FC2ブログ

1株P75ペソのファレノプシス リンデニー Phalaenopsis lindenii 咲く





今日のルセナは晴れのち曇り時々雨


P9280134.jpg


今日も朝からじっとりと蒸し暑く

早朝晴れていた空がお昼前に雲って少し雨が降り

そして、、

日中また晴れて陽差しが強くなってきたのだが

この雨の降り方が一番嫌なパターン


昼間雨が降った後

遮光無しの炎天下に置いてあるバンダやモカラの成長点に雨露が溜まり

その溜まった雨露が強い陽射しで温められると

そのバンダやモカラの成長点が死んでしまう

今年はこれで何本もの庭のバンダがダメになってしまった、、

お昼の気温31度



P9280130.jpg


今朝は妻が久しぶりにビーフンを作ったので

早朝家の前を売り歩く子供から買った焼きたてのパンディサールと共に食べる

こんな蒸し暑い日は

カラマンシーを多めに絞って食べるビーフンが美味しいのである





さて、、





裏庭の遮光スペースでは

オーキッドショーで買って来た1株P75ペソのファレノプシス リンデニーが咲いた



P9270071.jpg



このファレノプシス リンデニー Phalaenopsis lindenii

オーキッドショーの原種蘭を扱うお店で鉢無しの裸で売られていた株である

株の痛みが激しくほとんど根が無い状態であったので

我が家へ来てからちょうどひと月経った今では

いくつかの株は葉が黄色く変色しはじめそろそろ枯れる寸前となりつつあるが

付いていた蕾が最後の力を振り絞るかのようにしていくつか咲いた、、



P9270075.jpg



美しい‥


今朝の庭では

このP75ペソで売られていた裸のファレノプシス リンデニーの他にも

別のお店でP150ペソで売られていた鉢植えのファレノプシス リンデニーの株にも花が咲いているので

P75ペソとP150ペソのリンデニーの花を見比べる事ができる



画像上がP75ペソのファレノプシス リンデニー
画像下がP150ペソのファレノプシス リンデニー
P9270080.jpg
P9112600.jpg



面白いね

同じファレノプシス リンデニーでも見比べてみると微妙な違いが見て取れる

こうした微妙な違いもこの地の原種蘭を収集する楽しさのひとつであろうか?


ん~

やはり原種は個性があって面白いね


注:) 上記二つのファレノプシス リンデニーの値段の違いは売られていたお店の違いもあるが
    鉢植えで売られていた株と裸で売られていた株の値段差でありそれぞれの個体差によるものではない。
スポンサーサイト

1鉢P150ペソのファレノプシス リンデニー Phalaenopsis lindenii 咲く





今朝のルセナは雲りのち晴れ


P9162889.jpg


早朝の庭では

真っ白なカミアの花から爽やかな香りが漂ってくる、、

プラ鉢に植えてあるカミア

株も成長し茎も増え花数が増えてきたので

今では庭の芳香植物として香りを楽しませてくれている

午前9時の気温29度


涼しい早朝

庭でザミオクルカスの植え替えをしていると

小雨がパラパラと落ち出したので植え替えを止めて家に入ったら、、

すぐに晴れてきた‥


P9162892.jpg


続きはまた明日だね





さて、、





裏庭の遮光スペースでは

オーキッドショーで1鉢P150ペソで買って来たファレノプシス リンデニーが咲き進んでいる



P9152787.jpg



美しい‥

朝陽に浮かび上がるファレノプシス リンデニー Phalaenopsis lindenii の花


オーキッドショーでは

この1鉢P150ペソのリンデニーの株と

裸で売られていた1株P75ペソのリンデニーの株を買った


それぞれ買ったお店が違うので

同じファレノプシス リンデニーでも株によって個体差があるのではないか?っと

密かに期待をしていたが、、 

それぞれ咲いた花を見比べてみると

色の濃さや筋模様の鮮明さに多少の違いが見て取れることが分かった


しかし、、

まだそれぞれの株から咲いた花数が少ないので

今はまだ定かな違いを区別するまでには至らないが

同じ原種同士でも微妙な違いが分かってくるとこれまた面白いのである


この1株P150ペソで買って来たリンデニーの株も

P75ペソの株と同様買って来たときから葉がだらんと垂れ下がった状態であった



P9042314_20150916103550e9c.jpg



このまま枯れてしまうのではないかと心配しているが

花茎に付いていた蕾はしけることなくひとつずつ花を咲かせている



P9152806.jpg



ファレノプシス リンデニーは高地の涼しいところが自生地のようなので

遮光スペースの中でも日中の陽が当たらない涼しい場所にぶら下げてあるが

今はまだ買って来たときと同じく葉が垂れた状態で葉に張りがない


ん~

花を咲かせてくれるのは嬉しいが

これは、、 

このまま花を咲かせ続けて一気に体力を消耗し

最後にぱったりと枯れるケースかな‥?


でも?

原種だから花が終わった後の花茎に子株が付く可能性も大きいな‥ っと

心配と期待をしながら毎朝リンデニーの花を眺める日が続くのである



P9152814.jpg


ファレノプシス リンデニー Phalaenopsis lindenii 咲く





今朝のルセナは晴れ


P9082572.jpg


昨夜も強い雨が降る

朝8時の気温29度


昨日の午後

毎朝家の前を通るタホ売りのおじさんが

久しぶりに出来たて熱々のお豆腐を沢山届けてくれた


P9072534.jpg


子供たちの大好きなお豆腐

マーボー豆腐、肉豆腐、揚げ出し豆腐、トクワンバボイ‥

当分美味しい豆腐料理が食べれると子供たちも大喜びであった





さて、、





庭では

先日植え替えた種類不明の原種ファレノプシスに花が咲いた



P9062417.jpg



花のサイズは3.5㎝ほど

花弁の先端の丸みと

円形をしたリップ部分が特徴的である


この花を咲かせたのは

オーキッドショーの原種蘭専門のお店で

1株P75ペソで売られていた葉に模様が入るこの原種ファレノプシスである



P9052377_20150908094026d4c.jpg



早速

咲いた花をフィリピン原種蘭図鑑で調べてみると

どうやらこれは

フィリピンに自生する原種ファレノプシス

ファレノプシス リンデニー Phalaenopsis lindenii のようだ



P9062414.jpg



初めてこのリンデニーの花を見る事が出来たのは非常に嬉しいが

フィリピン原種蘭図鑑 PHILIPPINE NATIVE ORCHID SPECIES によると

このファレノプシス リンデニーの自生地は

フィリピンでも標高1,000~1,500mの高地で更に年間降雨量4,000mm以上の地域と記されている


ん~ ‥‥

なるほど ‥‥

リンデニーは高地の涼しい場所に自生しているってことかね?


だから

オーキッドショーで売られていたこの葉っぱに同じ模様の入ったリンデニーと思われる株は

どこのお店でも葉に張りがなくだらんした株ばかりであったのかもしれないね



P9052401_20150908094024d33.jpg



暑さに弱いんだろうな‥


さあ、、

ファレノプシス リンデニー

我が家の庭で育つのであろうか?

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR