FC2ブログ

パイナップル オーキッド、 ロビクエティア セリナ Robiquetia cerina






今日のルセナは晴れ


P3060167.jpg


青い空に白い雲が眩しく浮かぶ、、


早朝の涼しいうちに

庭のパピリオナンダにエプソムソルトをスプレーし終え

頂いたヘリコニアの株を鉢植えにする


P3050086.jpg


鮮やかな赤と黄色のオウムの嘴のような花が垂れ下がるヘリコニア

この花が咲いたら、、 

庭の南国らしさが一気に増すであろう


P3060145.jpg


お昼の気温32度


ランチにランゴニサ ルクバンを食べる


P3060181.jpg


外の空き地から採ってきたバナナの葉をお皿に敷き

その上にガーリックライスとランゴニサを盛る


こちらでランゴニサ、ランガニサと呼ばれるフィリピンのソーセージ

バナナの葉の上で食べるランゴニサはシンプルでいて美味しいのである





さて、、





午前中

昨日の続きの原種蘭整理


今朝は

先日勝どきさんからお土産に頂いたこの大株

ロビクエティア セリナ Robiquetia cerina をハンギングにする


P3060148.jpg

並べてあるのは30㎝定規


ロビクエティア セリナ Robiquetia cerina

これもまたフィリピンに自生する着生蘭であり

小さな花が集まって咲く姿がパイナップルの実を連想させることから

パイナップル オーキッドとも呼ばれている


自分はこの株を見るのは初めてであり

まだ咲いた花を目にしたことがないが

この株の大きさと不気味な姿には驚いた,,



P3060149.jpg



なめし革のような肉厚の葉は

大きなもので長さが15㎝、幅6㎝ほどもあり

葉の裏側は暗い赤紫色をした錆色をしている


葉と茎の傷み具合から

この株は蘭農園で栽培された株ではなく山採り株であろうが

こんな大きく長いものがジャングルの中で木からぶら下がっているのを見たら

きっと寒気がするだろうね‥



P3060153.jpg



今朝は先ず

長い茎の葉のある部分とない部分をカットして二つに分け

葉の付いている部分を水苔を敷いたへゴ板にビニタイで縛り付けて固定した



P3060170.jpg

並べてあるのは3㎝定規


次に

葉の無い茎の部分を素焼き鉢に植え込む



P3060160.jpg

並べてあるのは30㎝定規


使った素焼き鉢はサイズNo.2

植え込み材は炭と水苔

後は添え木用のBBQスティックとビニタイ



P3060164.jpg



素焼き鉢に炭を詰め

BBQスティックで添え木をした株が倒れないように炭で固定し

最後に炭の上に薄く水苔を敷いた


この葉のない茎だけの鉢植えは

このまま遮光棚の片隅に放置して子株が発生することを期待する


へゴ板に縛り付けた葉の付いている株は

遮光スペースの木漏れ日が当たる程度の場所にハンギングして様子を見ることにする



P3060173.jpg



さあ、、

庭で初めてのパイナップル オーキッド

枯れずに育つか?

スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR