FC2ブログ

斑入りザミオクルカス ザミフォーリア 葉挿し後2年8ヵ月経過





今日のルセナは快晴


s-IMG_0912.jpg


雲ひとつなく

朝から眩しい青空が広がる

午前10時の気温32度





さて、、





3年前

葉挿しから育てた庭の斑入りのザミオクルカス ザミフォーリア


そのうちのひと株が

順調に斑入りの葉を増やしてきている



s-IMG_0952.jpg



最近伸びた新しい茎は斑入りの葉数も多いが

数枚の葉は乳白色一色の白化状態の葉も多い



s-IMG_0940.jpg


面白いね~


今から3年前

庭で偶然発生した斑入りのザミオクルカスの葉を見つけ

試しに、、 その斑入りの葉を葉挿しにし

斑入りのザミオウルカスを増やせるか? っとやってみたら

こうして美しい斑入りのザミオクルカスの株を増やすことが出来たのである


~ 以下記録 ~


PA212424_20150407184446d25_20160930132121f38_20170616105933c72.jpg
 ↑ 2014年10月 斑入りのザミオウルカスの葉を葉挿しにする



P4073590_201609301321234c9_20170616105934dc9.jpg
↑ 2015年4月 葉挿し後6ヶ月 斑入りの芽が伸びてくる



P9300574_20170616105938916.jpg
↑ 2016年9月 葉挿し後2年経過 

斑入りの葉を葉挿しした全てが斑入りの株には生長しなかったが

数株は斑入りの葉を付ける株に生長する


葉挿しから2年経過した時点で

斑入りの株だけを選び植え替えする



P9300586_20170616105939da4.jpg



茎が20㎝ほどに伸びた株を

小さなアグリバッグへ植え替えた



P9300590_20170616110002c7e.jpg
↑ 2016年9月 葉挿し後2年経過した斑入り株を植え替え


この状態で庭に放置し

2ヵ月後には新しい茎が伸び斑入りの葉を付ける



s-IMG_0509_20170616110002aad.jpg
↑ 2016年11月 植え替え後2ヵ月



そしてその後、、

植え替えてから9ヵ月

葉挿しから数えて2年8ヵ月経過した現在はこの状態



s-IMG_0946.jpg
↑ 2017年6月現在


葉挿しで増やす斑入りザミオクルカス ザミフォーリア

順調である
スポンサーサイト

斑入りザミオクルカス ザミフォーリア 植え替え後2ヵ月経過‥





今日のルセナは晴れ


s-IMG_0552.jpg


爽やかな青空を

白い雲がゆっくりと流れてゆく、、

昨夜ひと雨降る

日中気温33度


先日

妻の知人からオーガニック栽培だと言う胡瓜を買う


s-IMG_0475_201611291404074be.jpg


1㎏ P170ペソの胡瓜 カンデラリア Candelaria 産 

値段は市場で売られているローカル胡瓜の倍するが

太くて種の多いローカル胡瓜とは違い

この胡瓜の実は硬くて瑞々しく苦みもない、、 これは昔日本で食べた胡瓜を思い出す


ここ数日

洗って冷やしたこの胡瓜に味噌を付け

ぽりぽりかりかり毎日食べているが、、

胡瓜とはこんなに美味しかったのか? っと胡瓜の美味しさ再認識である





さて、、





2年前に斑入りザミオクルカス ザミフォーリアの葉を葉挿しして

その葉挿しから芽が出た新しい斑入りザミオクルカス ザミフォーリアの株を

今年の9月終わりに小さなアグリバックへ植え替えた



s-P9300590.jpg



この状態で半日陰に放置して2ヵ月経過‥


昨日

この植え替えた株を見てみると?



s-IMG_0509.jpg



お~!

新しい葉が伸びている


新しく伸びた葉は乳白色をした斑の部分が多く

古い茎の葉よりも強い斑入りとなっている



s-IMG_0516.jpg



これは素晴らしい‥


一枚一枚の葉毎に斑の入り具合は違うが

その柔らかな緑色と乳白色の微妙な混じり具合はなんとも美しく

その模様は1枚の葉に描かれた水彩画の様でもある



s-IMG_0518.jpg



斑入りザミオクルカス ザミフォーリア

これは増やすと面白そうだ

斑入りザミオクルカス ザミフォーリアは葉挿しで増やせるか? 2年経過‥




今日のルセナは晴れ


P9300571.jpg


青空眩しく

早朝爽やかな冷たい風が吹く、、


P9300554.jpg


外庭では白いプルメリアの花が次々と咲き

毎朝中庭に落ちたプルメリアの花を拾うのが早朝の楽しみとなる


P9300566.jpg


お昼の気温32度


昨日は昼過ぎから雨降り

今朝は適度に濡れたドリップウッドに液肥をスプレー





さて、、





一昨年の10月

斑入りのザミオクルカス ザミフォーリアの葉挿しをした



PA212406_201504071844441e5_20160930132120487.jpg



この葉挿しに使った斑入りの葉は

庭で育てている普通のザミオクルカス ザミフォーリアの株から偶然発生した斑入りの葉


今まで庭では何百株ものザミオクルカス ザミフォーリアを育ててきたが

斑入りの株はこれまで庭で見たことがなく我が家では非常に珍しい株であったので

葉挿しで斑入り株を増やすことができるか? この時試しに挿してみたのである



PA212424_20150407184446d25_20160930132121f38.jpg
 ↑ 2014年10月 葉挿しした時



その後

葉挿しをしてから6ヶ月経過

斑入りの葉元から新芽が吹く



P4073590_201609301321234c9.jpg
 ↑ 2015年4月 葉挿し後6ヶ月


この時

葉挿ししたすべての株ではないが

いくつかの新芽は二枚葉が出た段階で斑入りが確認できた


その後、、

この葉挿しした鉢はそのまま庭に放置


そして、、

2014年10月に葉挿ししてから2年経過した鉢を見てみると‥



P9300574.jpg



生長にばらつきはあるが

茎葉が伸びてザミオクルカスらしい姿になってきている



P9300576.jpg



葉挿しに使ったアグリバッグの中は

株から伸びた何本もの茎で一杯になりつつある


本来なら既に植え替えをしなければならない状態であるが

今年に入ってから、、 こちらのSNSや口コミで

ザミオクルカス ザミフォーリアを家で育てたり飾っておくと

家人が病気になるという話がまことしやかに広く伝わり

ここの花屋さんでもザミオクルカス ザミフォーリアが売れなくなってしまったので

それまであった花屋さんからの注文もなくなり

我が家でのザミオクルカス ザミフォーリアの栽培も止めたので

この斑入りの葉挿しも庭の片隅に放置したままとなってしまっていたのである



P9300577.jpg



しかし

いつまでもこのまま庭に放置しておく訳にもいかないので

今朝はこの葉挿し後2年経った株の中から

きれいな斑入りの株だけを抜き取って植え替えをすることにした



P9300586.jpg

斑入りの葉を葉挿しして増えた斑入り株 背丈約20㎝


2年前に斑入りの葉を葉挿しして

現在斑入りの葉がついた株はこの1株だけ


確率的には非常に低いが

斑入りのザミオクルカス ザミフォーリアの葉を使った葉挿しで

斑入りの株を増やすことは可能であることがこれで分かった


現在のところ

この1株以外の株の葉は斑が入らない普通の緑色の葉であるが

今後、、 突然斑入りの葉を伸ばすことも考えられるから 

もうしばらくはそれらの株も様子観察しても良いであろう


抜き取った斑入り株を

小さめのアグリバッグへ植える



P9300590.jpg



今までは

葉挿し後そのままの密生した鉢内にあったから生長も悪かったが

これでこの株の生長も進むはずである



P9300600.jpg



なかなか良い感じの斑の入り具合、、

庭で斑入りザミオクルカス ザミフォーリアを増やすのも面白そうである

ザミオクルカス ザミフォーリアは人間の体に病気を引き起こすのか?






今日のルセナは曇り時々雨

昨夜から雨降りとなる

今朝ひんやりとした風が吹く庭では

ツンとした強い芳香を放ちながらホヤ クラッシカウリスの花が咲く


P2051768.jpg


お昼の気温27度


ここのところ適度に雨が降るせいか

外庭に植えてあるマルンガイの枝葉がどんどん伸びる


新しく伸びたマルンガイの葉をむしり取り

温かいマルンガイスープを作ってそこへ鯵の燻製ティナパを沈める、、


P1291423.jpg


燻製香るマルンガイスープ

素朴でありながらもこれが美味しく体に良い、、





さて、、





来週の月曜日

2月8日は旧正月チャイニーズニューイヤー

月曜日は子供たちのスクールも休みとなり今日から3連休


近所のモール内もチャイニーズニューイヤー用の赤い飾りで飾られ

縁起物や干支の置き物、ティーコイなどの餅菓子などが賑やかく売られている


例年チャイニーズイヤーのシーズンになると

今年の縁起物ラッキーチャームの話を耳にする


数日前

いつもの花屋さんからザミオクルカス ザミフォーリアの注文が入ったので

今回はいつもより多く届けておいたが

このザミオクルカスもまたチャイニーズニューイヤー用の縁起物として花屋さんで販売される


ザミオクルカス ザミフォーリア Zamioculcas zamiifolia (ZZ Plant)

茎から規則正しく左右に広がる肉厚の葉が

両手を広げて来客を歓迎する様子にも見えることから

ここではウェルカム プランツと呼ばれ縁起の良い植物して人気があるのだが‥



P1311486.jpg



今年に入って

このザミオクルカス ザミフォーリアを飾っておくと

癌や病気になるという噂話を妻がどこからか聞いてきた、、


花屋さんもこの噂話は知っているらしく

花屋さんが言うには、、 ザミオクルカス ザミフォーリアの花が咲くと良くないとのこと‥


ほ~ これは初耳である


ザミオクルカスは飾っておくだけで体に害があり

特にザミオクルカスの花が咲くと体に悪いとは‥ 


数を数えたことはないが

我が家の庭には常時100鉢ほどのザミオクルカスの株があり時々花も咲かせる


先日も花が咲いたので

この時はじっくりとザミオクルカスの花を観察したばかりであるが

これが体に害を与えるとは‥



P1180971_20160206142040c03.jpg



まあ、、

ザミオクルカスの花は土中からにょきっと伸びて出てきて

その姿も変わった形をしているからちょっと気味悪くもあるね



で、、


ザミオクルカスを庭で育てている自分にとっては

この話が本当なのかどうなのか? 気になるので調べてみる


ザミオクルカス ザミフォーリアは人間の体に病気を引き起こすのか?


ネット検索して調べてみると

どうやら今から5、6年前にザミオクルカスを飾っておくと病気になるという話がネットの一部で広がったようだ


ネットで見つけた情報の中に

ザミオクルカス ザミフォーリアの画像とともに次のような文面が載っていたので

勝手にそのままコピーして以下に記す


‥‥ 以下英文はネット上よりコピーしたもの ‥‥

Do you have this plant at home? Beware of it because it is bad for health!
Hey frenz...some of you don't read Chinese but never mind, please take note because this is really too dangerous to be ignored and I must share the informationw with you. Please be aware of the poisonous plant as shown above, please be aware now as it seems to be hazardous to be placed at home, in the office or anywhere near our homes! Apart from the poison in the sap of theleaves which causes irritation, inflamation or swelling of the face and jaw especially those with skin allergies.
This plant is useless in terms of air purification, absorption of other harmful or even cancer causing gases in the air e.g.CO2, CH2O (Formaldehyde),C2-H-Cl3(Trichloroethylene). In fact, even the soil where the plant used to grow would also turn poisonous!
So, don't use the soil to plant veggies. Even, insects, ants will not go near this plant.
Oh dear! Too bad, so sad :( don't you think?....such a nice, strong yet elegant plant liked by many just like myself! Incidentally, the Chinese particularly loves this plant owing to it's common name "Gold Coin" tree. Anyway for now, just to be safe, probably we can only be "distant admirers" of this lovely plant ya! Take care...GOD BLESS!


‥‥ 以上、コピー終わり ‥‥


これが元々の原文なのか加筆などがされているのか?

また元の出所はどこの誰なのか不明であるが

どうやら、、

ザミオクルカス ザミフォーリアを飾っておくと病気になるという噂話は

この内容の英文がネットのメールやSNSを使って拡散され不特定多数の人々に広まり

その話を知った人が、、

さらに花屋さんや知人宅でザミオクルカスを見かけた時にこの話を広めていったのであろう


       ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

注:) 上記の文面自体にはザミオクルカス ザミフォーリア Zamioculcas zamiifolia と記されていないが

ネット上でこの文面に添付されている画像に写っているのはザミオクルカス ザミフォーリアなので

この文面はザミオクルカス ザミフォーリアについて書かれている

       ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


さて、、


科学的な毒性成分については自分には計測する器機も術もないから分からないが

この英文に書かれている一文には「ザミオクルカスを植えた土は毒性があり虫も近づかない‥」とある

これはザミオクルカスを育てている人であればすぐに分かると思うが

ザミオクルカスを植えてある鉢の土の中にはミミズもいれば他の小さな虫もいるから

まあ、、 この英文に書かれていることは嘘である


それに

ここで10年以上ザミオクルカスを育てていて

自分も家族も特に深刻な病気に罹っていない状況を考えれば

ザミオクルカス ザミフォーリアが人間に病気を引き起こすということは考えられない


    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

注 2:) 植物の中には毒成分を有するものもあるからザミオクルカス ザミフォーリアの葉や茎

根や芋を食べて病気になるのはまた別の話である(普通に考えて食べる人はいないが、、)

    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


今回

このザミオクルカスの話を調べていて思ったのは

ネット上に書かれている膨大な情報の中には興味を引き役立つ情報も数多いが

そのひとつひとつが真実か嘘かは定かではないということである

ザミオクルカス ザミフォーリアの花塊





今日のルセナは晴れ


P1180984.jpg


明け方冷え込み肌寒くて目が覚める

ここでの自分は寝るときも一年中半袖短パンで掛け毛布も何もしないが

今朝はベッドから起き上がるのに時間を要した

朝7時の気温24度

お昼の気温31度


早朝の庭では

花茎が伸びたパフィオぺディラムの鉢の中に

オオヒキガエルが一匹潜り込んでいた


P1180989.jpg


丸々と太ったオオヒキガエルに

折角伸びたパフィオぺディラムの花茎を折られないか心配であるが

ここではよく見かけるこのオオヒキガエル

背中に毒を持ち大きなものは手の平サイズほどになる

草が覆い茂った近所の空き地はこのオオヒキガエルの繁殖地となっていて

雨降りが続く雨季には空き地からオオヒキガエルの合唱が聞こえてくる


我が家の庭にも住み着いているから

時々家の犬が小さいのを口にくわえて遊んでいるが

このオオヒキガエルの背中部分からは猛毒が出てくるから見ていてひやひやする、、


オオヒキガエルについて詳しくはこちら → オオヒキガエル Wiki


人間を失明させるほどの毒を持つオオヒキガエル

庭に住むアフリカマイマイ同様、、 触らぬ神に祟りなしである





さて、、





今朝テラスに出ると

鉢植えのザミオクルカス ザミフォーリアに棒状の花塊が顔を出していた



P1180971.jpg



昨日までは葉っぱのような皮を被っていたが

今朝はその皮がくるんと剥けてマントのように翻った状態である


我が家の庭にはいくつものザミオクルカス ザミフォーリアの株があるが

時々こうして奇妙な棒状の花塊が生えてくる



P1180980.jpg



近づいてよく見ると

この白い棒状の表面には

細かいパズルのピースのような形のものがぴっちりとはめ込まれている



P1180977.jpg



花だと言われなければなんだかわからないこの姿

面白くもあり気味悪くもあり‥ って感じであろうか?


確か、、

この花塊の状態は蕾の状態であり

花としては塊の中にぽつぽつと見える小さな丸い部分が咲いたと思う



‥‥ 以下、追記(2016年1月19日) ‥‥

そして翌日の朝

このザミオクルカス ザミフォーリアの花塊を見てみると?



P1191061.jpg


ぽつぽつと見える丸い小さな部分の割れ目から

細かい粒子が紐状となって湧き出てきていたが

これはちょっと神秘的であり、、 なんとなくご利益でもありそうな雰囲気でもある


面白いね~ 不思議だね



P1191064.jpg


この湧き出てきたものは花粉なのかなんだか知らないが

花塊の下にはその湧き出たものがぱらぱらと落ちている


詳しいことは知らないが

自分はこの花粉のような細かいものが花塊から湧き出た状態が

ザミオクルカス ザミフォーリアの花塊が開花した状態ではないかと考えている

‥‥ 以上、追記終わり ‥‥



一般的に観葉植物と言われる植物の花の観賞価値は低いのであろうが

たまにはこうした不思議な姿をした観葉植物の花を観賞するのも面白い、、

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR