FC2ブログ

葉の長いファレノプシス シレリアナ Phalaenopsis schilleriana





今日のルセナは晴れ


s-IMG_1578.jpg


朝から陽射し強く乾いた風が吹き

昨日一昨日の雨で湿った庭が一気に乾く、、

お昼の気温33度





さて、、





昨日

山から仙人が下りて来る

今月は既に2回下りて来ているからこれで3回目である


来ない時はひと月ふた月全く姿を見せないから

こうして立て続けに下りて来るのは非常に珍しい


早速

仙人がぶら下げてきた大きな袋から取り出した原種蘭を見ると、、



s-IMG_1581_20181023135120076.jpg



へぇ~

これはまた葉の長いファレノプシス シレリアナ Phalaenopsis schilleriana


この前もファレノプシス シレリアナを2株持って来たが

今回の株は葉の長さが異様である


先ずはこの大きな株

ファレノプシス シレリアナ 2株(高芽付き) 500ペソ



s-IMG_1583_2018102313512184f.jpg
並べてあるのは30㎝定規


株から伸びた葉の長さはどれも30㎝以上あり

一番長く伸びている葉の長さは50㎝を超える



s-IMG_1596_20181023135118a29.jpg



仙人に

先日持って来たファレノプシス シレリアナの株は普通なのに

なぜ今日の株は全て葉が長いのか? っと訪ねてみると

仙人曰く、、

この株はずーっと日陰で育ったからだとのこと

なので今日持って来た株は庭の陽の当たらない場所にぶら下げろとのことであったが

ん~

これらの株の葉が長いのは葉が徒長した状態だからと言うことであろうか?


この2株くっ付いた状態の株には

伸びた花茎の先端に高芽がひとつ付いている



s-IMG_1588.jpg



まだ根が発生していない高芽であるが

もうすでに葉はひょろっと細長い形である


ん~

これは葉の徒長なのか?

それともこうした種類なのであろうか?


そして

次に小さなファレノプシス シレリアナの株 200ペソ



s-IMG_1604.jpg
並べてあるのは30㎝定規


なんとも異様に痩せ細ったようにも見えるこの姿

この株は高芽を採って来たものの様であるが、、



s-IMG_1608.jpg



まだこの葉数の少ない高芽の状態でも

葉の長さは28㎝ほどもある



s-IMG_1610_20181023135144cbd.jpg



面白いね~

この地の原種蘭も人間と同じで太めもあれば細めもある

今回の株はその中でも極細タイプであろう


今朝早速

これらの株をへゴ板に付けることにした



s-IMG_1611_20181023135157d79.jpg



2株がくっ付いた大株は無理に切り離さず

そのままの状態でヘゴ板にビニタイで縛り付け

高芽の株も細めのへゴ板へ同じ様に縛り付けた



s-IMG_1615_20181023135158478.jpg



後はこのまま

仙人に言われた通り庭の陽が当たらない場所へぶら下げる



s-IMG_1619.jpg


さあ、、

枯れずに育つか?

楽しみは続く、、
スポンサーサイト

山から来たファレノプシス シレリアナ Phalaenopsis schilleriana





今日のルセナは晴れ


s-IMG_1338.jpg


朝方1時間ほど雨が降る

久ぶりの雨降りに喜んでいたら、、

すぐにまた晴れて暑くなる

お昼の気温34度





さて、、





昨日

山から仙人が下りて来る、、


先週下りて来たばかりの仙人であるが

ここのところ晴天が続き家の中にじっとしていられないのだろうか?

珍しく2週続けて原種蘭を持って来てくれた



s-IMG_1294.jpg
並べてあるのは30㎝定規


今回持って来たのは

2株のファレノプシス シレリアナ Phalaenopsis schilleriana

1株250ペソ



s-IMG_1288.jpg



この地に自生するファレノプシスの中でも

ここでは一番よく見掛けるのがこのファレノプシス シレリアナ


緑色の葉に美しいシルバーの縞模様が入ることから

ここではタイガーとも呼ばれるファレノプシス シレリアナ

その葉裏は渋い錆色をしていてこれまた美しい



s-IMG_1291.jpg



今回仙人が持って来たのはこの2株だけだったので

早速、、

株をへゴ板付けにする



s-IMG_1298_201810131433502f3.jpg



縛り付けてあった木っ端から株を外してみると

一株は花茎に付いていた高芽



s-IMG_1305.jpg



もう一株は

何かに着生していた株を切り採って来たようだ


s-IMG_1309.jpg



どちらの株もサイズはほぼ同じ

特に大きくもなく小さくもなく、、

サイズ的には手頃なサイズとでも言うべきであろうか



s-IMG_1313_20181013143414c78.jpg
並べてあるのは30㎝定規



そして

木っ端から外したこの2株を

それぞれへゴ板にビニタイで縛り付けた



s-IMG_1315_20181013143429179.jpg



後はこのまま

遮光スぺースにぶら下げるだけ



s-IMG_1321_20181013143430f02.jpg


さあ、、

来年の乾季に花を咲かせるであろうか?

楽しみは続く、、

山から来た原種蘭





今日のルセナは晴れのち曇り

午前中晴れてはいたが

昼から薄暗い雲が空を覆い遠くで雷が聞こえだす

日中気温29度


双子娘のリクエストで妻がチーズケーキを焼く


s-IMG_6498.jpg





さて、、





一昨日の昼前

山から仙人が下りて来る



s-IMG_6435_20180503143914947.jpg



仙人が持って来たのは

ラグナ産のファレノプシス シレリアナ Phalaenopsis schilleriana と

種類不明のレナンセラ Renanthera の子株


この日も非常に暑く

焼き付ける様な強い陽射しのせいもあってか

仙人が持って来たファレノプシス シレリアナの株は葉に張りがなく

夏バテ状態、、



s-IMG_6443_201805031439221c6.jpg



やはりこの暑い乾季のシーズン

暑さに弱いファレノプシスはあまり株を動かしたりいじったりしない方が良いのであろうが

暑さに強いレナンセラは小さな子株でも太い根を伸ばして元気そうだ



s-IMG_6455_2018050314392073b.jpg



今回購入したのは

種類不明のレナンセラの子株2本(1本P200ペソ)と、、



s-IMG_6449.jpg

並べてあるの30㎝定規


少々夏バテ気味のファレノプシス シレリアナ5株(1株P150ペソ)



s-IMG_6459.jpg



早速

ファレノプシス シレリアナを植え替える事にしたが

一株一株へゴ板付けにしてハンギングするのが面倒でもあり

最近原種蘭の株数が増えて遮光スぺースも狭くなってきたので、、


今回はちょっと大きめのハンギングバスケットに椰子殻を詰め

そこにファレノプシス シレリアナ5株を寄せ植えにした



s-IMG_6503.jpg


これなら狭い遮光スぺースでもあまり場所を取ることなくぶら下げられる


さあ、、

ラグナ産ファレノプシス シレリアナは枯れずに育つか?

ちょっと心配、、

ファレノプシス シレリアナ Phalaenopsis schilleriana 咲く





今日のルセナは晴れ


s-IMG_4737.jpg


昨夜は遅くまでパッションの歌声が聞こえていたが

今日は朝から静まり返る Good Friday

日中気温33度





さて、、





庭では

ファレノプシス シレリアナ Phalaenopsis schilleriana が咲く



s-IMG_4751_201803301521114b2.jpg



ぽつんと咲いた2輪の花

時折、、

乾いた風に揺られ動く姿は蝶が舞うようでもある



s-IMG_4781.jpg



美しいね~

淡いピンク色の花弁に

鮮やかな黄色いカルスがよく目立つ



s-IMG_4830.jpg



ファレノプシス シレリアナ Phalaenopsis schilleriana

これもまたこの地に自生する着生蘭

ここケソン州では一番よく目にする原種ファレノプシスであり

毎年この乾季に花を咲かせる



s-IMG_4770_201803301521135de.jpg



もう少し花数が多ければ

あの高貴で品のある微香を楽しめるのであるが

今回は残念、、



s-IMG_4864.jpg

乾季の庭で咲くファレノプシス シレリアナ Phalaenopsis schilleriana

良い感じである

ファレノプシス シレリアナ Phalaenopsis schilleriana 7株





大晦日のルセナは曇り時々晴れ

乾いた風冷たく

爽やかな大晦日となる

午後10時の気温27度


s-IMG_0442.jpg


頂き物の貴重な信州蕎麦を茹で

年越し蕎麦を食べる


s-IMG_0453.jpg





さて、、





一昨日

山から仙人が下りて来る、、



s-IMG_0322.jpg



クリスマス前にも

ファレノプシス シレリアナ Phalaenopsis schilleriana を持って来てくれたが

今回もまたファレノプシス シレリアナ Phalaenopsis schilleriana


今回の株は前回と比べて小さな子株が7株

どれも小さく1株 P125ペソ



s-IMG_0324.jpg

並べてあるのは30㎝定規

一番大きな株の葉で長さ約25㎝

それ以外の株はまだ小さな高芽を採って来たようなものである


子株7株を見てみると

小さいながらも株それぞれの葉の形の違いがある



s-IMG_0327.jpg



標準的な楕円形をした葉もあれば

ひょろひょろと細く伸びた葉もあり見比べると面白く

葉に模様の入るファレノプシス シレリアナ Phalaenopsis schilleriana は

こうして葉姿を眺めているだけでも楽しくなってくるね



s-IMG_0337.jpg


さて今年も1年

こうしてこの地の原種蘭と触れ合えたことに感謝する


では、皆様良いお年を!

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR