FC2ブログ

クレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum 咲く




今日のルセナは晴れのち曇り

昼から灰色雲が空を覆い時折小雨舞う

日中気温28度


妻が市場で買って来た赤アジを天日干しにして

アジの干物を作る


s-IMG_6402.jpg


今年に入ってから

毎週のように干物作りをしているが

風冷たく空気が乾燥したこのシーズンは干物作りが楽しいのだ





さて、、





庭では

クレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum が咲く



s-IMG_6380.jpg



庭にある数株の内

早いものは先月の初めから開花が始まり既に花を終えたから

今咲いているこの株が今シーズン最後の花となる



s-IMG_6398_20190124153246140.jpg



下垂した花茎に咲く1㎝ほどの小さな花



s-IMG_6378_20190124153237473.jpg



季節感乏しい南国に於いて

こうして毎年やって来る原種蘭の規則正しい開花シーズンを庭で目にすることで

ここ南国の季節の変化を感じられる



s-IMG_6373.jpg


下垂して咲くクレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum には

冷たい雨がよく似合う
スポンサーサイト

クレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum




今日のルセナは曇り時々晴れ


s-IMG_2754_20181222152157147.jpg


昨夜もひと雨降ったが

朝から乾いた風吹き庭乾く

日中気温31度


ここ連日

妻のケーキ作りの手伝いに忙しい、、





さて、、





庭では

クレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum が咲く



s-IMG_2718.jpg



今月初めから咲きはじめたクレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum

この2週間ほどで開花が進み

茎から20㎝ほどの長さに下垂した花茎に多くの花が開花した



s-IMG_2726_20181222152223eba.jpg



クレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum

これもまたこの地に自生する着生蘭

長さ20㎝ほどの花茎に咲くひとつひとつの花のサイズは約1㎝

花弁には赤い二本線が入り

リップには鮮やかな紫色が良く目立つ



s-IMG_2706_2018122215222011c.jpg


美しいね~


庭では毎年

雨多いこの年末シーズンに花を咲かせるクレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum


細長く鋭い葉を垂らした茎を空中に漂わせ

地上に向けて真っすぐ垂らした花茎に花を咲かせるこの姿、、


s-IMG_2700_201812221522186e8.jpg


この姿こそ

この原種蘭のもつ美しさなのである

クレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum 咲く




今日のルセナは晴れ


s-IMG_2549.jpg


早朝から陽射し強く暑くなる

お昼の気温32度


庭では

こちらでカミアと呼ばれるジンジャーリリーが咲く


s-IMG_2509.jpg


芳香を放ち咲くジンジャーリリー

その香りは素晴らしい





さて、、





今朝の庭では

クレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum が咲き始める



s-IMG_2565.jpg



茎から伸びた花茎は長さ20㎝ほどに下垂し

アヒルの顔の様に膨らんだ蕾が花茎の上部から順番に開花する



s-IMG_2573_20181208122329171.jpg



クレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum

これもまたこの地に自生する着生蘭

下垂した花茎に咲く花のサイズは約1㎝

ここでは例年12月から1月が花季である



s-IMG_2566.jpg



庭で咲き始めたクレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum

花は小さく近づかないとその存在は分かりづらいが

そよ風に吹かれ長く垂れた花茎がゆらゆらと揺れ動くこの姿全体こそが

この原種蘭の美しさなのである


s-IMG_2562.jpg


素晴らしいね~

クレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum の花茎が伸びる





今日のルセナは曇り時々雨

朝方晴れたが

すぐにどんよりとした曇り空となる

お昼の気温30度


週末

二晩続けて教会のコンサートに参加した双子娘

今回も出演料を頂いてきたらしく深夜笑顔で帰宅

コンサートの多いこのシーズンはお小遣い稼ぎが楽しいようだ





さて、、





今朝

遮光スぺースの整理をしていると

クレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum の株に花茎を見付ける



s-IMG_2329.jpg



へぇ~

いつの間にこんなに伸びていたのであろう?

垂れ下がる細長い葉と株から垂れ下がる何本もの気根に隠れ

今朝まで花茎の存在に気が付かなかった



s-IMG_2336.jpg
↑ へゴ板に着生したクレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum


今朝はこのへゴ板に付いた株を手元に寄せ

垂れ下がった茎を良く見てみると

長く伸びた花茎の他にも

まだ伸び始めたばかりの花茎も見付けた



s-IMG_2354.jpg



面白いね~

茎の硬い皮を破って伸び始めたしなやかな花茎の姿

花茎の先にはこれから膨らむ蕾の卵がぽつぽつ見える



s-IMG_2353_20181125132902abb.jpg



この地に自生するクレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum

ここでの花季は例年12月から翌年の1月に掛けてである



s-IMG_2346_20181125132901034.jpg



目が慣れないと、、

その細く垂れ下がった花茎の存在を見失ってしまうが

こうした人目につきにくい姿もまた原種蘭らしい面白さであろう


s-IMG_2336.jpg

庭で花茎を垂れるクレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum

良い感じである

クレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum 咲く





今日のルセナは曇り時々小雨

昨日までの青空消え

また、、 しとしとと雨が降る

日中気温29度


クリスマスの昨夜

近所のモールで花火が上がる


s-IMG_0174.jpg





さて、、





クリスマスも終わり

いつもの静けさを取り戻した庭では

先週庭で蕾を見つけたクレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum の開花が始まる



s-IMG_0161.jpg



細長く鋭い葉を付けた茎から

長さ13㎝ほどの花茎を垂らすクレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum



s-IMG_0140.jpg



この1本の花茎には30数個の蕾が付き

花茎上部の蕾から順番に花開く



s-IMG_0149.jpg



素晴らしいね~

ひとつひとつの花のサイズは約1㎝


花も小さく派手さはないが

その丸みを帯びた花弁の地味な色合いと

リップの明るい紫色のワンポイントが原種らしい美しさである



s-IMG_0150.jpg



クレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum

これもまたこの地に自生する着生蘭


この花を咲かせているクレイソストマ スブラツムの株

3年ほど前、、 

マウント バナハウを越えてリサール州へ行く途中の山間の民家で購入したものであるが

我が家の庭では年末になると蕾を垂らし花を咲かせるから

ここではこのシーズンが花季である



s-IMG_0164.jpg


他の茎からも新しく花茎が伸びてきている

これからまだしばらく、、 

クレイソストマ スブラツム Cleisostoma subulatum の開花を楽しめそうである

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR