アポロデス フラグランス Aporodes fragrans の開花条件





今日のルセナは晴れ


s-IMG_3882_2018031714442905c.jpg


早朝雲っていたが

日中青空広がり暑くなる

お昼の気温33度


s-IMG_4027_201803171444504a3.jpg


庭で咲くハイビスカス

開花したばかりの花に穴が開いている原因は、、


s-IMG_4032.jpg


どうやら子供バッタが齧ったらしい





さて、、




今朝の庭では

一斉にデンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum が開花した



s-IMG_3899.jpg



この地に自生するデンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum

開花の引き金になるのは急激な気温低下であり

その急激な気温低下のあった日から数えて9日目の早朝に花が咲く


と言うことは、、

今朝の開花は今日から数えて9日前

3月9日の気温低下が開花の引き金となったということである



s-IMG_3895.jpg



いつもなら

このデンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum の開花は気にもしないが

今回はこの花が咲くのを毎朝楽しみにしていた


それは

先日庭で開花したアポロデス フラグランス Aporodes fragrans が

急激な気温低下後何日で開花するのかを知るためである



s-IMG_3808.jpg



庭で咲くアポロデス フラグランス Aporodes fragrans の開花のタイミングを見ていると

どうやらこの種も、、

急激な気温低下が開花の引き金となっていることが分かって来た


但し

デンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum のように

急激な気温低下の起こった日から何日後に開花するのかは分からなかったので

今回このデンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum の開花から日数を逆算し

アポロデス フラグランス Aporodes fragrans が何日後に開花するのかを調べたかったのである



s-IMG_3737.jpg



このアポロデス フラグランス Aporodes fragrans が開花したのは3月14日

今朝開花したデンドロビウム クルメナタム Dendrobium crumenatum は

9日前の3月9日の急激な気温低下が引き金となっている


庭のデンドロビウム クルメナタムとアポロデス フラグランスが

同じ日の急激な気温低下が今回の開花の引き金となったと考えると、、

今回アポロデス フラグランス Aporodes fragrans の開花は

急激な気温低下のあった日から数えて6日目の朝に開花したということになる


この開花に関しては今回1回だけの事ではまだまだ不確かであるから

今後も庭で開花する様子を観察する必要は十分あるが

こうした開花までの様子を自分の目で観察するのもここでの楽しみのひとつであり

季節感乏しいここ南国に於いて、、

この地の原種蘭が南国の微妙な気候変化に敏感であることが分かってきて面白いのである
スポンサーサイト

アポロデス フラグランス Aporodes fragrans 咲く





今日のルセナは晴れ


s-IMG_3816.jpg


さらさらと乾いた風吹き

燐家のマンゴーの木が葉音を立てる

午前10時の気温33度


昨日の昼過ぎ

電動車いすに乗り友人宅へ向かう


s-IMG_3722.jpg


久しぶりに3台の車いすが集まり

焼きたてのビビンカを頂き

冷えたビールを飲みながらの楽しいひと時を過ごす


s-IMG_3831.jpg


出身地は福岡県、島根県、長野県

障害の程度も人それぞれ違いはあるが

この地に住む障害者同士情報交換も大切である





さて、、





今朝の庭では

アポロデス フラグランス Aporodes fragrans が開花



s-IMG_3808.jpg



白い花のサイズは約2㎝

この花には非常に上品な芳香あり


アポロデス フラグランス Aporodes fragrans

これもまたこの地に自生する着生蘭

開花の引き金となるのは急激な気温低下であり

今回、、 蕾の発生から開花までは4日間であった



s-IMG_3751.jpg



このアポロデス フラグランス Aporodes fragrans

早朝開花した花は1日で終わってしまうが

この花の特徴は葉元に広がる黄色い苞であろう



s-IMG_3764.jpg



面白いね~

鋸の歯のようにジグザグとした緑色の葉

そして黄色い苞と真っ白な花



s-IMG_3729.jpg



緑、黄、白

シンプルな3色が揃ったこの美しさ


今朝は

花の咲いたアポロデス フラグランス Aporodes fragrans 2株を

庭のドリップウッドにぶら下げてみたが、、



s-IMG_3785.jpg


良い感じである

アポロデス フラグランス Aporodes fragrans 蕾発生





今日のルセナは曇り時々小雨

昨日までの冷たい雨は止んだが

冷たい北東の風が吹き続け気温上がらず、、

少し青空が見え隠れするが晴れるか?

午前11時の気温27度


先月稲刈りを終えた田んぼでは田起こしも終わり

種籾を苗床に蒔き田植えの準備が始まる





さて、、





ここ数日

このシーズンには珍しく朝晩肌寒く

年末に戻ったような涼しさである


こうした急な気温変化がある時は

庭の原種蘭もその影響を受けて変化が起こりやすいので

雨上がりの今朝

久しぶりにゆっくりと庭を見まわっていると、、



s-IMG_3637.jpg



先週

仙人が山から持って来た原種蘭の中のひとつ

アポロデス フラグランス Aporodes fragrans と思われる株に

ぽつりぽつりと蕾が顔を出しはじめているのを見付ける



s-IMG_3639.jpg



ん~

面白いね



s-IMG_3642.jpg



庭には

他にも急激な気温低下が引き金となって蕾を出す原種蘭はあるが

その中でもこのアポロデス フラグランス Aporodes fragrans は

気温低下 → 蕾発生 → 開花までの日数が短く

その速攻とも言えるスピードには驚かされる



s-IMG_3650.jpg



さあ、、

仙人が持って来たばかりのこの株

どんな花を咲かせるのであろうか?



s-IMG_3638.jpg


楽しみは続く‥

アポロデス フラグランス Aporodes fragrans 咲く





今日のルセナは曇り時々小雨

先週までの冷たい強風も止み

どんよりとした曇り空、、

日中気温29度


s-IMG_1203.jpg


一昨日の日曜日

ジープニーに乗り日本人の方々との新年会へと出掛ける

ランチを兼ねての新年会

楽しい話と美味しい食事にお酒も進んだ帰り道

モールへ立ち寄り、、 

ダイソーで醤油チュルチュル(灯油ポンプ)を1本買う


s-IMG_1321.jpg


もちろんここでは石油ストーブを使うことは無いが

これ1本あるとアクアリウムの掃除が楽になる





さて、、





小雨降る今朝の庭では

アポロデス フラグランス Aporodes fragrans(Synonym; Eria aporoides)が咲く



s-IMG_1313.jpg



一昨日

葉から出た蕾を確認したばかりであったが

その蕾の発生から開花までたった2~3日という速さである



s-IMG_1308.jpg



真っ白い花のサイズは約2㎝

細かい産毛を生やした薄黄色いリップが特徴的なこの花

いつもならこの花から上品な微香が漂うはずであるが今朝は全く香りなし

小雨で香りも流れたか‥?



s-IMG_1281.jpg



たった1日で閉じてしまうアポロデス フラグランス Aporodes fragrans の白い花

今回香りを楽しめなかったのは残念ではあるが

それでも、、 

茎葉の濃い緑色に映えるこの美しい花を見ることができたのは嬉しいね



s-IMG_1298.jpg



小雨降る庭で咲くアポロデス フラグランス Aporodes fragrans

良い感じである、、


s-IMG_1250.jpg

アポロデス フラグランス Aporodes fragrans





今朝のルセナは曇り時々小雨


s-IMG_1201_20180114095540bec.jpg


風冷たく雲の流れ速く

時折雲の切れ間から青空覗く、、

午前9時の気温25度


s-IMG_1095.jpg


街の豆腐屋さんで豆腐を買ったら

おからをただで分けてくれたので久しぶりにおからを炒る


s-IMG_1102.jpg


ルセナで食べる炒りおから

これまたホッとする味である、、





さて、、





ここのところ風冷たく

朝晩冷え込み日中気温も上がらない庭では

アポロデス フラグランス Aporodes fragrans ( Synonym; Eria aporoides )に蕾が出る



s-IMG_1155.jpg



その独特な姿をした薄っぺらい葉元から

小さな白い蕾が顔を出し始めたこのアポロデス フラグランス Aporodes fragrans の株



s-IMG_1159.jpg


これもまたこの地に自生する着生蘭であるが

このアポロデス フラグランス Aporodes fragrans が庭で花を咲かせるタイミングを見ていると

急激な気温低下が続いた後に蕾が出てくることから

この原種蘭もまた急激な気温変化が開花の引き金となる



s-IMG_1196.jpg



株から伸びる1本1本の茎葉を見ると

既に白い蕾の頭が顔を出しているのもあるし

これから蕾が出てくる様子の葉元も見える



s-IMG_1190.jpg



面白いね~

非常に小さな動きではあるが

こうして庭の原種蘭を見ていると

この温暖な南国の原種蘭も気温の変化に敏感なことが分かってくる



s-IMG_1183_20180114095612100.jpg


さあ、、

あの素晴らしい芳香を放つ

アポロデス フラグランス Aporodes fragrans の開花は近い

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR