FC2ブログ

バティス アラミンの植物

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P4301912.jpg


ふ~ 

朝から暑い、、

朝9時の気温31度





さて、、





日曜日に行って来た

ルクバンのバティス アラミン

ルセナに比べ標高も高くて涼しく

広大な敷地内には様々な植物が植えられているので

電動車いすでのんびり植物散策するのも面白い、、



P4271586.jpg



天を突くナンヨウスギの美しい姿に見惚れながら

歩道を進んでいくと、、


木漏れ日に揺れながら咲く

イエロー ウォーキング アイリスが歩道を飾る、、



P4271553.jpg



ん~ 

やっぱりアイリスは群生していた方が見ごたえがありますね

我が家のアイリス

枯れずに株が増えてくれるといいんですが、、



ここでは

見慣れた植物も多いけど

そんな中

ちょっと珍しいものを発見、、


この丸い物



P4271611.jpg



これ、、

こちらでエスパダと呼ばれるサンセベリアの株から伸びた

花の終わった花茎にくっついていたサンセベリアの実、、


我が家でもサンセベリアは時々花を咲かせるけれど

結実して実が生った事はないので

こうして実が生っている姿を見れたのは面白い、、



そして面白いといえば

やっぱりカラフルで面白い姿をした熱帯の植物たち、、



鮮やかなオレンジ色に黄色い縁取りの花が風に揺れると

蝶が舞っているように見えるのが

マメ科のオウコチョウ(黄胡蝶)



P4271536.jpg



そして、、



カラフルなオウムのくちばしが

いくつも並んで垂れ下がっているかのような姿をしたのが

オウムバナ科のヘリコニア



P4271527.jpg



いいですね~ ヘリコニア

我が家の庭にも欲しいですね~ ヘリコニア


でも、、


ヘリコニアって実物を見ると

結構葉丈も高くなって大きいので

我が家の狭い庭ではちょっと無理だろうな‥



P4271526.jpg



オウムのくちばしにも見えるけど

なんとなく、、

カニの爪がぶら下がって美味しそうな気もするヘリコニア、、



と、、



ここバティス アラミンを訪れるたびに

毎回異様な姿をして楽しませてくれる植物が

この、、



P4271523.jpg



マツカサ ジンジャー

インドネシアン ワックス ジンジャーとも呼ばれる植物

(学名は、Tapeinochilos Ananassae)


地面からニョキニョキ伸びるこの姿

なんとも不思議で異様な植物です、、



P4271521.jpg



ここでは

色々な熱帯植物が見られるので

ここはちょっとしたボタニカルガーデン

植物好きには一日歩き回っていても飽きが来ない



そして、、



木々で覆われた薄暗い道へと

電動車いすを進めて行くと、、



P4271537_201404301159350d2.jpg



そこは

着生植物たちの自生地状態、、



P4271701.jpg



木漏れ日の中

苔やシダが木の幹や枝に着生し

少し日当たりの良いところではホヤの種類も絡みつく、、



P4271746.jpg



は~ 

なんともいい光景

着生植物好きにはたまりません、、



で、、



足元には

様々なシダ植物も生えているんですが

ちょっとグロっぽくてびっくりしたのがこれ、、



P4271704.jpg



このポツポツ


多分シダの胞子だと思うけど

葉も大きくひとつひとつの粒が大きくて

きれいな列を作って並んでいる姿を間近で見たら、、

ちょっと体がゾワゾワした‥



P4271702.jpg



近づいて葉を見たら

葉には細かいラインが入ってきれいでこれまたびっくり、、

ん~ これはシダ植物なのだろうか‥?



そして、、



ここでは

木々に着生している着生蘭と言えば

デンドロビウム クルメナタムばかりだったけど

プール脇に椰子殻に着生させてぶら下げれられた蘭がひとつあった



P4271685.jpg



花が咲いていないので種類は不明だけど

我が家には無い株なので

この株の姿を見れただけでもちょっと嬉しい気分、、



で、、



陽も傾き

着生植物でびっしり覆われたプールサイドのコテージで

荷物を片付け帰る準備をしていたら、、



P4271710.jpg



大きな木に蔓を巻きつけ寄生した

ツンベルギア マイソレンシス (Thunbergia mysorensis) の垂れ下がった根に

木漏れ日が当たりちょっと幻想的な雰囲気、、



P4271768.jpg



細く垂れ下がった上半分が黄色で下半分がピンク色、、


残念ながら今回は

ツンベルギアの面白い花は咲いていなかったけど

3年前ここに来た時に咲いていたツンベルギア マイソレンシスの花がこれ



fde0af3b.jpg



ふ~

植物もそれぞれ個性豊かで面白い、、



P4271571.jpg



ではまたです
スポンサーサイト

ルクバンのローカルリゾート バティス・アラミン

隠居です



今朝のルセナは晴れ


P4291853.jpg


天気も良く暑い日が続き

日焼けの後がヒリヒリ痛い、、

朝8時の気温30度





さて、、





一昨日の日曜日

家族みんなでいつもより早起きをして

レンタルしたジープニーに電動車いすごと乗り込み、、



P4271469.jpg



ルセナ在住の日本人

野村さんと潮木さんをジープニーでピックアップした後、、


ルセナの街中のパン屋さんで

焼きたてのパンデサールとパンデココを買い、、



P4271476.jpg



みんなを乗せたジープニーはルセナの街中を抜け

隣街のタヤバスへ向かう、、



P4271480.jpg



標高の低いルセナの街を過ぎ

道路の両脇に広がる水田と遠くに見えるココナッツ林を眺めながら

ゆるやかな山道をジープニーが登っていくと

そこがタヤバスの街、、



P4271483.jpg



ここタヤバスの大きなマーケットで

BBQ用の炭を購入する合間に

子供たちは路上アイスクリーム売りのおじさんから

朝一のアイスクリームを買って食べる、、



P4271485.jpg



そして、、


早朝のタヤバスの街を抜け

勾配の強くなった山道をジープニーが唸りながらゆっくり登っていくと

車中に吹き込んでくる風も気持ちのいい涼しい風にかわり、、

今回の目的地ルクバンに入る



P4271492.jpg



この日は日曜日だったので

ピクニックに出かける車やツーリングのバイク集団も多く

ルクバンの街の手前にある Kamay ni Hesus Healing Church の前では

教会に訪れる人たちの車でちょっとした渋滞、、



P4271496.jpg



今回

私たちの目的地は

Kamay ni Hesus Healing Church の道反対にある

山の上のローカルリゾート バティス・アラミン (Batis Aramin)



ルセナからジープニーで山道を登って約1時間

早朝少し曇っていた空も

バティス・アラミンに到着した頃には青空が広がり、、



P4271515.jpg



標高の低いルセナとは違い

山の上で吹く風は涼しくなんとも爽やか、、



P4271503_20140428192717459.jpg



ルセナに住む自分たちにとって

この暑いシーズン

ここは絶好の避暑地であり子供たちの遊びの場、、


エントランスは大人P150ペソ 子供P120ペソ



P4271696.jpg




ここ数年

急速に発展したバティス・アラミン



P4271589.jpg



二週間ほど前

このバティス アラミンの事がテレビで放映されていたけれど

最初はテラピアの養殖池が始まりだったとの話


この近くにあるタヤバスの有名レストラン 

カマヤン サ パライスダアン (Kamayan sa Palaisdaan) も

スタートはテラピアの養殖池だったとの話なので、、


どちらもテラピア絡み‥

ん~ テラピアサクセスストーリーかな、、?



で、、



訪れたバティス・アラミン

ここ数年

リゾート内のプールの数も増え

子供たちが遊ぶ設備も増えて来ているので

夏休みはここへ遊びに来るのが子供たちの楽しみ



P4271561.jpg



ルセナのローカルリゾートのプールとは違って

プールの水がきれいで冷たいのは

やはり山水が豊富なんでしょうかね


一年中毎日時間断水の我が家にとって

水が豊富に使えることは非常に贅沢なことなので

広いプールで遊ぶ子供たちは大喜び、、



P4271718.jpg



子供たちが歓声を上げながら思う存分プールで水遊びをしている姿

この光景をプールサイドで眺めているだけも

あ~ ここに来て良かったな~っと、、

とても嬉しく楽しい気分にさせてくれます



プール以外にも

リゾート内を散策できる遊歩道も整備されているので

電動車いすで施設内をぐるぐる散歩、、



P4271539.jpg



きれいな吊り橋を電動車いすで渡って見れば、、

橋の上から眺める景色もこれまた気分爽快


青い空にゆっくり流れる白い雲

生い茂った植物は緑濃く

歓声の聞こえるプールには真夏の太陽が反射する、、



P4271548.jpg



陽をさえぎる物の無い橋の上

真夏の陽射しは強くて痛いけど

普段目線の低い車いすから背の高い植物や木々を見上げている自分にとって

橋の上から植物や木々を見下ろす事ができることは

これまた非常に新鮮な感覚、、



P4271549.jpg



なにごとも目線を変えることは大切だな、、


そして


吊り橋の真下に見える池には

大きな錦鯉が悠々と泳ぐ、、



P4271541.jpg



いいですね~


普段小さな家の庭ばかり散歩している自分にとって

吊り橋を渡ったり広大な敷地に生えている植物を見ながら

のんびり散歩ができるなんて、、ここは楽園、、


散歩途中

喉が渇けば

リゾート内の売店で冷えたサンミゲルを買い

涼しい木陰で休憩するもよし、、



P4271506_20140429091940576.jpg



ゆったりとした山の時間を楽しみながら

強い陽射しを避けて木陰で休んでいると

爽やかな涼しい風が吹きぬけていく、、




P4271681.jpg



リゾート内は電動車いすで動き回るにはちょうど良い広さ


アップダウンはあるけれど

ほとんどが舗装されて緩やかな坂道やスロープでつながり

電動車いすで動き回るには非常に快適、、


そんなアップダウンのある道を

丘の上まで電動車いすで登ってみると


そこでは

雲が目の前を流れて行く、、



P4271608.jpg



ふ~ ここは空が近い


そして

セメント舗装の道だけではなく

南国らしいココナッツ林の中も

カラバウグラスが地面を覆い

今の乾季は地面も硬くなっているので、、



P4271609.jpg



電動車いすで

ココナッツ林の中を走り回るのもこれまた

非日常的な経験、、



P4271607.jpg



そして午前中

気持ちの良いリゾート内を散歩していると

プールサイドのあちこちのコテージから白い煙が立ち昇り

BBQを焼く良い香りが漂ってくる、、



P4271558.jpg



レンタルしたコテージに戻ってのランチ

青空の下

冷えたサンミゲルとBBQの組み合わせでお腹も一杯、、



P4271716.jpg


今回借りたプール近くのコテージは料金P450ペソ


ランチが終われば

子供たちは丘の上にあるクライミングができる塔へ移動、、



P4271645_20140428220419607.jpg



ここでは

娘たちが初めてクライミングに挑戦、、



P4271629.jpg



初めてのクライミングの後は

塔の上からロープを使って垂直に降りてくるラペリングにも挑戦、、

高さは約10mほどかな?



P4271652.jpg



登るよりも

高い所から降りるのって怖いんじゃないかな、、? っと

降りてくる娘たちを眺めながら

サリアヤのKawaiさん、Kawachiさんたちと一緒に

ココナッツの木陰で一休み、、



P4271644.jpg



そして最後は

娘たちが一番楽しみにしていたジップライン


塔の高いところから斜め下に張られたロープを使い

滑車で降りてくるターザン遊びでしょうかね、、



P4271675_201404282204293aa.jpg



これが一番気持ち良さそう

それぞれのことが学校や日常生活ではできない貴重な経験

これも娘たちにとっては夏休みの楽しい一日かな、、


クライミング+ラペリング+ジップライン

それぞれ2回ずつできるセット料金一人P250ペソ



P4271600.jpg



一日プールで泳いで遊んだ娘たち

夕方帰りのジープニーの中では一気に疲れが出た様子、、



P4271777.jpg



帰り道

タヤバスの街中でランゴニサを買う



P4271783.jpg



ルセナで売られている甘いランゴニサと違い

タヤバスのランゴニサは甘くなくて

あっさりニンニク風味の美味しいランゴニサ



P4271786.jpg



タヤバスの街を抜けて

ルセナへ下っていく途中


ジープニーが止まったのは

椰子酒を売るこの看板のお店、、



P4271790.jpg



これもタヤバスの名産ランバノッグ

ドライバーがハーフガロン(P115ペソ)をお土産に買う、、


家に帰ってきたのは午後7時前

朝から出掛けて丸一日

子供も大人も十分遊んで食べて楽しい一日を過せたし

日に焼けた体がヒリヒリするのも夏のお土産でしょうかね、、



そういえば、、

バティス・アラミン内にある

筏に乗れる大きなこの池では、、



P4271504_20140429094011015.jpg



釣堀スタイルでテラピアを釣る事ができるので

次回チャンスがあったら?

ゆっくり釣り糸をたらしてみましょうかね、、


ふ~ ルセナは暑い、、

ではまたです

ちょっと贅沢なバナナケーキ

隠居です




今朝のルセナは曇りのち晴れ

昨日から風が止まり

朝から気温が高く蒸し暑い、、


昨日の夕方

庭に出ていたら

蒸し暑くて久しぶりに息苦しさを感じた、、 

歳かな?

朝8時の気温31度





さて、、





風が無く

蒸し暑い今朝の庭では

子供バッタが膨らみかけたハイビスカスの蕾で朝食中、、



P4261463.jpg



そういえば

このハイビスカスの花

ジュースにしたりサラダ風にして食べることができるので

以前、庭で咲いた花を摘んで花弁を食べたけど、、

こういうものは

美味しいとか不味いっていうものではなくて

まあ、、これも食べられますよって話のネタ止まりかな、、



で、、



昨日の早朝

庭でカメの水槽を掃除していたら

キッチンでは妻と双子娘たちが

バナナケーキとシフォンケーキを焼く準備



P4251365.jpg



この夏休み

双子娘のリクエストは

自分たちだけでケーキを焼けるようになりたい、、との事なので

昨日は妻が双子娘にケーキの焼き方を伝授


やっぱり、、

女の子にとって

ケーキ作りというものは必ず通る道なんでしょうかね


ここでは

日本のような美味しいケーキは売られていないので

家で作ったほうが安くて美味しいケーキが食べられる、、

なので

ケーキ作りはどんどん双子娘にも覚えて欲しい



で、、



昨日

折角バナナケーキを焼くのであれば!?


先日SMで買ってきた胡桃を入れて焼いてとリクエスト

ついでに冷蔵庫にあったレーズンと甘栗も入れて焼いてもらう



P4251379.jpg



焼きたてのバナナケーキから漂う甘い香り

ん~ 思わずみんなが笑顔になります


娘たちは待ちきれず

まだ温かいバナナケーキをカット、、



P4251405.jpg



刻んだ胡桃と甘栗

そしてレーズンの入った

ちょっと贅沢なバナナケーキ、、


バナナケーキの中はまだ温かくしっとりもちもち

それに胡桃やレーズンの食感と風味が加わる、、



P4251413.jpg



あ~ これは、、

思わず笑顔がこぼれる美味しさです


さあ、、

次は何を作ってくれるのか楽しみだけど

ふ~ これでまたダイエットの道は遠のいた‥?



昨日は

妻がフィリピンの蒸しプリン

レチャプランも一緒に作ったので、、


バナナケーキ+レチャプラン



P4251415.jpg



ではまたです

カメ水槽を飾る

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P4251362.jpg


気持ちのいい夏空です


昨日の夕方

久しぶりにひと雨降ったので

今日も降ってくれると嬉しいんですが、、

午前10時の気温32度





さて、、





テラスに置いてある小さな水槽



P4251289.jpg



この水槽の中には

小動物好きの息子のペットの小さな亀が1匹生息中、、


しかし、、


この夏休み

息子はカレッジの実技研修のため

先週からマニラに滞在、、

約一ヶ月半の実技研修スケジュールなので

このカメの世話主は当分不在、、


先週から息子の代わりに

娘たちがカメに餌をあげる係りだけど

娘たちはカメを直接触ることは苦手な様子


で、、


今朝この水槽を見たら?

中の水がだいぶ汚れてカメの甲羅も黒ずんでいたので、、



P4251297.jpg



早朝

カメの水槽の掃除と

カメの甲羅を歯ブラシで擦って汚れ落とし、、



P4251344.jpg



ふ~

甲羅の模様がよく見えるようになった、、



しかし、、



ん?!

このまま元の状態の水槽に戻すだけでは面白くないな‥

何かカメ水槽を飾れるものはないか? っと、、

庭を探していたら‥




P4251337.jpg




小さなドリップウッドの枝と

小さなシダがあったので

これを使ってカメ水槽を飾ってみる、、



P4251301.jpg



ん~

こういうのってバランスが難しい、、

小さな限られたスペースに木とシダを置くだけなんだけど

見栄えよく配置するって案外難しい、、


多分これってセンスなんだろうな~



P4251320.jpg



最初は面白いけれど

木とシダをいろいろと置き換えてもいまいち見栄えがしないので

途中から自分のセンスの無さにがっかり、、


で、、


30分ほど小さな水槽の中で

木とシダをあっちヘッこっちへ移動させた結果、、?




疲れたので、、




今朝はこの形で終了



P4251323.jpg



あっ!

これじゃあ、、カメが木には登れない、、?


水槽の上から覗くとこんな感じ



P4251330.jpg




まあ

手直しはいつでもできるので

今日はこの形でカメには我慢してもらいましょう、、



P4251357.jpg



久しぶりに水槽いじったら

またアクアリウムやりたくなってきた‥


ではまたです

プルメリアの花

隠居です




今朝のルセナは曇り時々晴れ


P4241258.jpg


朝から蒸し暑い、、

例年このシーズンは

カラッ! と乾いた天気が続くけど

今年は蒸し暑さを感じる乾季です、、

朝9時の気温31度





さて、、





外庭で咲く

プルメリアの白い花、、




P4220984.jpg




早朝

涼しい庭に出ていると

風に乗ってプルメリアの爽やかな香りが漂ってきます


思わず

大きく深呼吸をして

庭を漂うプルメリアの香りを吸い込むのが早朝の楽しみ、、




P4231176.jpg




我が家のプルメリア

くるんと丸みを帯びた真っ白な花弁に

薄い黄色がワンポイント



やわらかな朝陽に浮かぶプルメリアの花

その白い花に映し出されるやわらかな影

この一瞬生まれる明と暗、、




P4231205_2014042410312231f.jpg




ふ~ 素晴らしい、、


白と黄色

シンプルな色の組み合わせでありながら

なんとも美しいこの姿には見惚れてしまいます



昨日は

娘たちが外庭からプルメリアの花を摘んできてくれたので

摘んだ花をリビングの片隅に置いて芳香剤のかわり、、


いつもは

中庭で咲くジャスミンやイランイランの花を摘んできて

リビングルームに置いておくけど

この暑いシーズンは、、

プルメリアの香るリビングも爽やかでいい感じです



で、、



昨日は

近所のモール内の映画館で上映されている

HUNTER×HUNTERの最終日とのことで

アニメが大好きな双子娘たち揃ってお出掛け、、



P4221096.jpg



アニメ映画を見るのも

双子娘たちにはバケーションの楽しい思い出になったかな、、?


ではまたです

チランジアの子株かな、、?

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P4231160.jpg


カラッ!とした青空が広がり

気持ちのいい早朝、、

朝8時の気温30度





さて、、





先月の終わり

花の終わったチランジアの株を

遮光スペースに置いてあるドリップウッドの窪みに仮着生、、



P3310457.jpg



その後、、

同じドリップウッドに着生させてある

着生蘭やホヤと同じように毎日朝晩水やりをしても

株が枯れる事も無かったので‥?


そもまま

ドリップウッドの幹に細い針金で

チランジアの株をぐるっとひと巻き固定して放置、、




P4221050.jpg




今では

着生させたチランジアの株も

蘭やホヤなどの着生植物とともに

ドリップウッドに馴染んで違和感が無くなりつつある、、



で、、



昨日

そろそろなにか変化は無いものか? っと、、

毛むくじゃらのチランジアの株を覗き込んだら?




P4221044.jpg




あっ‥‥?


毛むくじゃらの葉の隙間に何かある‥‥?


顔を近づけて

よーく見てみたら‥!




P4221042.jpg



おぉ~ これって!?

チランジアの子供でしょうかね、、


なにしろ初めてのチランジアの株なので

これが子株だったらなんとも嬉しい


さあ、、

変化が出始めたチランジア

これはまた楽しみが広がります


ではまたです

ココナッツジュース

  • 2014/04/22 09:48
  • Category: 日常
隠居です




今朝のルセナは晴れ


P4220994.jpg


気持ちのいい風が吹き

爽やかな早朝、、


庭で咲く

黄色いバンダの花が朝陽に輝く一瞬、、


P4220990.jpg


朝陽は全てのものを美しく映し出す‥

朝8時の気温29度





さて、、





ホーリーウィークが明けた一昨日の日曜日

妻の親戚に誘われて

双子娘の姉娘と妻がお出掛け


出掛けた先は

ルセナ郊外にあるココナッツやバナナ畑が続く長閑なところ、、




P4200909.jpg




この静かなところに

ポツンと親戚の住む家がある


緑に囲まれ風通しがいいので

今の暑いシーズンはピクニックにちょうどいいとのこと、、


この近くを流れる川では

家族連れが川遊びをしたり

女性たちが川で洗濯をする姿が今も残る、、




P4200857.jpg




普段

綺麗に舗装された道しか歩く事が無い姉娘にとっては

未舗装の土や草の上を歩きながら

地面の感触に触れることもこれまた大切、、




P4200888.jpg




親戚の家に続く道脇には

そこに住む人たちが使う生活道具が置かれ

姉娘にとってはこれまた面白く知識を増やした様子、、




P4200889.jpg




親戚の家に歩いて向かう静かな道中

妻は姉娘にここでの昔のライフスタイルを話して聞かせたらしい、、




親戚の家では

採れたばかりのココナッツジュースをご馳走して頂き

ココナッツジュースが大好きな姉娘は大喜び、、




P4200898.jpg



ん~ 

適度に歩いて喉が渇いた姉娘にとって

この静かな緑に囲まれた環境の中で飲むココナッツジュースは

きっと世界で一番美味しいココナッツジュースだったことは間違いない、、




P4200903.jpg



近くには

姉娘の身長よりも低いところに

インディアンマンゴーの実が生っていたそうで

これまたマンゴー好きの姉娘は大喜びだった様子


ん~

この場所で

静かに小鳥のさえずりを聞きながら

木陰で涼しい風に吹かれているだけでも癒されそうだな、、



妻と姉娘

朝から一日親戚の家にお邪魔して夕方帰宅




P4200934.jpg




お土産に持ってきてくれたココナッツジュースを冷蔵庫で冷やして飲む

ココナッツのいい香り、、これは旨い、、


妻曰く「車いすでもマンゴーに手が届くよ」との話なので

電動車椅子でマンゴー狩りも面白そうだな、、

問題は、、親戚の家に辿り着くまでの道中か‥‥


ではまたです

ドラゴンフルーツの新芽

隠居です




今日のルセナは曇りのち晴れ


P4210948.jpg


朝方どんよりとしていた曇り空も

昼から一気に青い空、、

日中気温33度





さて、、





曇り空の早朝

庭に出て、、

今月10日に伸びた茎節のトップをカットした

鉢植えの背の高いドラゴンフルーツの茎をみていたら、、


おや‥?

カットした部分から‥




P4210943.jpg




おぉ~!

芽が出てきてますね

やっぱりカットして正解だったのか?

いやいや、、

もっと早く気付いてカットしていたら

今頃は花が咲いて実が生っていたかも知れないな‥

っと、今朝は半分嬉しく半分後悔、、


まあ、どうやら今のところは順調な感じのドラゴン

この芽が伸びて茎が下垂してくれれば‥

いつか花が咲きドラゴンの赤い実がつくはずですが?

さあ、、

どうなるでしょうかね



で、、



今朝はテラスで

娘たちが焼いてくれたホットケーキを食べる



P4210947.jpg



ん~ 焼きたては美味しい、、


ではまたです

ファレノプシス シレリアナ咲く

隠居です



今日のルセナは曇りのち晴れ

朝から蒸し暑い、、

こんなお天気のときは

ひと雨ザーッと降ってくれるとすっきりするんですが、、

お昼の気温33度





さて、、





我が家のファレノプシス シレリアナ



P4200827.jpg



裏庭の遮光スペースには

へゴ板や椰子殻に着生させて吊り下げた株もあれば

ドリップウッドに着生させた株もあり

今シーズンは全部で14株から14本の花茎が発生、、


そして、、


その長く伸びた14本の花茎の内

蕾が確認できたものは

ドリップウッドに着生させた株から伸びた花茎2本のみ、、


ここ数年

いやいや、、多分5年以上かな?

我が家の庭でファレノプシス シレリアナの花は咲いていないので

この2本の花茎についた小さな蕾が無事に開花することを

毎日毎日楽しみにしていましたが‥



やっと‥


ついに!


昨日、、


待望の!!




我が家のファレノプシス シレリアナ開花!!




P4190757.jpg




素晴らしい‥


ゆるやかな曲線を描く白い花弁には

うっすらとしたピンク色が塗られ

そしてその薄いピンク色の上からは

非常に細かい斑点模様がアクセントとしてちりばめられ、、

短いヒゲにずんぐりとして丸みを帯びたリップの姿は愛嬌を感じます




P4190784.jpg




フィリピンに自生する着生蘭

ファレノプシス シレリアナ (Phalaenopsis schilleriana)


自然界が創りだした

この美しい花のサイズは5㎝ほど




P4190762_20140420114842d91.jpg




例年

我が家の庭では

花茎が伸びても毎年子株に化けてしまい

何年も花を見ることができなかったので

今回の開花は非常に嬉しい限り、、


今年の1月~2月にかけて

例年よりも朝晩の気温が下がったのが

今回シレリアナの開花につながったんでしょうね



で、、



今年は

友人宅のシレリアナも咲き

何度か花を見に行かせてもらったけど、、


ん~


どうやら?

ここのファレノプシス シレリアナには

株によって花の姿に違いがあることが分かりました


我が家の花と友人宅の花を比べてみると‥



P4190753_201404201103441bf.jpgP3310481_20140420110342c77.jpg
我が家のシレリアナ ↑                      友人宅のシレリアナ ↑

(花の色の違いは光線の影響、、)


我が家のシレリアナの花弁は丸みが小さくスリムな形

友人宅のシレリアナの花弁はボリュームのある丸みで胡蝶蘭らしい形


ん~

今回咲いた我が家のシレリアナの花

友人宅で咲いていたシレリアナの花よりも一回り小さく感じるのは

花弁の形状のせいなのか、、?


花弁の形以外にも

リップなどにも微妙な違いが見れます




P4190760_20140420110634141.jpgP4160659_201404201106328a6.jpg
我が家のシレリアナ ↑                      友人宅のシレリアナ ↑



こうして

我が家と友人宅の花を比べただけでも

違いが見て取れるという事は、、

一口にファレノプシス シレリアナと言っても

株によって様々な個体差があるということですね、、


これはなんとも面白く

そして非常に興味深い事実、、


それぞれの株の先祖が

ここのジャングルの中で長いながい年数をかけ

それぞれ別々の自然交配を重ねてきた結果が

我が家のファレノプシス シレリアナであり

そして友人宅のファレノプシス シレリアナの姿、、

あ~ これこそ

ワイルドオーキッドの醍醐味でしょうかね


今、我が家の裏庭では

咲きはじめたファレノプシス シレリアナと共に

同じくこの地に自生するファレノプシス アフロディテが咲いている、、




P4190782_201404201148434ac.jpg



ここでは

シレリアナそしてアフロディテも開花シーズンは同じ

そして、、

ここには通年花を咲かせることが可能な

ファレノプシス インターメディアも自生している


確率的には非常に少ないだろうが

気が遠くなるような長い年月のうち

様々なファレノプシスの自然交配が行われても不思議ではない、、


自然界が創りだしたワイルドオーキッド

この地のファレノプシスには夢とロマンを感じます




P4200801_20140420114844e52.jpg




この地では

いまもひっそり人の目に触れることも無く

ジャングルの薄暗い木漏れ日のなか

どこかでファレノプシスが咲いているんでしょうね‥


ではまたです

キャッサバのちまき

隠居です




今朝のルセナは曇り

時折陽が差す明るい曇り空

ちょっと蒸し暑いけど、、晴れてくるか?

朝9時の気温31度





さて、、





子供たちの夏休み

毎日夕方涼しくなると

暗くなるまで外の道路でバドミントン、、



P4020004.jpg



子供たちが小さかった頃は

夏休みとなれば自転車に乗って近所を走り回るのが

毎年楽しみだったようだけど、、

ここ数年、夏休みの定番はバドミントン


手軽に誰でも楽しみながら適度な運動ができるので

長いながい夏休みにはちょうどいい、、

時々、妻が娘たちを相手にバトミントンをやっているけど

夢中になってやりすぎた翌日、妻は筋肉痛、、



と、、



今年も長閑な夏休み

子供たちも日中は暑くて外に出ないので

こんな時にはと、、

妻が娘たちと一緒に簡単なおやつ作り


先日作っていたのは

キャッサバを摩り下ろして作るスーマンと呼ばれるちまき


外の空き地からバナナの葉を採ってきて

切り揃えたバナナの葉をガスの火で軽く炙る


バナナの葉を火で炙ると

バナナの葉が柔らかくしなやかになるので

ちまきを作るときに包みやすくなる、、

こういった小さな事も

子供たちが実際に見てやって覚える事も非常に大切

学校の勉強以外にも覚えておいて便利なことは沢山あるのだ、、



で、、



摩り下ろしたキャッサバに

砂糖とココナッツの果肉を加えたものをバナナの葉で包み込む



P4150586.jpg



いつもこっちで食べるスーマンと呼ばれるちまきは

無着色の白っぽいものしかないので、、


今回は

赤いフードカラーで着色したものも一緒に作ってみる



P4150583.jpg



子供たちが一緒だと

ただのちまき作りもちょっとした遊び感覚、、

楽しみながら作り方を覚えてくれればそれが一番



P4150589.jpg



そして

バナナの葉で包んで巻いたこのちまきを蒸しあげれば

紅白のキャッサバちまきのできあがり、、



P4160662.jpg



もち米で作ったちまきと違い

シャキシャキした歯ごたえが美味しいキャッサバのちまき


白いちまきも赤いちまきも味は全く同じだけど

子供たちは赤い方が美味しいと言う感想、、



今回

ちまきを蒸すついでに

市場で買ってきたサツマイモも一緒に蒸してもらったら、、



P4150599.jpg



おぉ~ 見事な三色、、


さて、、

次は何を作りましょうかね?


ではまたです

ファレノプシス シレリアナの種

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P4180733.jpg


物売りの姿も無く静かな早朝

今年のグッドフライデーも暑くなってきた、、

午前10時の気温32度





さて、、





一昨日



P4160635_20140418125910f9b.jpg



友人宅で美味しいお汁粉を頂いたあと

島根県出身の友人宅へもお邪魔して

冷えたサンミゲルを頂きながら

ファレノプシス シレリアナの群生地の様子を見せてもらう、、



P4160654.jpg



群生地で咲いていたシレリアナの花は

そろそろ終わりの様子、、


50本ほど伸びていた花茎のうち

花が咲いたのは半分ほどでしょうか、、

花が咲かなかった残り半分の花茎の先端からは

どうやら子株が発生しそうなので

これでまた友人宅のシレリアナの株数が増えますね



P4160659.jpg



年々巨大化していく友人宅のシレリアナ群生地

また来年が楽しみです



と、、



友人宅で何本も伸びたシレリアナの花茎を見ていたら

花の終わった1本の花茎に‥


なんと!?


ファレノプシス シレリアナの種がついていた!



P4160652.jpg



へぇ~ 驚きましたね~

初めて見ましたよ、ファレノプシス シレリアナの種の入った鞘

長さは約8㎝ほど

他の花が終わった花茎を見たけど種はこのひとつだけ


やっぱり、、

自然交配で種ができる確率は非常に少ないんでしょうね

そして

このファレノプシス シレリアナの受粉を手助けしたのは‥?

私の勘では、、

親指サイズのクマバチじゃないかなと思います


我が家の庭でバンダやカトレア、胡蝶蘭などの花を観察していると

黒くて大きいクマバチが

毎日同じ時間帯に庭を飛びまわり

それぞれの蘭の花のリップ部分から中心に向かって

クマバチが頭から体の半分を突っ込んでいる姿を見る事ができます


今年

友人宅では花も見れたし種まで見れたのは

なんとも素晴らしくラッキーな出来事、、



と、、



友人宅のシレリアナは

もうそろそろ花も終わりだけど、、


気になるのは我が家の庭のシレリアナ‥


今朝

水遣りをしながらシレリアナの花茎を見たら、、



P4180729.jpg



おぉ~ やっと‥ 蕾が割れてきた!


ふ~ 蕾の数は少ないけれど

今年は我が家でもファレノプシスシレリアナの花が見れそうです



で、、



昨日

娘たちが食べていた

アイスクリームバーガー



P4170709.jpg



ウベとマンゴー

暑いシーズンこれまた美味しい、、


ではまたです

お汁粉

  • 2014/04/17 12:08
  • Category: 日常
隠居です




今朝のルセナは曇り時々晴れ

例年晴れて暑いホーリーウィークも

今年は珍しく天気が悪い、、


いつもは軽やかなリズムに乗って聞こえてくるパッションの歌声も

曇り空の下では心なしかちょっと重いかな、、

お昼の気温32度


今朝

昨夜の雨で濡れた庭では

プテロセラス アングイクラタムが開花


P4170672.jpg


これぐらいまとまって咲いてくれると

いい感じ、、





さて、、





昨日の午後

電動車椅子に乗って曇り空の下

外へ出る、、


途中

スイカやマンゴー、バナナを並べて売っている

木の下のフルーツスタンドを眺めながら

とろとろ進む、、



P4160628.jpg



いいですね~

こういう長閑で南国らしい風景


電動車椅子のスピードは時速6kmなので

人がちょっと早足で歩くくらいの早さ、、


昨日みたいな曇り空で

日中の暑さも気にならない時は

のんびりとした日常風景を眺めながら

とろとろ電動車椅子を走らせるのがこれまた楽しいひと時、、


と、、そんな道中


このシーズン良く見かけるのが

季節の風物詩、、

カラフルな浮き輪やビーチボールを売り歩く姿



P4160640.jpg



今週のホーリーウィークが終われば

週末は大勢の家族連れでビーチや山のプールも大賑わいでしょうね



と、、



のんびりした昼下がりの道を電動車椅子でとろとろ進み、、

着いた先は福岡県出身の友人のお宅


ここで島根県出身の友人と合流し

久しぶりに車いす同士3人で会話が弾む、、


筋ジストロフィー、頚椎損傷と

病気怪我、障害の程度はそれぞれ違うけど

二人の友人もこちらでの生活は長いので

一緒に話をしていると街のことから入管、日常生活から介助用具の話と

非常に役立つ情報満載幅広い、、


そして!?


ここでなんとも懐かしいものをご馳走になってしまった!



P4160645.jpg



おぉ~ お汁粉、、

お汁粉を目にするのは何年ぶりだろうね


島根県出身の友人と一緒に驚きながら

お汁粉を頂いたら、、

これは旨いな~ 

やっぱり日本人は餡子だよ、、


昔日本で食べたお汁粉の美味しさそのままだったので

てっきり日本から持ってきた貴重な餡子で作ったのかな? っと、、

福岡県出身の友人に聞いてみたら?


お餅は日本からの物だけど

小豆はここで売られている小豆を

奥さんが圧力鍋で煮たものとのこと、、


へぇ~

確かに小豆はSMの食品売り場に売られているけど

こんなに上手に美味しく小豆が煮られるなんて素晴らしい、、


あ~ 

やっぱり我が家も圧力鍋を買うべきか、、っと真剣に考える



で、、



帰り際

友人宅の庭に変わった植物の鉢植えを発見

これはなんだろな~ っと思いながら

友人の奥さんに聞いてみたら、、


これはマニラで貰って来た植物で

確か、、名前はグリーンタイガー 

そして白い花を咲かせるとのこと、、



なんとも惹かれる面白い植物なので

早速お願いして

その植物を株分けして貰ってきてしまったのが

こちら、、



P4170689.jpg



ちょっと肉厚な感じのする葉に

なんとも美しい緑色の斑点模様、、



P4170696.jpg



なるほど

グリーンタイガーって感じだけど

この植物はなんでしょうかね?



~ 追記 ~

ネット検索の結果

どうやら、この美しい葉の植物は

アフリカ原産の レデボウリア ボトリオイデス (Ledebouria botryoides) らしい、、

~ 以上、追記終わり ~



葉も面白いけど

根の部分は球根というか? イモというか?



P4170703.jpg



多肉植物の部類なのか、、なんなのか?

なんとも非常に興味深い植物



今朝

早速アグリバッグへ植え込んで見たけれど

ちゃんと根付いてくれるでしょうか?!



P4170706.jpg



さあ、、

またまた庭の楽しみが増えました

いつか白い花が咲く! かな、、?


ではまたです

ファレノプシス アマビリス咲く

隠居です




今朝のルセナは曇り時々小雨

すっきりしない空模様

降るならザーッとひと雨降ってくれるといいんですがね、、

朝9時の気温29度





さて、、





早朝

小雨がぱらつく薄暗い庭

さらに薄暗い裏庭の遮光スペースへ行ってみたら、、


ドリップウッドに着生させてある

ファレノプシス アマビリスが開花!




P4160605.jpg




素晴らしい‥


このファレノプシス アマビリス

去年、Wild Mineさんから頂いた貴重な株

我が家で開花するのはこれで2回目


さすが原種系ファレノプシスらしく

鉢植えの時よりもドリップウッドに着生させてからの方が

根と葉の勢いがいいのはストレスフリー状態のせいか?

それとも、、

ワイルドオーキッドとしての本能に目覚めたか、、?


去年の開花は花茎1本だったけど

今回は花茎が2本立っているのでこれからが楽しみ



そして、、



同じ遮光スペースでは

ファレノプシス アフロディテが満開状態、、




P4110472.jpg




アマビリスに負けず劣らず非常に美しい姿

これでワイルドオーキッドだっていうんだから素晴らしすぎる、、


このアフロディテはここの花屋さんで入手した株

花屋さんの話だと、、

これはケソン州産のファレノプシス アフロディテ


我が家の庭で

ファレノプシス アマビリス と ファレノプシス アフロディテ

この原種同士が一緒に花を咲かせる姿を見れるなんて‥

は~ こんな素晴らしいことはありませんね、、


なにしろ

ここルセナ近辺の山中には

ファレノプシス アフロディテ、ファレノプシス シレリアナ

ファレノプシス インターメディアは自生しているはずだけど

ファレノプシス アマビリスはこの地域には自生分布していないはず、、


なので、、


白系原種胡蝶蘭である

ファレノプシス アマビリス と ファレノプシス アフロディテが

それぞれ咲いている姿をここルセナで見られることの意味は非常に大きい、、


は~ 

ここ近辺の薄暗いジャングルでも

大木の幹に着生したアマビリスが咲き乱れているんでしょうね

想像しただけでもわくわくしてきます


ではまたです

ジャックフルーツ

隠居です




今朝のルセナは薄曇り


P4150568.jpg


青空が見えたかな?っと思うと

小雨がぱらついたり、、

ふ~ ちょっと蒸し暑い

朝9時の気温30度





さて、、





数日前

妻と娘たちが

田植えを終えた田んぼの様子を見に行った帰り

実家からお土産で貰ってきたのが

沢山のフルーツ、、



P4090361.jpg



インディアンマンゴー、サババナナ

そしてこちらでランカと呼ばれる大きなジャックフルーツ



早速

子供たちはインディアンマンゴーの皮を剥き

お塩をつけたり、お醤油をつけたりして

硬くて酸っぱい実をカリカリカリカリ齧って食べる、、



P4110482.jpg



子供たちにとって

この酸っぱいインディアンマンゴーを食べるのも夏の楽しみ

暑いシーズン

この目の覚めるような酸っぱさが一段と美味しく感じるんでしょうね



で、、



サババナナは

ショウジョウインコだけでは食べきれないので

子供たちのおやつ用に

バナナに黒糖をからめながら揚げたバナナキュー



P4110451_20140415095042890.jpg



黒糖の濃厚な甘さとバナナの適度な酸味

揚げたて熱々をフーフーしながら食べる子供たちを見ていると

お店で買ってくるお菓子より

やっぱりこんな手作りのおやつの方が子供たちは嬉しそうだな、、



で、、



ここではランカと呼ばれるジャックフルーツ



P1261163.jpg



ジャックフルーツの面白いのは?

フルーツでありながら

未熟な白い実は野菜としてココナッツミルクで煮込んだりすれば

我が家でも美味しいおかずとして食卓に上り、、



P2240283.jpg



そして

この美しい突起が整然と並んだジャックフルーツの実から

ほのかにジャックフルーツ特有のあの香りが漂ってくれば

中の実は黄色く熟しはじめ

あの独特な甘い果肉を食べることができる、、



P4090368.jpg



ここでは

日本に居たときには見たことも食べた事もなかった南国フルーツが沢山あるので

様々な南国フルーツが食べれるのが日々の楽しみ、、


この黄色く熟した食べ頃のジャックフルーツから

発せられるジャックフルーツの香りは非常に独特


初めてこの香りを嗅いだときは「臭い‥」としか思えなかった

果物の香りというよりも、、

これは、、化学合成物質か?、ビニール、プラスチック‥

食べ物としての香りや匂いとは全然違って

長い間ここに居てもジャックフルーツは体が匂いを受け付けなかった、、



P4100418.jpg



しかし、、


慣れと言うのか、、体が適応したというのか?

他に食べる物が無かったからなのか‥

最近は、このジャックフルーツの香りも嫌ではなくなり

黄色い実を美味しく食べれるようになってきた、、



P4090369.jpg



大きな種のまわりの黄色い果肉を剥いて食べるけど

黄色い果肉は甘さが強く他の南国フルーツのような酸味がない


そして黄色い果肉の食感がこれまたなんとも癖になる、、

果肉の舌触りはツルツルスベスベ

その果肉を噛むとシコシコシャキシャキ


ん~

この強烈な香り、強い甘さ、そして癖になる食感

なんとも面白くて慣れれば美味しいジャックフルーツだけど、、


もうひとつ?

おまけ的な楽しみが

この親指の頭ほどのサイズのジャックフルーツの種



P4130528.jpg



この種を茹でて、、



P4110457.jpg


(今回、ちょっと水が少なくて種を焦がしてしまった、、)


この茹でたジャックフルーツの種

皮を剥いて食べてみると!?


あっ、、これは栗だ‥


甘みは無いけど

茹でられてホクホクした種の中身を口の中で噛んでいると

どこからともなく、、栗の風味がやってくる、、


まさか

ジャックフルーツの中に栗が隠れているとは予想外でしたが

これは栗の代用品として使えるか?



P2240276_2014041510433418a.jpg



ではまたです

デンドロビウム アフィラムの花芽

隠居です




今朝のルセナは晴れ時々曇り


P4140541.jpg


一枚の絵のような美しい空模様

薄曇りの空に強い風が吹き流れたんでしょうかね、、

朝10時の気温33度





さて、、





早朝

庭のケージの中では

ボタンインコが気持ちのいい風に吹かれて

朝からうとうと、、



P4140547.jpg



こちらでは

アフリカンラブバードと呼ばれるボタンインコ

好奇心旺盛で愛嬌のある動作がとてもかわいい、、




で、、




早朝

庭のインコたちを見ながら裏庭へ行き

遮光スペースの着生蘭たちにスプレーで水を掛けながら

ドリップウッドの天辺から1m以上伸びて下垂した

デンドロビウム アフィラムの茎を眺めていたら、、



P4140538.jpg



あ~

節目からポツポツ出てる、、

これはまた子株が出て来るのかな、、?


ん~

もうすぐ花が咲くシーズンに突入するから

そろそろ花芽が出て来るはずなのに、、



P4140536.jpg



っと、、

長く垂れ下がった茎を手にとってよく見てみたら!?



P4140535.jpg



おぉ~ これは!

どうやら子株じゃなくて、、花芽でしょうね


他はまだ子株と花芽の判別は出来ないけれど

どうやら庭のアフィラム

開花シーズンに向けて少しずつ変化が現れてきた様子、、


さあ、、

我が家のデンドロビウム アフィラム

今年は鈴なりに花が咲くのか? 単発で終わるのか、、?

これまた楽しみですね


ではまたです

ドラゴンフルーツの茎節を植える

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P4130512.jpg


カラッ!と晴れて

朝から暑い、、

朝9時の気温31度






さて、、





早朝

鉢植えのミラクルフルーツの木から

真っ赤に色付いた実を収穫、、



P4130507.jpg



早速

ふたつのアグリバックへ赤い実を蒔く


ここのところ暑さに怠けて、、?

植え替えやら草むしりをさぼっていたので

今朝はちょっと作業するだけで汗が吹き出る、、



そして

先日切り取ったドラゴンの茎節部分



P4100379.jpg



今朝見たら

切り口も十分に乾いていたので

早速アグリバックへ植えてみた、、



P4130508.jpg



ドラゴンの茎には小さな棘がぽつぽつ出ているので

手に棘が刺さらないようにびくびくしながらの作業、、


ブーゲンビリアの棘に比べたら

全然かわいいドラゴンの棘だけど

ふ~ やっぱり刺さると痛かった、、


さあ、、

これでドラゴンの新芽が吹いてくるのだろうか?




P4130517.jpg



今朝も庭では

ドリップウッドに着生したバンダの花が美しい、、


ではまたです

黄色いアイリス

隠居です




今朝のルセナは晴れ

気持ちのいい風が吹き

次々と大きな雲が流れていく、、

午前10時の気温31度





さて、、





先月の終わり

妻が市場へ買い物に出掛けたとき

お婆さんがサイドウォークで植物を売っていたそうで

お土産に買って来てくれたのが‥?


カップラーメンの空容器に植えられた

この植物、、 P15ペソ也




P3290252.jpg




お婆さんが妻に言うには

「これは、グランドオーキッドだよ」とのこと、、


妻は、これはグランドオーキッドじゃないな~ 

って思ったので買う気は無かったけど

でもやっぱり、、

ひとりポツンとサイドウォークでお婆さんが植物を売っている姿を見たら?

何か買ってあげたくなったらしい、、


と、、


言う事で我が家に来たこの植物

いくつか蕾らしいものがあったので

花が咲けばこの植物の種類も分かるだろうと

カップラーメンの空容器からアグリバッグへ植え替えて

木陰に置いて様子を見ていたら‥



なんとも!

きれいな花が開花した!!




P4100389.jpg




あっ~ この花は見たことがある!


そうだ、、

昔、ルクバンのローカルリゾートへ行ったとき

涼しい木陰に面した道路脇に群生して咲いていた花と同じ花


鮮やかな黄色い花の中心に

ポツポツと茶色い斑点模様が入るのも同じ姿、、




P4100398.jpg




まさか、、

ここでこの花に出会えるとは思っても見なかった


これは嬉しいですね

数年ぶりに友人と偶然ばったり出会ったような感覚でしょうかね、、?


ん~

あの時、結局この花の種類が分からず

それっきりになっていたけれど

今回ようやく、、

この美しい黄色い花を咲かせる植物の種類が判明!




P4100394.jpg




これは

南米ブラジル原産アヤメ科の

イエロー ウォーキング アイリス (Yellow walking iris)


詳しくはこちら → 花しらべ-花図鑑 ネオマリカ・ロンギフォリア


なるほど、、

そう言われれば

花の姿、蕾の付き方を見るとアヤメに似ていますが

ハ~ アヤメ

なんとも懐かしい植物の名前だな、、


咲いた花は一日で終わってしまうのが勿体無いけど

ここでこの黄色い花に再会できた驚きと

この植物がアヤメ科の植物だったということにこれまたちょっと驚いた、、




P4100397.jpg




さあ、、

我が家の庭でもアヤメ科植物が育つのか!?

ちょっと心配、、


ではまたです

ブーゲンビリアの枝挿し 2ヶ月経過

隠居です




今朝のルセナは曇りのち晴れ


P4110444.jpg


早朝ぱらついた小雨も上がり

青空が広がってきました、、

朝9時の気温30度





さて、、





P2102278_2014041110023939c.jpg



2月10日に枝挿しした

薄紫色のブーゲンビリアの小枝、、



P2102297_201404111002410f5.jpg



葉付きのまま10鉢枝挿しして

そのまま木陰に放置


そして、、


ひと月後の3月初め

枝挿しした枝からちょこちょこと芽が吹いてきた、、



P3121143.jpg



ん~

なんとも可愛い姿でありながら

植物の生命力に感心します、、


そして、、

さらにひと月経過して

今朝の様子‥



P4110437.jpg



枝挿ししてから

今日でちょうど2ヶ月経過

新芽から伸びた葉も大きくなってきたので

もうここまでくれば一安心


今回は10鉢枝挿しして4鉢成功

庭用にするだけなので

このくらい残ってくれればちょうど良いかな、、



そして

同じ時期に枝挿しした赤いブーゲンビリアの方は

枝挿しに使った枝が太かったせいか?

新芽から伸びた枝葉の勢いが一段といい、、



P4110440.jpg



この枝挿しは5割成功


さあ、、

これでまた庭のブーゲンビリアが増えましたよ


ではまたです

ドラゴンフルーツの花を咲かせるには?

隠居です




今日のルセナは晴れ


P4100408.jpg


朝から陽射しが強い、、

午前11時の気温33度





さて、、





庭では

ドリップウッドに着生させてある

ピンク色のバンダが開花、、



P4040192.jpg



いいですね~

青空の下

強い直射日光を浴びて咲くバンダの姿

なんとも美しい、、



で、、



庭には

ドリップウッドの高さに負けないぐらい背丈がのびた

ドラゴンフルーツの木がありまして、、


中庭のドラゴンは鉢植え

外庭のドラゴンは露地植え

両方とも茎節を上へ上へと順調に伸ばし背丈は2mほど、、


この我が家のドラゴン

去年5月のケソンウィークで苗木を買って来て植えたから

庭に植えてからもうすぐ1年、、


去年苗を買ったとき

確か、、お店の人の話では‥ 「1年すれば実がなるよ!」


しかし、、

順調に背を伸ばす我が家のドラゴン

どうも花が咲いたり実を付けるような気配がしない‥

どんどんどんどん空に向かって茎節だけが伸びていく、、


ん~

去年、面白くて植えたけど

さて? どうすれば花が咲くのだろう‥ とネットで検索してみたら!

なんとも衝撃的な事実が判明!?


どうやら私の解釈が正しければ、、

ドラゴンフルーツは茎節が下垂した状態でないと花芽がつかない!?


へ~ なるほど、、

だから1.5mほどまで背丈が伸びた茎節のトップを摘心し

そこから新芽を吹かせて新しい茎節が下垂するように仕立てないといけないわけか、、


ん~

我が家のドラゴン

このまま空に向かって伸びてる以上

いつまでたっても? 花が咲かない実もならない、、



っと、いうことなので?



今朝

背が伸びたドラゴンの茎節のトップを

妻に切り取ってもらう、、



P4100384.jpg



これでいいのかな‥?


外庭と中庭のドラゴンの茎節トップを切り落としたので

切り落とされた茎節の頭がふたつ、、



P4100379.jpg



この切り落としたふたつの頭

このまま数日日陰に放置して切り口が乾いたら

多分、、また植えることができる?


さて、、

どうなるでしょうかね~


ではまたです

アジの干物

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P4090357.jpg


大きな雲がゆっくり流れて

ちょっと蒸し暑い、、

朝9時の気温31度





さて、、




庭では

鉢植えのアマリリスが開花中



P4070322.jpg



朝陽に浮かぶ鮮やかなオレンジ色

美しすぎる光景です




で、、




一昨日の早朝

近所の漁船乗りのおじさんの家で

魚を軒先販売していたので妻がアジを購入、、


アジの鮮度もいいし

天気もいいし‥


じゃあ、、

干物にしようという事になり


妻が開いて塩水に漬けたアジを

風の通る軒下で干す、、



P4070335.jpg



この時

軒下で半日ほど干すつもりが、、

昼過ぎに知人が来て

そのまま夕方まで話が弾み‥


あ~

途中で干物を取り込むことを忘れてしまった



P4070343.jpg



なので

今回の干物はちょっと干しすぎ乾きすぎになってしまったけど

夕方取り込んだ干物は一晩冷蔵庫で放置して、、


早速

昨日のお昼のおかず


娘たちが炭をおこして干物を炙る、、



P4080345.jpg



ふ~

干物が焼ける香ばしいかおりが漂います


昨日も日中暑かったので

炭を使う娘たちは暑い暑いと言いながらも

焼けた干物をつまみ食いしながら干物を炙るのが楽しい様子

これも長閑な夏休み風景かな、、?



P4080348.jpg



焼きあがったアジの干物

ん~ 

干しすぎたのでちょっと身が硬いけど

やっぱり焼きたての干物は旨い、、


さあ、、

次は何の干物を作りましょうかね


ではまたです

アナナス

隠居です




今朝のルセナは曇り時々晴れ

台風4号の影響か?

今日は朝から蒸し暑い、、

午前10時の気温31度





さて、、





花が終わったチランジアの次に

テラスのテーブルに飾ってあるのが

美しくも面白い姿が印象的な、、

小さな鉢植えのアナナス



P4030093_20140408115213b41.jpg



真っ赤な花序を陽に透かしてみると

中に何かが隠れているのがぼんやり見えるけど‥

ん~ 

花が咲くんでしょうかね~?


で、、


このアナナス

こちらの花屋さんでは「ブルミリア」と呼ばれて売られているけど

多分、ブルミリアは BROMELIA のことでしょうかね


こちらの花屋さんでも良く見る植物だけど

種類が豊富すぎて区別が分からなかったので

ネットで検索したら、、


~ アナナス Wiki ~

 アナナス(Ananas)とは、本来はパイナップルのことであるが、園芸上はパイナップル科の植物
 (特に園芸上の価値のあるもの)の総称を意味することが多い。
 この意味でのアナナスは、アナナス属 (Ananas) の他、グズマニア属 (Guzmania)、エクメア属 (Aechmea)、
 フリーセア属 (Vriesea)、ブロメリア属 (Bromelia) などがある。
 
 これらの植物には葉が美しいものがあり、観葉植物として栽培される。
 また、花苞(一見、花のように見える部分。実際は葉の変化したもの)も美しい。
 繁殖は株分けが中心である。着生植物が多く、ミズゴケで栽培する。
 また、葉の間に水を蓄えるものが多い。エアープランツ(チランジア属)もこれらの仲間に含まれる。

~ 以上、アナナス Wiki より ~


と言う事で

なんとなく理解できた感じだけど

アナナス、そしてこちらではブルミリアと呼ばれる種類が多い理由はわかりました

各属をまとめての名称ってことですね

そして、、

チランジアも仲間っていうのが? へェ~ って感じ


庭の植物の事を調べたり観察していると

身近な場所にも、、

まだまだ知らない事が沢山ありすぎて驚きますが、、


いや~ 毎度の事ながら、、灯台下暗し



P4030095_20140408115215f0b.jpg



で、、

この鮮やかな赤が美しいアナナスは

フリーセア属の1種と言うことで‥す?


ではまたです

まだまだ咲き続けるドリテノプシス パープルマルティン

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P4070266.jpg


日陰で風に吹かれていると

気持ちが良くて寝てしまいそう、、

日中気温34度





さて、、





去年の5月から

庭で花を咲かせ続けている

鉢植えのドリテノプシス パープルマルティン




P4030063.jpg




美しい紫色の花のサイズは約3.5㎝

小さな花からはバニラのような甘い香りが漂います



我が家の庭では胡蝶蘭と同じく

薄暗い遮光棚に置いてあるこのドリテノプシス パープルマルティン

花茎の先端に次から次へと蕾をつけて花を咲かせ

どんどん伸びていく花茎、、

開花したばかりの紫色の花は

日が経つと共に色が抜けて白い花となり落ちていく、、




P4030071.jpg




このドリテノプシス パープルマルティン

去年の5月

Wild Mineさんから頂いた時には2本の花茎が伸びていたけど

その後、、

もう1本新しい花茎が出てきて

現在は3本の花茎が花を咲かせ続けていますが、、




P4030042.jpg




もうすぐ

花を咲かせ続けて1年、、

一番長く伸びた花茎を見たら

花が咲いて落ちた形跡と今咲いている花の数を数えると全部で35‥


ん~ 

ひと月に3輪ほどとゆっくりしたペースで開花継続中

さて、、

いったいいつまで咲き続けるのでしょうかね?




と、、




先日

近所のおばさんにウェルカムプランツをあげたら

そのお礼にと食べ頃のグヤバノをひとつくれたので

冷蔵庫で冷やして食べてみたら、、



P4050214.jpg



おぉ~!

グヤバノってこんなに美味しかったかな? って味で驚いた、、


白い果肉を口に入れた瞬間

サワーって感じのサッパリとした酸味と甘み

そして果肉に含まれる非常に細くて絹のような上質な繊維質

この絹のような繊維質を噛みしめた時の不思議な食感がなんともいい、、

これはちょっとやみつきになる


グヤバノって好き嫌いが分かれそうな味なので

今まではあまり好んで食べなかったけど‥


今回はグヤバノを冷やして食べたのがよかったのか?

ん~

なんとなくマンゴスチンの味にも似ているけれど

グヤバノの上品なヨーグルトサワー味 + きめ細かな繊維質の食感はくせになる、、


ではまたです

サクラ桜

  • 2014/04/06 11:19
  • Category: 日常
隠居です




今朝のルセナは晴れ


P4060239.jpg


サマー! って感じ、、

午前10時の気温32度





さて、、





昨日は

妻の実家にある田んぼの田植え

台風4号が発生し

来週の中頃からミンダナオ方面に接近するようなので、、

とりあえず台風が来る前に田植えが終わって良かった





で、、




ここでは

連日暑い日が続くけど


日本では

サクラ咲くシーズン到来!




027.jpg




昨日

車上生活でTokyoの冬を越された Wild Mineさんが

美しすぎるTokyoのサクラ景色をメールで送ってくれました、、




017.jpg




神田川のサクラ

素晴らしいですね~


実際この風景を見たら言葉を失いそう、、




028.jpg




春ですね


そう言えば‥

最後にサクラの花を見たのはいつだろう

ん~ 思い出せないけど

10年以上は見てないな、、




026.jpg




今朝

市場に買い物に行った妻がお土産に

こちらの餅菓子を買って来てくれたので、、


桜餅の代わりに?

ビコウベとビコパンダンを食べる




P4060226.jpg




ん~ 味違うけど、、

ちょっとだけお花見気分



こちらは目黒川のサクラ



007.jpg




昼間の桜並木も美しいけど

ボンボリの明かりに浮かび上がる夜桜も

これまた美しいでしょうね


ふ~

今日はお花見気分、、

Wild Mineさんありがとうございました


ではまたです

鉢植えのタコ

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P4050194.jpg


さらさらと、、

心地よい風が吹きぬける気持ちのいい朝

午前10時の気温32度





さて、、





強い陽差しが気持ちのいい早朝

小さな庭では蘭たちに負けまいと、、?


足元では

鉢植えのサフランモドキがちょこちょこと咲き、、




P3300294.jpg




その向かいに置いてある鉢植えのニラからは

ネギ坊主ならぬニラ坊主が咲く、、



P4040145.jpg




このニラ坊主

うまく種が採れたら蒔いてみましょうかね


こちらではクチャイと呼ばれるニラ

我が家では毎月1回鉢植えのニラを収穫し

みんなで餃子を作って食べるのが子供たちの楽しみ

子供たちも大きくなって食べ盛りなので

作る餃子も年々増えていきます、、


育てて楽しい、食べて美味しい、そして身体にいいニラ

さあ、、種が採れるか? ちょっと期待
 


っと

食べられるニラも楽しみだけど、、



もうひとつ

最近気になっているのが

鉢植えのタコ




P4040156.jpg




ん? 

タコじゃなくて、これは姫ザクロ、、


タコのような姿をした姫ザクロの実の右隣にあるのが

鮮やかなオレンジ色をした姫ザクロの花


この姫ザクロ

こちらでは実の形が手榴弾に似ているので

グラナダとも呼ばれています


去年

盆栽風の浅い素焼鉢から

ちょっと大きいアグリバッグへ植え替えたら

その後は枝葉もぐんぐん伸びて元気になり

花を咲かせる回数も増えて少しずつ実もつきはじめた、、




P4040157.jpg




ん~

実がなる植物も面白いですね


去年

この姫ザクロの種を蒔いたときは発芽率がいまいち悪く、、

芽が出てから成長して苗木となるまでの生存確率も悪かったので

今回姫ザクロの実から種が採れたら‥?

再度、種蒔きに挑戦してみましょう


さあ、、

種蒔きができるかな?

また楽しみが増えましたよ


ではまたです

エリア ブラクテスセンス開花

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P4040168.jpg


青空をゆっくり流れていく白い雲

早朝の澄んだ空気のなか

庭に漂うプルメリアの香りを深呼吸しながら

空を眺めているだけで気持ちがいい、、

朝8時の気温30度





さて、、





乾季到来

連日暑い日が続きますが

このシーズンはここの原種蘭たちの開花シーズン

(原種好きにはたまりませんね、、)

なので毎朝庭に出て

原種蘭の株を観察するのが楽しいひととき


で、、


今朝の庭で咲いているのは

先月下旬

株から小さな角を生やしていたエリア ブラクテスセンス



P3252189.jpg



このちょこんと出た角がエリアの花茎

この後、、

もう1本角が生えたので今回花茎は2本になり

2本の花茎揃って開花、、




P4010619.jpg




ん~ いいですね

この独特な雰囲気、、




P4010582.jpg




鈴なり状態で咲く白い花のサイズは約2.5㎝


不確定ではあるけれど‥?

これはフィリピンに自生する原種蘭

エリア ブラクテスセンス (Eria Bractescens)


この株

去年は6月に開花しているので

今年は少し開花シーズンが早まった


ん~ なるほど‥

ファレノプシス シレリアナの開花状況を観察して

去年と今年を比べてみると気温の変化が大きかったですからね~!?

っと、いろいろ勝手に空想するのがこれまた面白い‥ 


だけど‥


あっ?

去年と今年、鉢を置いてあった場所が違ったので

日当たりの影響かも知れない‥ ふ~




P4010567.jpg




微香がする小さな白い花には

朱色のラインが目を引く可愛いリップ




P4010610.jpg




いいですね

花としての派手さは無いけど

白に朱色のワンポイント


去年咲いた時は

この朱色が入るリップの花が咲く花茎と

朱色が入らない白だけのリップの花が咲く花茎と

2種類が一度に咲いたけど、今回は2花茎とも朱色、、


ん~

なんでだろうな‥


っと、、

気になるエリアの白い花茎には

ワイルドな産毛が生えているのがこれまたいい感じ、、




P4010607.jpg




ん~

素晴らしきワイルドオーキッド、、


ではまたです

幸福亡命

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P4030092.jpg


ふ~ 

風はあるけど朝から暑い、、

昨日の昼過ぎ

暑さに耐え切れず

今年初めてエアコンを使い天国気分を味わう、、

午前10時の気温31度





さて、、





昨年の11月

日本から来られたジャーナリストの方が

ルセナで移住生活をしている日本人の身体障害者の人たちを取材され


そして、、


先月の中旬



P3201952.jpg



日本から、記事が載った冊子を我が家へ送ってくれたので

先月、散歩がてら天気の良い日に

その冊子の記事を障害者の友人宅へ配達、、



P3201966.jpg



向かった先は岡山県出身の友人宅

彼は私よりも重度の障害で発汗機能も完全麻痺

なので、、

私が遊びに行くと

いつもエアコンの効いた快適な部屋へ案内してくれて

そこで冷えたビールをご馳走してくれる、、(ちょっと贅沢気分、、)


私は幸い

身体の10%ほどの部位だけは発汗機能が残っているので

彼よりは暑さに強いけど

発汗機能を失っている彼にはエアコンと冷えたビールは必需品、、



で、、



彼とはすでに

こちらで10年以上のお付き合いになるけれど

時々出会っても

近況報告、体調の様子などごく最近の話ばかり

なので、、

お互いに日本で生活をしていた過去の話などをしたことはなかったから

今回の取材記事を読んで少し彼の過去を知ることが出来

ちょっと新鮮な感覚だな~ っと、、

エアコンの効いた部屋でビールを頂きながら話をしていて

思い出したのが‥?


あ、そう言えば、、

昔、彼は本を出したことがあったのだ、、


彼が本を出したことは知っていたけど

その本を読んだことは無かったので

この時、彼に尋ねたら、、

「あ~ あの本を書いたのはもう10年以上前の話‥」 との事


ふ~ 時が経つのは早いもんだ、、

その本、読んでないから読んでおけば良かったな~ と話したら、、


彼が

まだ帯付きの真新しい本を私にくれた!



P4030126.jpg



幸福亡命 2002年発行 (多分もう販売されてはいません、、)



家に帰ってきてこの本を読む


ん~ なるほど、、

一人ひとりの人生に山あり谷ありドラマあり

人生なかなかハッピーエンドでは終わらないものです‥



と、、



その散歩の時

彼の家の近所で咲いていたのが

このヘリコニア プシッタコルム



P3201973.jpg



なんとも美しい、、

南国の強い陽射しが何枚もの大きな緑色の葉に反射して

ヘリコニアの花が眩しく輝く昼下がりの一瞬

美しいものを眺めていると、、幸福になる、、?


ではまたです

プテロセラス アングイクラタム開花

隠居です




今朝のルセナは晴れ


P4020013.jpg


今朝は風が無いので

朝から暑い、、

朝8時の気温30度





さて、、





先週

裏庭で蕾が膨らみ始めていた

プテロセラス アングイクラタムが開花、、




P4010542.jpg




薄いレモン色をした花のサイズは約4㎝


プテロセラス アングイクラタム Pteroceras unguiculatum

これも、フィリピンに自生する着生蘭


去年の夏

花屋さんから頂いてきた数株を

ドリップウッドに着生させて裏庭の遮光スペースに放置し、、


あれからもうすぐ一年

どうにか枯れる事も無く

今シーズン無事に花を咲かせてくれました、、




P4010528.jpg




ん~

シンプルな花でありながらも

相変わらず独特なリップの形に見入ってしまいます



この

リップの先端にある

ちょっとゴツゴツした丸いボール‥




P4010531.jpg




面白いですね~

この形こそが、プテロセラス アングイクラタムの特徴でしょうかね

一度見たら忘れられないリップ姿、、

スリムでシンプルな花弁とは対照的です




P4010553.jpg




で、、



このプテロセラス アングイクラタムの花

ここでは一年に一度、今が開花シーズンなんですが

ちょっと面白いのはですね、、


明け方に開花した花は

その日の午前中には花を閉じてそのまま萎れてしまいます


開花期間は半日だけというか? 

いや、数時間だけ花を咲かせるという非常に短命、、




P4010559.jpg




なので、、

このプテロセラス アングイクラタムの花を見られる事は

ちょっと貴重、、



他の蘭のように

長い期間花を楽しむということは出来ないけれど

これはこれでコレクション向きな原種蘭でしょうかね




P4010536.jpg




ではまたです

お花見

隠居です




今日のルセナは晴れ


P4010636.jpg


本日も晴天なり、、

午前10時の気温31度





さて、、





昨日の午後

缶ビールを小脇に抱え

電動車椅子に乗って向かった先は、、



P3310473.jpg




我が家から20分ほどの所にある

日本人の友人のお宅


そして、、


今回の目的は

友人宅の庭にある

ファレノプシス シレリアナ群生地のお花見!




P3310486.jpg




素晴らしい‥

やわらかな薄い紫ピンク色の花

独特なリップからクルンと伸びる愛嬌ある可愛いヒゲ、、

これこそ、、ファレノプシス シレリアナ




P3310481.jpg




なにしろ

ここ数年、、

我が家の庭では5年以上シレリアナの花が咲いていないので

昨日は久しぶりに見るシレリアナの花にちょっと興奮、、


この友人宅では

数本のドリップウッドに

沢山のシレリアナ株を着生させてあるので

ドリップウッドには50本以上の花茎が伸びているという

想像を絶する光景‥




P3310502.jpg




伸びた花茎の本数からすると

昨日はまだ4分咲きほどでしょうかね


で、、

面白いのは、、


友人の話だと

伸びた花茎のなかでも

地面に近い下のほうの花茎は蕾が膨らみ開花したけど

ドリップウッド上部のほうにある花茎はまだ蕾が現れていない‥

そして、、

ここ数日の暑さのせいか?

開花していたシレリアナの花が少し萎れだしたとのこと‥




P3310500.jpg




ん~

そう言えば!?

3~4日前から急に暑さが増して

夜も寝苦しくなってきた、、


気温変化に敏感なシレリアナ

面白いですね~




P3310496.jpg




昨日は

数年ぶりにじっくりとシレリアナの花を見る事が出来て

非常に嬉しいお花見でした、、




が‥




我が家のシレリアナはどうなんだろう?

っと、今朝も気になって株を覗いたら、、




P4010633.jpg




おぉ~ ‥‥


また、、子株に変身中の花茎もあったけど‥‥


こっちの花茎では、、

一生懸命に花を咲かせようと!?

小さな小さな蕾の粒らしきものが見えてきた!?




P4010632.jpg




咲くかな!?

ではまたです

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR