FC2ブログ

種類不明のデンドロビウムをへゴ板に付ける




今日のルセナは曇り時々小雨

今日もまた

朝から風冷たく過ごしやすい一日

日中気温27度


隣町に住む

日系ブラジル人の知人が作るソーセージを食べる


s-50070745_2145735585739280_6040545445086756864_n.jpg


シンプルな味付けに

肉肉しく噛み応えのあるソーセージだ





さて、、





今朝は

先日仙人が持って来たこの原種蘭の整理をする



s-IMG_6468_20190128150244daa.jpg
並べてあるのは30㎝定規


仙人の話では

黄色い花が咲くサングーマイだと言うこの種類不明のデンドロビウム


株を縛り付けてある木っ端が小さすぎるので

木っ端から株を外してへゴ板付けにする



s-IMG_6496_20190128150246468.jpg



株をばらしてみると

出て来たのは小さな株ひとつと茎に付いた高芽が二つ



s-IMG_6499.jpg



何本もの茎が伸びる小さな株の大きさは5㎝ほど


そして、、

その小さな株から伸びた茎は長いものでも長さ20㎝弱



s-IMG_6503_20190128150243616.jpg



一緒に縛り付けてあった二つの高芽

大きな高芽は長さ6㎝、小さな高芽は長さ3㎝



s-IMG_6497.jpg



どちらの高芽もまだ小さいが

どちらも根を数本伸ばしているから

茎に付いたこのままの状態でへゴ板に縛り付けておけば

多分そのまま生長してくれるであろう



s-IMG_6505.jpg



今朝はスリムなへゴ板を2本用意し

1本には子株を縛り付け

もう1本のへゴ板には2本の高芽を一緒に縛り付けることにした



s-IMG_6513.jpg



あとはこのまま

庭の木陰にぶら下げて様子を見ることにする



s-IMG_6509.jpg


さあ、、

枯れずに育つか?

楽しみは続く、、

スポンサーサイト

サングーマイの蕾





今朝のルセナは雨

冷たい雨が降る庭では

パピリオナンダの葉にバッタが止まる


s-IMG_1752.jpg


午前8時の気温24度


昨日

カスピ海ヨーグルトを作り

頂いたシリアルと一緒に食べる


s-IMG_1702_2017021109281378d.jpg


なるほど、、 少しリッチな気分





さて、、





昨日の昼間

外からヤギの鳴き声が聞こえてきたので庭に出ると

家の前の空き地でヤギの家族が草を食む姿、、



s-IMG_1726.jpg



へ~ 珍しいね

食用に買ってきたヤギを1頭2頭紐で繋いで飼っている家は近所でもあるが

こうして放し飼いのヤギの家族がビレッジ内を歩きまわる姿は最近見掛けなくなったから

どこかビレッジの外から迷い込んできた迷いヤギのようだ、、



で、、



庭に出たついでに

庭のブランコの屋根にぶら下げてあるデンドロビウムの株を見上げてみると‥



s-IMG_1724.jpg



萎びて下垂したバルブの先に

膨らんだ蕾を見つける



s-IMG_1723.jpg



おや‥


ここにぶら下げてある株は

こちらでサングーマイ Sanggumay と呼ばれる下垂性デンドロビウム

デンドロビウム アノスマムやデンドロビウム アフィラムの他

以前仙人が山から持ってきた種類不明のサングーマイも一緒にぶら下げてある


昨日見つけたこの蕾の付いた株は

バルブの様子がデンドロビウム アノスマムのバルブに似てはいるがちょっと違う

その違いは、、

この株のバルブはデンドロビウム アノスマムのバルブよりもしなやかさがあり黄色みがかかる



s-IMG_1721_20170211092835cdd.jpg



ここでは

デンドロビウム アノスマムやデンドロビウム アフィラムの花が咲くのは暑い乾季

この時期にデンドロビウム アノスマムやデンドロビウム アフィラムが庭で咲くことは無いから

この蕾を付けたサングーマイはアノスマム、アフィラムのどちらでもない


今朝

雨降りの中見に行くと

ひとつの蕾が割れ始めていた‥



s-IMG_1743.jpg



さあ、、

どんな花が咲くのであろうか?

これ楽しみ

種類不明のデンドロビウム





今日のルセナは晴れのち曇り

昼頃小雨降る


じめじめとした遮光スぺースでは

ファレノプシ スシレリアナが着生したドリップウッドに

大判焼きサイズのきのこが生える


P7040508.jpg


不気味だ‥

日中気温31度


久しぶりに

妻が市場から生のピーナッツを買ってきて揚げピーナッツを作る


P7050509.jpg


外で買って食べる揚げピーナッツも美味しいが

ここでは家で作った方が安くて美味しい





さて、、





今朝は

種類不明の原種デンドロビウムをいじる



P7050511.jpg



四つに分かれた小さな株

2種類のデンドロビウムが二株ずつ


この種類不明のデンドロビウムは

仙人からおまけで頂いたものであるが

どれも株が小さくどの株にも花の咲いた形跡はない


2種類のデンドロビウムの内

1種類はこちらでサングーマイとも呼ばれる下垂性のデンドロビウム



P7050514.jpg

並べてあるのは30㎝定規


茎は細くしなやかで葉は薄くて柔らかい‥



P7050516.jpg



ん~ この葉姿からすると‥

多分これは、、 デンドロビウム アフィラムの子株だろうね



そして

もう1種類のデンドロビウム



P7050517.jpg

並べてあるのは30㎝定規


仙人の話では

これは白い花を咲かせると言っていたが‥

最初のデンドロビウムと比べると茎は少し硬めで葉も硬め



P7050520.jpg



この株はデンドロビウム アノスマムの子株かな? っと最初は思ったが

子株といえども茎に膨らみがなくスーッと細いままで伸びているのと

白い花が咲くという話からすると‥

ん~ アノスマムとは違うかも知れないね


まあ、、

こうした種類がはっきりと分からない原種株の方が

育てて花が咲いた時の喜びと楽しみは大きいものである



で、、



P7050522.jpg



今朝は

庭で使っていないへゴ板と木っ端を拾ってきて

それぞれにデンドロビウムの株をビニタイでぐるりと縛り付けた



P7050530.jpg



後はこのまま

遮光スぺースにぶら下げて放置する



P7050527.jpg



さあ、、

一体どんな花が咲くのであろうか?

楽しみは続く‥

原種デンドロビウムをドリップウッドに付ける





今朝のルセナは晴れ

早朝雷鳴ったが雨降らず

今朝は少しじっとりとする


P6160136.jpg


隣家のランブータンの若木に花芽が伸びだす

確か‥ 苗木を植えられてから4~5年経過

昨年はまだ実が付かなかったようだが、、 今年は赤い実が生るかね?

午前9時の気温31度


昨夜

岐阜県出身の知人と一緒に酒を飲む


P6160132.jpg


久しぶりに飲む芋焼酎

酒旨く話は尽きず夜が更ける

楽しいひと時であった





さて、、





先週

仙人が持ってきたこの原種デンドロビウムの株



P6100330_201606161029390f7.jpg



ひょろっと伸びた長いバルブの背丈は1m20㎝ほどもあり

この株を植え込むにも、、 さてどうするかな? っとここ数日考えていたのであるが

やはりこれはドリップウッドに着生させた方が良いだろうと思い‥



P6150124.jpg



庭で使っていない高さ50㎝ほどのミニドリップウッドに

このデンドロビウムの株を息子に頼んで細い針金でぐるぐると縛り付けてもらう



P6150126.jpg



針金で縛り付けた姿は見た目がいまいち悪いが

根がドリップウッドに着生して株がドリップウッドに固定されてしまえば

この縛った針金も不要となり外すことになる



P6150130.jpg



遮光スぺースに置いてみたが

まあ、、 悪くはないね


さあ、、

枯れずに花を咲かせるか?

楽しみは続く‥

種類不明のサングーマイ





今朝のルセナは薄曇り


P6060193.jpg


少し蒸し暑さを感じる庭では

デンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum の蕾が膨らむ

朝8時の気温30度


昨夜

リハビリを兼ねてバナナケーキ作りの手伝いをする


P6050189.jpg


妻の知人がシンガポールへお土産に持って行くとのことであるが

シンガポールの人の口に合うかね?





さて、、





昨日の早朝

山から原種蘭をぶら下げた仙人が下りてくる


仙人が持って来たのはサングーマイとリパリス Liparis の2種類


リパリスは見事な大株であったが

我が家の庭にあるリパリス コンディロブルボン Liparis condylobulbon と同じものであったので

リパリスは買わずに下垂性デンドロビウムのサングーマイをP150ペソで買う



P6050186.jpg

並べてあるのは30㎝定規


仙人の話では

このサングーマイは黄色い花を咲かせるらしい‥


ここでは下垂性のデンドロビウムをサングーマイ Sanggumay と呼ぶ

ここでよくサングーマイと呼ばれるものは

薄紫色やピンク系の花を咲かせるデンドロビウム アノスマム Dendrobium anosmum や

デンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum が有名だが

この下垂性デンドロビウムは黄色い花を咲かせるというから

アノスマムでもアフィラムでもなさそうだ


全体的に黄緑い色をした長い茎は太い割にはしなやかさがある



P6050187.jpg



太くて長い茎の節々には

花が咲き終わった形跡があるから

このサングーマイも乾季に花を咲かせたのであろうか?


花を見るまで定かな種類は不明であるが

この地に自生して黄色い花を咲かせるサングーマイと言うと‥



P6050188.jpg



この株はデンドロビウム ロンべウム Dendrobium rhombeum かも知れないね


さあ、、

どんな花が咲くのであろうか?

楽しみは続く、、

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR