っぱさが口の中に広がる、、


揚げバナナと焼きバナナ

この素朴な美味しさは

これからも子供たちに覚えておいて欲しい味なのだ、、


ではまたです

物々交換 ファレノプシス シレリアナの子株

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P7252356.jpg


久しぶりにすっきりとした青い空

サラサラと乾いた風が気持ちよく、、

昨日の雨降りで湿った庭も一気に乾きそう

朝8時の気温29度





さて、、





先日

友人宅へ出掛ける前に

裏庭のファレノプシス シレリアナの親株から伸びた子株を

3株カットする、、



P7232276.jpg



今年は

10株ほどの子株が親株から垂れ下がっているが

今のところしっかりと根が出ているのはこの3株

残りの子株ももうしばらくすれば根が出て来る、、



で、、



先日

友人宅へお邪魔したとき

このカットしたシレリアナの子株と

友人宅のシレリアナの子株と物々交換してもらって来たのだが、、


優しい友人は

5株も分けてくれた、、  嬉しすぎるな、、



P7242316.jpg




ファレノプシス シレリアナ Phalaenopsis schilleriana

胡蝶蘭の原種であるこの蘭も

この地域に自生する着生蘭



今回

友人から分けて頂いたシレリアナの子株の中に

1茎から3本の子株が発生しているものがあったが

これは珍しい、、



P7242320.jpg



今まで毎年

我が家で発生したシレリアナの子株は

1茎にひとつの子株しか発生した事は無い


今回友人のお陰で

1茎に複数の子株が発生した姿をはじめて見ることができたが

さすがは友人宅のシレリアナ群生地ならではの出来事であろうか、、



ん~

まだまだ知らない事が多すぎるシレリアナ



今回

我が家のシレリアナと友人宅のシレリアナの子株を交換してもらったのには訳がある


それは今年

我が家でも友人宅でも数年ぶりにシレリアナが開花したが

我が家で開花したシレリアナの花と

友人宅で開花したシレリアナの花を見比べると

同じファレノプシス シレリアナでありながらも花弁の形が違うのだ、、


原種蘭好きの自分にとって

これほど面白くわくわくさせる出来事はない、、



以前も日記に記したが

再度今年開花した画像を見比べると違いは明らか、、



P4190753_201404201103441bf_20140725101125fee.jpgP3310481_20140420110342c77_20140725101124c8e.jpg
我が家のシレリアナ ↑                      友人宅のシレリアナ ↑

(花の色の違いは光線の影響、、)


我が家のシレリアナの花弁は丸みが小さくスリムな形

友人宅のシレリアナの花弁はボリュームのある丸みで胡蝶蘭らしい形



どちらも人工交配はされていないので

ここフィリピンの山中で長いながい年月をかけ

それぞれの株がそれぞれの自生地で自然交配を繰り返してきた結果が

花の違いに出たのではなかろうか、、?



P7242324.jpg




‥ っと、、

素人ながらも想像しただけで

なんとも原種蘭らしくロマン溢れるものである、、



今年は咲かなかったが

我が家には去年ケソン州の太平洋側に位置するロペスから頂いて来た

ファレノプシス シレリアナの株もあるので

一体どんなシレリアナが咲くのかこちらも非常に楽しみで興味深い


さあ、、

来年咲くかな!?


ではまたです

子犬

隠居です




今朝のルセナは曇り

ちょっと涼しく

晴れて来そうな感じだけれど、、?

朝8時の気温29度





さて、、





我が家に子犬が来てから

あっという間にひと月が過ぎた、、


来て間もない頃は

食べが悪かったりしたのでちょっと心配したが

日が経つにつれ、、 

環境にも家族にもなれてきたのか

食事量も増えてすくすくと成長し

毎日家の中や庭をちょこちょこと短い脚で飛び回る姿が可愛らしい、、



P7232310.jpg




で、、




昨日は昼過ぎに青空が広がってきたので

久しぶりに電動車いすに乗って外へ出る、、



P7232282.jpg



先週の台風の去った後

電動車いすで外出するのははじめて


道路脇にごみなどは積まれていないが

時々道に落ちている古釘や針金などをタイヤで踏まないように注意しながら

ジープニーやトライシケルの横をすり抜け

大通りの端っこを電動車いすでゆっくりと進む、、



P7232290.jpg



幸いルセナは電気も復旧し

我が家も普通の生活に戻れたが

ニュースによるとケソン州の約半分の地域がまだ停電しているらしい、、



と、、



台風後の大通りを進み

昨日向かった先は、、


先月

我が家へ可愛い子犬を譲ってくれた

日本人の友人のお宅


友人も自分と同じく頚椎損傷で車いす生活なので

身体的なことから地域のことなどの情報交換も非常に役立つが

昨日は子犬の飼い方について

サンミゲルを飲みながらいろいろと教えてもらう、、



前回お邪魔したとき

片手に乗るぐらいのサイズだった友人宅の子犬のパグは

ちょっと見ないうちにすっかり大きくなっていて驚いた、、



P7232308.jpg



ぷにゅっと太いシワが寄ったペッタンコの顔

ギョロッとして離れた目

ペッチャンコに潰れた鼻に大きな口

大きな顔の面積に比べたら申し訳無さそうなくらいに小さな耳、、


表情豊かで黒く塗られた顔といい

パグって犬の歌舞伎役者だな、、


ん~ パグ‥

なんともブサ可愛いすぎるのだ!!


友人宅では何種類かの犬を飼っているので

行く度に色々な犬の表情が見れて非常に心が和んでしまう、、



昨日はそうして和んでいるうちに

夕方雲行きが怪しくなり、、

強い風が吹き雨が降り出してきたので

電動車いすごとポンチョを被って帰途に着く、、


たまには小雨の降るなかポンチョを被り

電動車いすで走るのもこれまた楽しかったりするものだ、、



P7232302.jpg



昨日見かけた年季の入ったトライシケル

渋くてなかなか良い感じ、、


ではまたです

デンドロビウム クルメナタム咲く

隠居です




今朝のルセナは曇り

すっきりしない空の下

サングーマイの茎で休むトンボ、、


P7232202.jpg



トンボがやや水平に止まっているから

雨は降らないのかも知れないな、、

朝9時の気温30度





さて、、





今朝庭に出て

昨日蕾がぷくっと膨らんでいた

鉢植えのデンドロビウム クルメナタムを見に行くと、、



P7232225.jpg



おぉ~!

なんともきれいに咲いた!



白い花の姿かたちが

どことなく白い鳩をイメージさせるので

別名ピジョン オーキッドとも呼ばれるこのデンドロビウム クルメナタム



P7232228.jpg



これも

この地域に自生する着生蘭

白い花のサイズは4㎝~5㎝ほど

リップには透き通るような黄色が入り美しい、、



P7232255.jpg



開花した花は翌日には萎れてしまうので

気をつけていないと、、せっかく咲いた花を見落としてしまう


そして花に近づくと

デンドロビウム クルメナタム特有の

湿布薬のような、、 すーっとする香りが漂ってくるのがこれまた面白い、、



P7232220.jpg




この蘭の開花条件は

雷雨やスコールなどにより

急激な気温の低下があった日から数えて9日目に花が咲くので

今回の開花は先週火曜日の台風9号が引き金となったようだ、、



で、、



今朝

庭で咲いた何株かのデンドロビウム クルメナタムの花を見ていたら

株によって少し花の様子が違っている事に気が付いた、、



この株は花弁が細めでスリムな姿をしていて

リップ部分も細く途中にはキュッとしぼりが入る、、



P7232235.jpg




しかし、、



もう一株

別に咲いたデンドロビウム クルメナタムの花を見てみると

花弁はちょっと太めで

リップも幅広く、、 このリップにはしぼりが入らない、、



P7232268.jpg



ん~

どちらもなかなか個性があって面白い、、


ではまたです

デンドロビウム クルメナタムの蕾

隠居です




今朝のルセナは曇り


P7222182.jpg


昨夜ひと雨降ったらしく

サフランモドキの花に雨露が残る、、

朝9時の気温28度


今日はケソン州にも豪雨注意報が出ているそうで

全ての学校が休校になっているけれど、、

これから降るのかな?





さて、、





今朝テラスに出て

いつものように庭のショウジョウインコに朝食のバナナをあげようと

テラスに置いてあるバナナを手に取ろうとしたら、、



ん‥?



P7222141.jpg



バナナの皮に穴が開けられ中の果肉が食べられて

そして所々皮には鋭い引っ掻き傷もある、、


あ~ この食べ方は‥

コウモリの仕業だな


普段は

テラスに置いてあるバナナをコウモリが食べに来る事は無いが

先週の台風でいつもの餌場のバナナの木が倒れてしまい

手頃な餌となるバナナが無くなってしまったので

我が家のテラスまで出張してきたのだろう、、



そう言えば、、

先週の台風が去った後

外が暗くなると大きなコウモリが庭を飛び回り

ショウジョウインコのケージの下に落ちたインコの食べ残しバナナを

大きなコウモリが食べに来ていると息子が言っていた


ん~

どうやら台風の影響はコウモリにもあったようだ、、




と、、 

そんなコウモリのことを考えながら

曇り空の庭に出ると、、




庭ではデンドロビウム クルメナタムの蕾が大きく膨らみ

そろそろ、、開花しそうな感じ、、



P7222152.jpg



ピジョン オーキッドとも呼ばれるデンドロビウム クルメナタム


この蘭の開花条件は

雷雨やスコールなどにより

急激な気温低下(摂氏で5.5度、華氏で10度以上)が引き起こされた日から数えて9日目に花が咲く‥


ん~

今回は先週の台風9号が引き金となったか?



P7222161.jpg



ではまたです

サフランモドキ咲く

隠居です




今朝のルセナは曇り

北上していく台風10号の影響か?

どんよりとした空模様、、

朝9時の気温30度



P7212140.jpg


今朝は揚げたての美味しい揚げバナナを食べる


家の前の空き地に生えていた無数のサババナナの木は

一本残らず全てが折れて倒れてしまっているが

恐らくここに限らず

台風の通過した地域ではこれと同じだろう

ん~ これからバナナの値が上がる、、





さて、、





薄暗い今朝の庭では

鉢植えのサフランモドキが花を咲かせる



P7212132.jpg



うまい具合に台風が去った後に花を咲かせてくれた

花が少なくなった庭を明るくしてくれる姿はなんとも嬉しい限り


これが一週間早く咲いていたら

荒れ狂う風で庭のごみと化していただろう、、




そして、、




昨日

今回の台風で落ちたり割れたりした鉢植えの蘭の整理をしていたら

いつの間にか、、

鉢植えのセロジネから花茎が伸びて

白い花が咲く寸前になっていた



P7212111.jpg



ん~ これは嬉しい

またセロジネの美しい花が見られそうだ、、



台風が去った庭では

またいつものように花が咲き始め

またいつものように蝶が舞う、、



P7202099.jpg



庭の遮光棚にぶら下げた蘭の株には

黒いアゲハチョウが美しい翅を広げて止まっていたけれど

よくもあの暴風から身を守れたものだと思わず感心してしまった、、


ではまたです

ようやく復旧 台風9号

  • 2014/07/20 20:58
  • Category: 日常
隠居です




今日のルセナは晴れ時々曇り


P7202107.jpg


つい先日まで

葉が生い茂っていた隣家のマンゴーの木も

ずいぶんと風通しが良くなってしまった、、

日中気温33度





さて、、





先日の15日火曜日の夜

台風9号の接近に伴いルセナも暴風が吹きはじめ一瞬にして停電となり

そして、、

轟々と音を立てて吹き荒れていた風が夜中の3時ごろにピタリと止み

今まで暴風に煽られて荒れ狂っていた隣家のマンゴーの木が小枝一本も動かさず

ちょろちょろと雨樋を流れ落ちる水音だけが静かに聞こえるほどの

なんとも気味の悪い静けさとなる、、



どうやらこれは

台風の目に入ったな、、


ベッドに入っても眠れずにいた自分も家族も

静まり返った外の音に聞き耳を立てる


家の前の道路から

数人の立ち話が聞こえてくるのは

風がピタリと止んだのを合図に

近所のおじさんたちが家から出てきて家々辺りの安否を確認しているらしい、、



それからしばらくして

非常に長い時間とも感じた不気味な静けさは

すっと吹いてきたひと風が一瞬にして隣家のマンゴーの木を揺れ動かしたかと思うと

先ほどよりも強烈なまるで破壊的で恐怖とさえ感じる轟音と共に暴風雨が吹き荒れてきた、、



不気味で押しつぶされそうな轟音と共に

どこかでトタン板が剥がれて舞い飛ぶ悲鳴のような高い音

どこかで風の力に負けたドアがばたんばたんと開け閉めを繰り返す低い音が響く



そして長い時間が過ぎ

外が白々と明るくなるにつれ風音も弱まり

外がはっきりと明るくなった頃には風も力をなくし

じっとりとした生暖かさだけが残っていた、、




P7162030.jpg



台風が去った庭では

バンダやモカラを着生させて庭先に置いてあったドリップウッドが将棋倒しになり

鉢植えの素焼鉢は割れ、、

遮光スペースに張ってあった遮光ネットは切り裂け

ハンギングしてあった蘭などはほとんどが風に煽られて地面に落ち

隣家のマンゴーの木から舞い落ちてきた葉や小枝が庭を覆っていた、、



今回は台風の直撃を受けたので

庭の被害状況は

眠れぬベッドの上で予想していたどおりとでも言うべきか?


幸いに

心配した家の屋根のトタン板も飛ばずに張り付いてくれており

少しの雨漏りだけで済んだのは嬉しい限り、、



この台風で

停電と共に我が家では携帯電話、家のランドラインも不通となる

子供たちの学校も休校



昼間は家の内外の掃除と片付け

四日間停電が続いたので

冷蔵庫、冷凍庫の中に入っている食品が傷んでしまう前に

順々に料理して食べていく、、


なので

台風直後の割には、、豪華な食卓が続いたな、、?



P7162035.jpg



夜は家族揃ってキャンドルの明かりで夕食となる



ん~

なんとも懐かしい、、


その昔

今から約20年前

ここルセナにあったG.L.I.P 日本人障害者の家にホームステイした時は

毎日のように停電していたので

当時向坊さんや他の日本人の障害者の方たちと共にキャンドルの明かりで夕食を食べ

夕涼みに外へ出て満点の星空を眺めて火照った体を涼ませたものだ、、

非常に懐かしい‥



P7162045.jpg



今回我が家でも

キャンドルの明かりでの夕食後

家族みんなでテラスに出て夕涼み、、


双子娘は

キャンドルの明かりの中バイオリンの練習を始める

静かな暗闇に響くバイオリンの音もなかなか良い雰囲気である


自分は息子に車いすを押してもらい家の外の道路に出る

そして暗闇の中

車いすから空を見上げると、、

時折雲の切れ間から光り輝く星空が姿を現す


じっと天を見上げる

目が慣れてきて徐々に星の数が増えてくる


そう言えば昔

G.L.I.P 日本人障害者の家で満点の星空を眺めていた時

一緒にステイしていた日本人の方が

「やっぱり赤道に近い方が空も澄んでいて星が近くに見えますね。。」

っと話されていたことを思い出す、、



最近はありがたいことにここでも停電が減り

さらに家の前には街灯がついて夜でも明るいので

我が家では昔のG.L.I.Pで見た

あの降り注ぐような満天の星空は見れなくなってしまっていた、、


今回短時間であったが

懐かしい星空を家族と共に眺められたのは

これまたひとつ楽しいひと時となったのだ、、



P7202102.jpg



今回の停電の間

役立ってくれたこの携帯ラジオ


16年ほど前

日本で買って来たソニーの携帯ラジオだが

FM、MW、LW、SWが聞ける優れもの


当時

ここの我が家ではテレビも無く

勿論ネットも携帯もない時代、、


唯一日本の情報が聞けるものといえば

日本のラジオ短波放送だった


毎晩この携帯ラジオを枕元に置き

微妙なチューニングとアンテナの角度を絞り

途切れ途切れに聞こえる日本からの短波放送に耳を傾けたものだ、、



それにしても

まさか、、

このラジオをまた使う日が来るとは思ってもいなかったし

16年経った今でもこの携帯ラジオが使えるとも思っていなかったが、、

ん~ さすがは日本製ソニーか?



そして

この携帯ラジオ

どうやら息子が気に入ったらしく

何を思ったか、、?



P7192056.jpg



台風が去った翌日の夜

庭に息子がテントを張り、、 

ラジオを聴きながら一晩テントで夜を明かす


ん~

男ならなんとなくわかる気がするが‥ 庭でサバイバル気分か?




そして昨夜

近所から一斉に歓喜の声が響き渡り、、

四日ぶりに電気が復旧し


今日の昼間には外で切れていた電話線もつながり

ランドラインもネットも無事復旧、、



これで

またいつもの生活に戻ることができたが

庭で飼っているインコのケージには

昨日今日とどこから飛んできたのか?


黄色いインコが1羽飛び回っている、、



P7202060.jpg



ん~

どこかで飼われていたインコが台風で逃げたのかな、、?



ではまたです

デング熱予防 蚊とりペットボトルを作る

  • 2014/07/15 10:43
  • Category: 日常
隠居です




今朝のルセナは曇り時々小雨

台風9号接近の影響か

どんよりとした薄暗い雲が空を覆う、、


1409-00 (2)


今夜から明日に掛けて荒れそうだな、、

朝8時の気温28度





さて、、





今朝のルセナは静かな無風状態だけど

ケソン州も台風警報シグナル2となったので

双子娘の通うハイスクールも今日は休校となった、、


なので

今朝は双子娘が子犬と一緒に外を駆け回る、、



P7151980.jpg



双子娘も今日はゆっくり子犬と遊べそう




で、、




今朝は

子犬の散歩を終えた双子娘と一緒に

蚊とりペットボトルをテラスで作る



このシーズン

雨も多くなり庭の植物には嬉しいが

それと同時に、、

デング熱を媒介する蚊も増えるのがこのシーズン


自分も子供たちもここでデング熱に罹ったことはあるが

残念ながらデング熱に効く薬はないのでデング熱に罹ったら

高熱にうなされながらも水分補給と解熱剤を飲んで安静にしている他はない、、


デング熱に罹らないために一番なのは蚊に刺されないことだけど

ここに住んでいて一年中蚊に刺されないようにすることは難しいので

じゃあ、、 どうしたら良いかと考えると?

できるだけ蚊に刺されないようにするのが現実的なデング熱予防


全ての蚊がデング熱やマラリアを媒介する訳ではないが

家や庭に飛んでくる蚊を退治して減らして

蚊に刺される確率をできるだけ少なくすれば

デング熱やマラリアに罹る確率も減少する、、




っと言う事で、、?




こちらを参考にして ↓ 


数万人の命を救った「蚊とりボトル」とは?ペットボトルで簡単に蚊を撃退する方法


蚊とりペットボトルを作る



材料は

   ・ペットボトル (1.5ℓ~2ℓ)
   ・水
   ・砂糖
   ・ドライイースト



P7151986.jpg



ネットでの作り方には

水200mlに砂糖50gとイースト1gを混ぜると書いてあったけど

正確に分量を測るものがなかったので、、



今朝は

上部をカットしたペットボトルにコップ一杯の水と

砂糖大さじ山盛り三杯(これで約50g)を入れ

そこに、、

市場で買ってきた小袋のドライイースト(P10ペソ/10g)から



P7151996.jpg



これで1gくらいかな~? っと思う分量をペットボトルに入れ

水と砂糖、ドライイーストを混ぜて溶かせば、、?


これで

蚊とりペットボトルの完成、、 かな!?



P7152003.jpg



顔を近づけると

イーストの匂いが鼻をつくけど、、


これでこのペットボトルの中から

水と砂糖、イーストが混ざる事により二酸化炭素が発生し

周辺の蚊を誘き寄せ集め、、


集まってきた蚊たちが

この逆さまに差し込んだペットボトルの口の部分から

ペットボトルの中に入り、、



P7152004.jpg



そして

ペットボトルの中に入った蚊は外へ出られなくなって

蚊は溺れて死んでしまう、、



ん~ 素晴らしい



これほど安くて簡単でどこでも手に入る材料で作れて

さらに後は蚊の集まりそうな暗い場所に放置しておくだけで

蚊が退治できるなんて夢のようだな、、



P7152006.jpg



今朝は4本の蚊とりペットボトルを作った


そして

蚊が集まりやすいように

ペットボトルを黒い紙などで覆うとさらに良いとの事なので

新聞紙でペットボトルをぐるりと巻いて、、



P7152012.jpg



これで蚊とりペットボトルの完成!!


早速

手伝ってくれた双子娘に

雨の当たらない軒下に蚊とりペットボトルを配置してもらったけど

これで本当に蚊が捕れるのか?

自分も双子娘も、、なんだか楽しみになってきた、、


あとは2週間ほどの間隔で

ペットボトル内の水、砂糖、イーストを入れ替えていけば良いのかな?


さあ、、

蚊はとれるのか?!


ではまたです

ミクロペラの開花シーズン

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P7141961.jpg


穏かなお天気だけど、、

台風9号がルソン島に接近中らしいので

今朝は嵐の前の静けさか、、?


1409-00 (1)


これは、、 ルセナ近いかも、、

朝8時の気温30度





さて、、





裏庭の遮光スペースで

5月の中旬から花が咲き出したミクロペラの Micropera utriculosa


最初に咲きはじめた花茎は花も終わり

これで終わりかなと思っていたら、、



P7111781.jpg



なんと!?


ひょろひょろと細長い茎から

ちょこちょこと可愛い花茎が伸びだして

次々と花を咲かせ始めた、、



P7111778.jpg



どうやら今がミクロペラの開花シーズンらしいけど

ミクロペラはこうして花を咲かせるのか、、


ん~

これはなんとも面白い、、



なにしろ

我が家でミクロペラの花が咲くのは初めてなので

開花するひとつひとつの動きが気になって仕方がない、、



P7111796.jpg



薄い紫色をした花のサイズは1㎝ほど


花が小さすぎて肉眼では細部が見えないが

デジカメで撮ったアップの画像を見ていると

これが、、

なんとも可愛らしいワイルドオーキッド



P7111790.jpg



小さな蕾は、、  

まるで可愛い靴を展示してあるみたいだな‥




このミクロペラ Micropera utriculosa も

ここフィリピンに自生する着生蘭


ネットで調べると

フィリピンには何種類かのミクロペラが自生しているらしいので

いつか他の種類のミクロペラの花も是非見てみたい、、



P7111804.jpg



ではまたです

シロスジアマリリス咲く

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P7131939.jpg


ゆっくりと

大きな雲が流れては消えていく、、

朝9時の気温32度


今朝

久しぶりにアオスジアゲハが庭を舞う、、





さて、、





天気もよく

静かな日曜日の早朝


いつものようにラジオのボリュームを大きくし

流れてくるお決まりのオールディーズを聞きながら

子犬と共に早朝の庭に出る、、



P7131908.jpg




今朝の庭では

昨日から蕾が割れ始めていた

鉢植えのシロスジアマリリスの花が開花し、、


やわらかな朝陽を浴びてぽっかりと庭に浮かび上がる




P7131930.jpg



なんとも素晴らしい、、


毛細血管のような美しく流れるライン

そして不規則にゆるやかに波打つ花弁


朝陽が当る一瞬

この瞬間がシロスジアマリリスの花を一番美しく見せてくれるのだ、、


ではまたです

焼きそばとファレノプシス インターメディア

隠居です




今日のルセナは曇りのち晴れ


P7121876.jpg


朝方小雨がぱらつき曇っていた空も

青空が広がり暑くなってきた、、

お昼の気温33度





さて、、





今日は子供たちも学校が休み


先日から

子供たちが焼きそばを食べたいと言っていたので

こちらで売られているミキと呼ばれる安い生麺 (P30ペソ/kg) を使い

今日のランチは息子がホットプレートで焼きそばを作る、、



P7121873.jpg



みんなでホットプレートを囲み賑やかなランチ

久しぶりの焼きそばに子供たちも満足

ふ~ 焼きそばは美味しい、、




で、、




今朝

いつものように庭に出て

以前小さなドリップウッドに着生させた

ファレノプシス インターメディア Phalaenopsis x intermedia の株を見ていたら、、



P7121817.jpg



二株着生させたうちの一株に

小さな花茎らしきものが顔を出していた、、



P7121829.jpg



おぉ~

これは嬉しいですね



このファレノプシス インターメディア Phalaenopsis x intermedia は

フィリピンに自生する原種ファレノプシスの

アフロディテ Phalaenopsis aphrodite とエクエストリス Phalaenopsis equestris の自然交配種と言われ

これもこの地域に自生する着生蘭



数年前

妻の実家の近所を通りかかったとき

一軒の家の外庭に植えてある大きなマンゴーの木の幹に着生し

白い花を咲かせていた株を見て

初めてファレノプシス インターメディアと言うこの蘭を知ることとなった、、



8908021a-s.jpg



そして、、

その家から株を分けて頂き

最初はへゴ板へ着生させていたけれど

その後手頃なドリップウッドが手に入ったので

へゴ板から外してドリップウッドに付け替えた



P7121822.jpg



細いドリップウッドだったので

最初はちょっと物足りない感じだったけど、、


今では根も着生し株も元気に葉を広げる



P7121832.jpg



株をドリップウッドに着生させてからは

まだ花を咲かせたことがなかったけれど

さあ、、 これでまた

ファレノプシス インターメディアの花が見られるか!?


ではまたです

グラマトフィラムとミツバチの関係

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P7111759.jpg


スカッ! とした青空が広がり

遠く海の方向ではモクモクと入道雲が昇る、、

昨日は午後にひと雨降ったけど

さて、、 今日も降るかな?

朝8時の気温30度





さて、、




先月から

庭で咲いていたグラマトフィラム



P6100260.jpg



1花茎に100輪ほど咲いていた花も終わり

飾ってあったテラスから

裏庭の遮光スペースに鉢を移して放置しておいたら、、


どうやら?

いくつかの花が結実していたらしい、、



P7111726.jpg



ん~

花が咲けば実をつける

植物なので当たり前の事のようだけど

蘭の結実は見ていてなかなか面白い、、



今回

このフィリピンに自生する原種蘭

グラマトフィラムの花の受粉を手伝ってくれたのが、、


このミツバチ



P6150496.jpg



普段

我が家の庭でミツバチを見かけることは滅多に無いが

先月テラスに花の咲いたグラマトフィラムを飾ったら

どこからともなく、、

グラマトフィラムの花に毎日数匹のミツバチが集まって来ていた



P6150498.jpg



もしかしたら

この近辺の山中に自生して花を咲かせているグラマトフィラムにも

沢山のミツバチが集まっているかも知れないな、、


そう勝手にひとりで考えて、、

自然界で自生しているワイルドオーキッドの生態を

頭の中で想像するだけでもわくわくしてくるのだ、、



P7111755.jpg



そして、、

このグラマトフィラムの株元からは

新しい子株もふたつ顔を出してきていた



P7111741.jpg



本来ならばこの株も

そろそろドリップウッドに着生させたほうが邪魔にならなくていいけれど

残念ながら今の庭には

大きくなるグラマトフィラムを着生させられるような

太くてしっかりとしたドリップウッドが無いので

とりあえず大き目の素焼鉢にグラマトフィラムの株を入れ

株が動かないように石を詰めて支えて置いておく、、



P7111745.jpg



グラマトフィラムを素焼鉢に植え込むときは

(グラマトフィラムに限らずここでは他の蘭もそうだけど、、)

特に植え込み材料を入れる必要はないので

素焼鉢の中の株が倒れたり動かないように

石や炭などを詰めて株を固定させるだけ


なにしろ

株から伸びた葉も長くて大きいので

石を詰め込んでおくと重石にもなり素焼鉢が倒れ難くもなる


後は放っておけば

グラマトフィラム特有の活発旺盛な根が素焼鉢を覆い尽くし

素焼鉢自体が着生材料になってくれる、、



P7111747.jpg



今回のグラマトフィラムとミツバチの関係

またひとつワイルドオーキッドの素顔に触れた気がする


ではまたです

鉢植えのマルンガイ

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P7101720.jpg


昨夜は雷の音で目が覚める、、

雨も降ったようで

今朝は外庭のイエローベルが水も滴る美しさ、、


P7101717.jpg


朝9時の気温30度






さて、、




適度に雨が降ってくれるお陰で

庭の植物も元気に葉を広げ

成長著しいこのシーズン


そんな中

アグリバックへ植えたこのマルンガイも

空へ向かってどんどん枝を伸ばす、、



P7101664.jpg



マルンガイまたはモリンガとも呼ばれるこの植物


ここでは

どこにでも植えられていて

このマルンガイの葉をスープに入れたり

ココナッツミルクを使った料理に入れたりと

昔から食用とされてきたマルンガイ、、


最近は健康食品、サプリメントなどとしても人気があるらしい、、


こちらでは昔から体に良い植物とされて食べられているし

ネットでマルンガイの効能などを検索すると‥

これでもか!? っというほど褒め称えられている情報が多いマルンガイ



我が家の外庭にも

マルンガイの木が植えてあるので

時々、妻が葉を採ってきてはスープに入れたりして料理に使うが

さすがに毎日マルンガイの葉を料理に使うことはない、、



非常に成長が早いマルンガイの木

伸びた枝を切ってもすぐにまた新しい枝が生えてくる


太い枝を切り落とした時などは

大量の葉が採れるので

その葉を日陰干しにしてマルンガイのお茶を作って飲んだりもするが

なにしろ、、 

毎日暑いここでは熱いお茶をいれて飲むのもだんだん面倒になってしまい長続きしない




で、、




若い時は気にもしなかったけど

歳を重ねるにつれ?

ここ近年は少しずつでも体に良いものを摂取しようと心がけるようになり

ネット情報などでもマルンガイがそんなに体に良いと言うのなら?

毎日マルンガイを食べてみようと思い、、



以前

外庭のマルンガイの太い枝を妻がカットした時に

その枝を短く切ってもらい

大き目のアグリバックへ3本に分けて枝挿したら

3本とも根付いて枝葉が茂り出した、、



P7101666.jpg



外庭の大きなマルンガイの木には

車いすでは近づけないので

自分でマルンガイの葉を採ることは出来ないが

この鉢植えのマルンガイであれば

枝葉が伸びればちょうど車いすで手が届く高さに葉が茂る、、



P7101681.jpg



これなら

いつでも好きなときにマルンガイの葉を自分で収穫できるのだ、、


そして

毎朝車いすで出る中庭に

3本の鉢植えマルンガイを別々の場所に置いておけば

毎朝どこでも新しいマルンガイの葉を摘み取って

その場で葉を食べることができる



P7101684.jpg



一度に沢山は食べないけれど

毎朝少しずつ新しいマルンガイの葉を摘み取って

生葉をそのまま食べると‥


ん~ マルンガイの生葉は辛い、、


辛いといっても後に残らない辛さなので

口の中がすっきりして目覚まし代わりにはちょうどいい



P7101689.jpg



この辛さが体に効く! かな?


ではまたです

ザミオクルカス ザミフォーリアの植え替え

隠居です




今朝のルセナは曇り

昨夜降った強い雨のお陰で

今朝の庭は適度な湿り具合、、

朝9時の気温30度





さて、、





今朝は

久しぶりに、、

少しだけザミオクルカス ザミフォーリアの植え替え、、



P7091652.jpg



こちらでは

ウェルカム プランツと呼ばれるザミオクルカス ザミフォーリア



一昨日

エアロビクスに通う妻の友人たちから

ウェルカムプランツを分けて欲しいとの話が出たらしく、、


じゃあ、、

せっかくあげるなら

少しはきれいに植え直したほうがいいね、、っと言う事になり


今朝はリハビリも兼ねて

一時間ほど植え替え作業、、



P7091654.jpg



蒸し暑かったけど

植え替えのついでに株分けも出来て一石二鳥、、



自分が植え替えをしている最中

車いすの傍らで

庭に落ちた枯れ葉とじゃれて遊んでいた子犬も

植え替えが終わって自分と一緒に家の中へ入ったら、、



P7091661.jpg



朝から遊びつかれたのか?

リビングのテーブルの下ですやすやと眠り始めた、、


ん~

子犬の寝顔も可愛いものだ、、



っと、、



今朝

どんぐりサイズのピーマン発見、、



P7091648.jpg



食べられる日が来るか!?


ではまたです

ローカルのダンシングレディ 衝動買い

隠居です




今朝のルセナは薄曇り


P7081639.jpg


風も無く、、

霞が掛かったようなぼんやりとした空模様

朝9時の気温31度





さて、、





数日前

近所のモールへ出掛けたついでに

いつもの花屋さんを覗いたら、、


花屋さんのおばさんが

「ローカルのダンシングレディがあるよ」 っと声を掛けてくれる



ん‥ ?

ローカルのダンシングレディ‥ ?



ここでダンシングレディと呼ばれているのは

一般的には黄色い花を咲かせるオンシジウムの事


ここの花屋さんでも

オンシジウムのダンシングレディが売られているのをよく目にする



しかし‥?

ローカルと言う事はこの地に自生するワイルドオーキッド



ん~

ここの山中に原種のオンシジウムが自生しているはずは無いけれど

さて、、 

ローカルのダンシングレディとは一体なんだろうと思いながらも

おばさんに株を見せてもらったら、、?




早速

2株(1株P50ペソ)衝動買い、、



P7071586.jpg



花屋さんのおばさんの話では

「小さな茶色い花が沢山咲くんだよ」 との事


どうやら、、

このワイルドオーキッド

花の咲き方がオンシジウムのダンシングレディに似ているので

ローカルのダンシングレディと呼ばれているらしい、、



で、、



家に帰ってきてゆっくり株を見ると

それぞれの膨らんだ茎には穴が開いている



P7071594.jpg



どうやら

この穴の開いた場所から花茎が伸びて花を咲かせていたらしい

そして花が終わり花茎も枯れ落ちてこの穴だけが残ったのだろう、、


まだ穴も新しい感じなので

乾季に花を咲かせたばかりかもしれないな



P7071603.jpg



で、、

この株を観察してとりあえず分かった事は?


この特徴的な株の膨らみ方

茎の膨らんだ上部から花茎がぽこっと伸びて小さい花を咲かせる

花が終わると花茎の跡が穴として茎に残る

膨らんだ茎の天辺から出ている葉は3枚 (中には2枚の株もあるが、、)



ん~



花を見るまで定かな種類判別はできないが

多分これは、、



フィリピンに自生する原種蘭

エリア属の可能性が70% (適当、、)



1株だけ我が家にあるエリア(Eria Bractescens)の株も

茎の上部途中から花茎をぽこっと伸ばし小さな花を咲かせ

花が終わると花茎も枯れ落ちて

茎には花茎の跡が穴として茎に残る

そして、、葉の数も3枚葉


これらの共通点からこの株は

現時点ではこの地に自生するエリア属と考えられる、、


まあ、、

どっちにしても花が咲くまでは種類不確定なので

どんな花が咲くのか!?

これは非常に楽しみです



で、、



素焼鉢に植え込むか?

へゴ板に着生させるか?

どっちにしようかまだ迷っているので

とりあえずドリップウッドに針金で引っ掛けてみたら、、



P7071626.jpg



あ~ いい感じだな、、


ではまたです

シューティング スター咲く

隠居です




今朝のルセナは曇り

時折庭に吹いてくるのは生暖かい風、、


昨夜は一晩中風が強く

隣の家のマンゴーの木がザワザワと賑やかだったのは

どうやら台風の影響だったらしい、、

朝9時の気温31度





さて、、





昨日

裏庭に置いてある

鉢植えのホヤ ムルチフロラに花が咲いていたので

テラスに移して飾る、、



P7071573.jpg



背丈30㎝ほどのホヤ ムルチフロラの株

素焼鉢への植え込みは椰子殻と炭



で、、



今朝テラスに出たら

昨夜の風でホヤが鉢ごと床に落ち

素焼鉢がぱかっときれいに割れ

ホヤが鉢から飛び出してしまっていた、、


なので、、


今朝は早速

代わりの素焼鉢に割れた素焼鉢の欠片と炭を詰め込んで

落ちたホヤの植え替え


咲いたばかりの花にダメージが無かったのが幸い、、



P7071574.jpg



それにしても

なんとも不思議な姿をした花である、、


自然界に存在する花は

それぞれが理由があって姿かたちを変化させて来たんだろうけど

このホヤ ムルチフロラの花にはどんな理由があって

こんな姿になったのだろうか、、?


この花とは思えぬ花が庭で咲くたびに

思わず目を凝らして見てしまう、、


これも自然の悪戯と言うべきか?



P7071532.jpg



このホヤ ムルチフロラ

沢山の花が一点から放射状に飛び出して咲く姿から

ここの花屋さんではシューティング スター shooting star と呼ばれ売られている



P7071552.jpg




そう言えば、、 今日は七夕

ルセナでは七夕もなにも関係ないけれど、、


今年の我が家は

七夕飾りの代わりにシューティング スターをテラスに飾る


ではまたです

アリマゴ11匹ひと縛り

隠居です




今日のルセナは晴れのち曇り

午前中晴れていた空も

お昼から曇り出してひと雨降らす、、





さて、、





今朝

庭に差し込む朝陽にぽっと浮かぶ

マルバルリハナガサモドキ (丸葉瑠璃花笠擬き) の美しい葉を眺めていたら、、



P7061460.jpg



早朝

市場へ買い物に出掛けていた妻が帰宅



早速

朝食用にと買って来てくれた

バナナの葉で包まれたスーマンと呼ばれるこちらのちまきを食べる


こちらのちまきには色々な種類があるけど

今朝は黒糖を混ぜ込んだ里芋ちまき



P7061487.jpg



こちらの粘りのない里芋のせいか

食べていても粘りは無くぽそぽそするけど

この質素な食感と黒糖の風味がなんとも懐かしさを感じさせる、、


ん~

舌触りの粗い芋ようかん、、、  とも違うな‥




で、、




今朝早く

妻が市場へ買い物に出掛けたお目当ては、、


こちらでアリマゴと呼ばれるノコギリガザミ



P7061469.jpg



今日は家族の誕生日だったので

みんなで蟹を食べたいというリクエストに応えて

妻が市場でアリマゴをひと縛り買って来てくれた、、


手の平サイズの小ぶりなアリマゴ11匹ひと縛り

全部で2㎏弱 (P400/kg)



P7061471.jpg



このアリマゴに限らず

蟹は見た目が大きくても小さくても

肝心なのは身の詰まり具合、、



今朝の市場では

蟹を売っている店が少なくて

蟹と値を選ぶほど物が無かった、、 っと妻が言っていたけど


さあ、、 

身は詰まっているかな~ っと茹でてみたら、、



P7061500.jpg



今日の蟹はほとんどがメス

そして嬉しいことに身もぎっちりと詰まっていた


お陰で

今日のランチは子供たちも蟹に夢中、、

やっぱり蟹は美味しいのだ




で、、




夕方にもうひとつ

美味しいと評判の、、?

隣街のパンシットのお店から

ビラオに入ったパンシットパラボックが届いたので家族で食べる



P7061520.jpg



子供たちが大好きな

魚の燻製の香りが特徴的なパンシットパラボック


自分はようやく最近この味に慣れてきてのか?

美味しいなと思って食べれるようになってきたけれど

多分このパラボックってのは

だんだん癖になってくる味なんだろうな‥


ではまたです

オウコチョウ 一粒の種

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P7051432.jpg


青と白が美しい今朝の空

プルメリアの香りのする庭で

この空を見上げているだけで気分爽快、、


そして

空から視線を落とすと

そこには朝陽に透かされたバンダの花、、


P7051415.jpg


朝9時の気温31度





さて、、





今朝は

以前知人から頂いてそのままにしていた

オウコチョウ(黄胡蝶)の種を蒔こうと思い、、



オウコチョウの種が詰まっている房を割り

中から種を取り出してみたら、、?



P7051420.jpg



なんと!?

房に入っていたほとんどの種は虫に喰われていたり

腐ってしまっているのかボロボロの状態、、



ん~

これは予想外の展開



種の詰まった房は8本あったので

沢山の種が蒔けると勝手に思い込み

数多く蒔けばいくつかは芽を出し成長し

いつかは庭でオウコチョウの花が咲くだろうと気軽に考えていた、、



bd39a617.jpg



しかし、、

今朝はそのオウコチョウの美しい花ではなくて

虫食いばかりのスカスカになった種を眺めながら

全ての房を割り種を取り出していく、、



そして、、



半ば諦めながら作業を続けていたら、、



 ん !!?




P7051422.jpg



あっ~!


虫食いのない種が一粒だけあった!



P7051423.jpg



オウコチョウの種を見るのは今回が初めてなので

これが正常な種かどうかは不明だけど

他のスカスカ状態の種と比べて見ると

種の表面はツルツルしていてダメージも無く虫に食われた痕も無い、、



P7051428.jpg



今朝はまるで

インスタントくじの中から

ひとつだけ当たりを見つけたような嬉しい気分、、



早速

この一粒の種をアグリバックへ蒔いてみる



P7051430.jpg



さあ、、

芽が出るかな?


ではまたです

サーモンと呼ばれる魚

隠居です




今朝のルセナは曇り

昨夜雨が降ったので

庭もちょうど良い湿り具合

庭に吹く風も涼しくて気持ちがいい、、

朝8時の気温29度





さて、、





先日

妻が街の市場で買って来てくれたのが

こちらでサーモンと呼ばれるこの魚、、



P6220851.jpg



黄色いラインが入ったきれいな顔つき

そう、、

これはツムブリという魚


こちらではサーモンと呼ばれているけれど

もちろんここの海でサーモン、鮭が獲れるはずもなく

どうしてツムブリがサーモンと呼ばれているかは分からない


そんなことは気にもせず、、

ここに住んでいて嬉しいことは

鮮度がいい魚が手に入ること

今回のツムブリは1㎏弱のサイズで1匹P140ペソ



早速妻にさばいてもらい

刺身用はアニサキス対策で丸一日冷凍保存

残った頭や卵、他の部分はまとめて煮付け、、


刺身を食べない妻や子供たちには

ツムブリの煮付けは美味しかったらしく

冷凍した刺身用の身も煮付けにしたほうがいいとの声が‥



で、、



こちらでサーモンと呼ばれるツムブリの刺身



P6240949.jpg



魚が小さかったせいか?

お腹に卵を持っていたせいか?

特別美味しくもなく不味くもなく、、 平凡、、


ん~

これは酢〆にしたほうが良かったか、、

それとも妻や子供たちの言うとおり

やっぱり煮付けのほうが良かったかもしれないな、、


ではまたです

リュウキュウムラサキ

隠居です




今朝のルセナは晴れのち曇り


P7031356.jpg


明け方

雲が散って晴れてくるかと思ったら

一気に曇って蒸してきた、、

降るかな?

午前9時の気温29度





さて、、





早朝

いつものように

庭のショウジョウインコに朝食のバナナをあげに行ったら、、?


ショウジョウインコのケージの近くに置いてある

鉢植えのパルメラの葉にリュウキュウムラサキが止まっていた



P7031366.jpg



このリュウキュウムラサキ

ショウジョウインコが食べこぼしたバナナを食べに

我が家の庭に飛んでくる常連さん



なので

庭に飛んでくるシーズンになると

いつもショウジョウインコのケージ近くを舞っている、、



いつもは人が近づくと

はらはらと飛んでしまうけど

今朝は車いすで近づいてもジッとしていたので

珍しく接写ができた、、



P7031374.jpg



こげ茶色に白い模様が渋い!



庭を飛び回るオナシアゲハと比べると

一見地味なリュウキュウムラサキ


しかし、、


このリュウキュウムラサキが翅を広げると

まるでネオンライトのような幻想的な青色が翅に浮かび上がる、、



パルメラに止まったリュウキュウムラサキをジッと眺め

時折ゆっくり翅を広げたり閉じたりする瞬間を狙って

美しい青い翅を撮ろうと待っていたら、、?



P7031381.jpg



あっ! 飛んでいってしまった‥


ではまたです

メディニラ スペキオサの蕾

隠居です



今朝のルセナは晴れ


P7021338.jpg


なんとなく、、蒸し暑い、、

昨日は雨が降らなかったので

今日はひと雨降って欲しいな、、

午前10時の気温32度





さて、、





早朝テラスに出ると

「外庭のメディニラに蕾がついてるよ」 っと妻が言うので

早速写真を撮ってきてもらう、、



P7021331.jpg



おぉ~

久しぶりの蕾だ、、



昨年の12月

外庭に植えたメディニラ スペキオサ

その後涼しいシーズンは次から次へと花を咲かせていたけれど

乾季は暑すぎたせいか蕾を付けることも無く、、


それどころか

葉焼けした葉っぱが茶色くなったりしていたので

これは枯れてしまうんじゃないかと心配したけれど、、


乾季が終わり暑さも和らぎ適度に雨が降り出したお陰で

どうやら、、

メディニラも元気を取り戻した様子



P7021326.jpg



深緑色をした新しい葉も伸びてきているので一安心、、


これでまた

ぶどうの房のような面白いメディニラの花が楽しめますよ




で、、




今朝

庭に出ていたら

鉢植えのアメリカンレモンが全て丸坊主状態になっていた‥



P7021346.jpg



庭にある4鉢のアメリカンレモン

ここには庭に飛んでくるオナシアゲハが葉の裏に卵を産みつけ

その後孵化したイモムシが葉っぱを食べて成長し

ここでサナギから蝶となり

そしてまた卵を産むというサイクルが出来上がっていたのだけれど、、



ん~



どうやらこの丸坊主の原因は、、

先日庭で孵化した子バッタたちの一部が

アメリカンレモンの葉を食べ出したのが原因みたい、、



今朝は

残り数枚となった

食べかけのアメリカンレモンの葉の上で

子バッタとオナシアゲハのイモムシがにらみ合い‥



P7021340.jpg



ではまたです

カトレア香る

隠居です



今日のルセナは曇り


早朝の青空は徐々に消え

白い雲が空を覆ってきた、、


P7011244.jpg


ひと雨降るかな?

お昼の気温32度





さて、、





今朝

いつものように裏庭へ行くと、、


一昨日開花した鉢植えのカトレアから

甘酸っぱい魅惑的な香りが裏庭に漂っていた、、



P7011250.jpg



素晴らしい、、


この

大きく開いた美しい花弁と濃厚な香りは

朝からゴージャスな雰囲気に浸らせてくれる、、




今朝は早速

この鉢植えのカトレアを裏庭からテラスに移す


これで当分

毎朝カトレアの香りをテラスで楽しめるのだ、、



P7011298.jpg



美しさと香り


これこそ

カトレアを育てていて良かった、、 と思う瞬間でしょうかね


ではまたです

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR