FC2ブログ

デンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum の高芽をへゴ板に付ける




今日のルセナは雨のち晴れ

ここのところ毎晩冷たい雨が降り

昼間は晴れ間が見えたり隠れたり

これからのシーズン北東の冷たい風と共に冷たい雨がしとしと降るが

この気温低下がこの地に自生するファレノプシスの開花の引き金となる

日中気温29度



s-47139466_500675903771225_3871238222147223552_n.jpg


電動車いすに乗り近所のモール内にあるポストオフィスへ出掛る

地元のバランガイオフィスで発行してもらった居住証明に日本語翻訳を付け

現況届と共に日本年金機構宛レジスターメイル (130ペソ) で郵送する


ポストオフィスでの用事を済ませ家族の買い物に付き合う


s-47159358_274780110052426_5132583302808469504_n.jpg


クリスマスシーズン

買い物客で賑わう人混みの中を電動車いすで動き回るのは疲れるが

綺麗に飾られたモール内はそこに居るだけで楽しい気分が味わえる





さて、、





今朝は指先のリハビリを兼ね

デンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum の高芽をへゴ板に付ける



s-IMG_2369.jpg
並べてあるのは30㎝定規


庭から採って来たデンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum の高芽

どれもひょろひょろとして短いが

それでも一人前に白い気根を伸ばしている



s-IMG_2371_20181130200201703.jpg


可愛いね~

まだ全長10㎝にも満たないこの高芽

これが年月と共に少しずつ伸びて1mを超える長さとなり花を咲かせる



s-IMG_2379.jpg



早速

採って来た高芽をスリムなへゴ板へビニタイで縛り付ける



s-IMG_2437.jpg



今朝は時間があったので

庭に残っていた高芽を採ってきて2本のへゴ板付けを作る



s-IMG_2439_20181130200205051.jpg


あとはこのまま庭にぶら下げて放置する


さあ、、

枯れずに育つか?

原種蘭いじりの楽しみは続く、、
スポンサーサイト

季節はずれのデンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum 咲く




今朝のルセナは晴れ時々曇り


s-IMG_2209.jpg


昨夜ひと雨あり

今朝は湿った風吹き

時折小雨を降らせながら灰色雲がゆっくりと流れてゆく

午前10時の気温29度





さて、、





庭では

デンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum が咲く



s-IMG_2159.jpg




デンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum

これもまたこの地に自生する着生蘭であり

ここではサングーマイ Sanggumay と呼ばれる下垂性デンドロビウムのひとつである


本来ここでは

デンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum の花季は乾季であるが

今年は乾季を過ぎても暑い日が続き降雨も少なかったから

ドリップウッドに着生し2m近くまで茎を下垂させたこの株は

どうやら勘違いして花を1輪だけ咲かせたようである



s-IMG_2152.jpg



庭で咲く

季節はずれのデンドロビウム アフィラム花1輪



s-IMG_2158.jpg


乾季の鈴なりに咲く姿も美しいが

こうしてぽつりと咲く姿も悪くはない

デンドロビウム Dendrobium をへゴ板に付ける




今日のルセナは晴れ


s-IMG_1325.jpg


ここ数日

また乾季のような暑さが続く

日中気温34度


親しかった友人が亡くなる

彼とは15年ほど前仕事を通じて知り合い

その後仕事を辞めてからも気心知れた友人であり

亡くなる二日前、電話で話した時はいつもと変わらず元気であった

突然すぎる友人の訃報が未だ信じられず






今朝は

先週仙人が持って来たデンドロビウム Dendrobium の整理をする



s-IMG_1091_20181011150755cf5.jpg



2株の下垂性デンドロビウム Dendrobium

どちらも同じに見えるが、、

仙人曰く、、 それぞれ別の花が咲くという



s-IMG_1087.jpg
並べてあるのは30㎝定規


先ずは

このひとつ目の株をばらしへゴ板付けにする



s-IMG_1177.jpg



木っ端に縛り付けてあった株をばらすと

これまた小さな株が二つ出て来た



s-IMG_1181.jpg
並べてあるのは30㎝定規


どちらも小さい株なので

この2株を1本のヘゴ板にビニタイで縛り付ける



s-IMG_1185.jpg



次に

この二つ目の株をばらす



s-IMG_1074.jpg
並べてあるのは30㎝定規


この二つ目の株には付いているのは

デンドロビウム Dendrobium とクレイソストマ Cleisostoma



s-IMG_1161.jpg



ばらしてみるとデンドロビウム Dendrobium は茎に付いた高芽が3本

そして、、

このクレイソストマ Cleisostoma の子株が1本



s-IMG_1162.jpg
並べてあるのは30㎝定規


このクレイソストマ Cleisostoma の子株

根が短いのが心配ではあるがこのままへゴ板に縛り付け

デンドロビウム Dendrobium の高芽も切り離さず

そのままへゴ板にビニタイで縛り付けてみた



s-IMG_1170.jpg



これでデンドロビウム Dendrobium のへゴ板2本と

クレイソストマ Cleisostoma のへゴ板1本に分けることが出来た



s-IMG_1187.jpg


後はこのまま庭にぶら下げて放置となる

デンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum 咲く





今日のルセナは晴れ


s-IMG_8468.jpg


一昨日の雨で濡れた稲も乾いたので

田んぼでは今朝早くから稲刈り、、


s-IMG_3871.jpg


今日明日

雨が降らないと嬉しいのであるが‥

日中気温33度





さて、、





庭では

数日前から蕾を膨らませていたデンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum が咲く



s-IMG_8322.jpg



ドリップウッドに着生した株から

下垂して伸びる細長い茎の節々に咲く花のサイズは約4.5㎝



s-IMG_8328.jpg



薄紫色の花弁は目立たないが

丸く大きく広がった薄黄色のリップが特徴的である


デンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum

これもまたこの地に自生する着生蘭であり

デンドロビウム アノスマム Dendrobium anosmum と同じく

ここではサングーマイ Sanggumay と呼ばれる下垂性デンドロビウムのひとつ



s-IMG_8332.jpg



庭では毎年

この乾季に花を咲かせるデンドロビウム アフィラム



s-IMG_8318.jpg



花数少なく寂しい開花ではあるが

乾季の強い陽射しの下

ゆらゆらと風に揺られて咲く花を眺めるのも

この暑い乾季の楽しみのひとつなのである

デンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum 蕾膨らむ





今日のルセナは晴れ


s-IMG_8031.jpg


今日もまた

青空眩しく朝から暑い、、

早朝庭の蘭に液肥をスプレー

日中気温33度


久しぶりに梅酒を飲む


s-IMG_8025.jpg


こんな暑い日は

氷水で薄めに割った梅酒が美味しい





さて、、





庭では

デンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum の蕾が膨らみはじめた



s-IMG_8053.jpg



このドリップウッドには

胡椒の木の蔓も一緒に巻き付いていているから分かり難いが

細く下垂したデンドロビウム アフィラムの茎の所々に蕾が見える



s-IMG_8046.jpg



このデンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum もまた

ここではサングーマイ Sanggumay と呼ばれる下垂性デンドロビウムのひとつ


毎年

暑さ厳しい乾季に庭で花を咲かせるデンドロビウム アフィラム

今年も眩しい青空と強い陽射しの下

デンドロビウム アフィラムの花が咲きそうだ



s-IMG_8052.jpg


乾季の楽しみはまだまだ続く、、

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR