FC2ブログ

コブラ シダ Cobra fern (Asplenium nidus)



今日のルセナは晴れ


s-IMG_8340.jpg


明け方に小雨降ったが

一気に晴れて暑くなる、、

日中気温34度


s-IMG_8271.jpg


プランターに植えた韮を収穫し餃子を作る





さて、、





昨日

隣町の園芸農園から

注文しておいたコブラ シダの子株が届く



s-IMG_8314.jpg



コブラ シダ Cobra fern (Asplenium nidus) の子株 1鉢120ペソ



s-IMG_8316.jpg



可愛いね~

まだまだ小さいながらも、、

不規則にくねくねとしてひねるようにして伸びる葉



s-IMG_8333.jpg



今回購入したのはどれもまだ小さく

鉢を入れても背丈が15㎝ほどのコブラ シダである



s-IMG_8338_20200618150110b5e.jpg



このコブラ シダ

ネットによると、、

シマオオタニワタリ (Asplenium nidus) と同種であるが葉の形が変形した変異種であり

葉姿がコブラが鎌首をもたげる様に似ることからコブラ シダと呼ばれるそうである



s-IMG_8359_20200618150115c0e.jpg



今朝早速

昨日届いたコブラ シダを少し大きめのプラ鉢に植え替えた



s-IMG_8352.jpg



後はこのまま遮光スぺースに放置する



s-IMG_8353.jpg


まだまだ小さなコブラ シダ

これからの生長が楽しみである
スポンサーサイト



スパティフィラム センセーション Spathiphyllum Sensation に花が咲く




今日のルセナは晴れのち曇り


s-IMG_8273_20200615121042ffe.jpg


早朝爽やかに晴れ

雨で濡れた庭も一気に乾き

隣家のマンゴーの木から蝉の声が響く、、

午前10時の気温32度


s-IMG_8279.jpg


今朝庭に出ると

パピリオナンダの茎に止まるリュウキュウムラサキを見付ける


s-IMG_8287.jpg


ネオンの様な青い光を放つ翅が大分傷んでいる





さて、、





庭では

スパティフィラム センセーション Spathiphyllum Sensation の花が咲く



s-IMG_8185_20200615121036196.jpg



ここではセンセーションと呼ばれ

大きな葉を広げる姿美しく人気のある観葉植物



s-IMG_8211_20200615121040fcb.jpg



時々こうして突然白い花のようなものを咲かせるが

ネットで調べると、、

この周りの白いものは仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる苞であり

その中に見える刺々した柱状のものは肉穂花序(にくすいかじょ)とのことである



s-IMG_8209_20200615121039181.jpg



面白いね~

普段は葉を茂らせるだけのセンセーションではあるが

こうして白い苞を広げる姿もなかなかの美しさ、、



s-IMG_8187_202006151210383ec.jpg


シダ植物とスパティフィラム センセーション Spathiphyllum Sensation

なかなか良い雰囲気である、、

胞子嚢穂を広げるヨウラクヒバ(瓔珞檜葉)




今朝のルセナは曇り

ここ数日降り続いた激しい雨も止み

ようやく空が明るくなり始める

午前8時の気温27度


s-IMG_8166_20200612095513863.jpg


雨降りが続き庭に出られない日が続いたが

通販で届いた粒状肥料のオスモコートをバスケットに詰め庭の蘭にぶら下げた


s-IMG_8163.jpg


暑い乾季に体力を消耗した庭の蘭

これから雨が降るたびに、、

じわじわとこの肥料の効果が出て来るであろう


s-IMG_8156_202006120955148b9.jpg





さて、、




雨上がりの早朝

庭ではヨウラクヒバ(瓔珞檜葉) が胞子嚢穂(ほうしのうすい)を広げる



s-IMG_8132_202006120955337e2.jpg



からからに乾燥し暑さが厳しかった乾季は元気がなかったが

雨が降り続き十分な湿り気があるせいであろうか

下垂した茎も元気になり艶と張りが戻ってきたように見える



s-IMG_8146.jpg



美しいね~

ヨウラクヒバ(瓔珞檜葉) Huperzia phlegmaria (Synonym Lycopodium phlegmaria L.)

これもまたこの地に自生するシダ植物



s-IMG_8131.jpg



下垂した茎の先に細く枝分かれして広がる胞子嚢穂(ほうしのうすい)

この胞子嚢穂(ほうしのうすい)に胞子が入っているようであるが、、

幾重にも枝分かれして広がる姿は自然の美と言えるであろうね



s-IMG_8140.jpg



庭で茎を垂らすヨウラクヒバ(瓔珞檜葉)

良い感じである、、



s-IMG_8153.jpg

田植え

  • 2020/06/06 13:44
  • Category: 水田



今日のルセナは晴れ


s-IMG_8054.jpg


昨日と今日は一段と暑さが厳しい、、

お昼の気温34度


ルクバンから届いたピナイス (Pinais) を食べる


s-101407361_289361602454389_8193504643813212160_n.jpg


バナナの葉で包んで蒸された中身は

摩り下ろしたココナッツの果肉と淡水の手長エビ、、

南国の素朴な郷土料理のようなものであるが

さっぱりとした味はこの地のインディカ米とよく合う





さて、、





今朝の水田では

夜明けと共に田植えがはじまる



s-101869110_889842338179577_3301342098925144001_n.jpg



今回もまた4人の農夫さんに田植えをお願いする



s-102909684_636239166969647_4132637166240653533_n.jpg



稲刈りをしたのが先月2日であるから

今回稲刈りから田植えまでかかった日数は1ヵ月と5日


順調に育てば稲刈りは9月中旬となるであろうが

例年これからのシーズンは台風の多いシーズンである


特に今年は台風が今日現在まだ1個と台風の発生が遅く

これから年末にかけて立て続けに台風が発生するであろうから、、

今回は実の付きが良いハイブリッド米は止めてローカル米を植えることにした



s-103328403_555943878444092_1485938990775598518_n.jpg



収穫量は期待できないローカル米ではあるが

強風や長雨で収穫前の稲が倒れる確率が少しでも低い方がよいであろう


さあ、、

9月の収穫はどうなるか?

台風被害がない事を願う


s-101858144_1148224548874722_867440049433089787_n.jpg

ドラゴンフルーツの花が咲く




今日のルセナは晴れ


s-IMG_8046_20200604145531ad8.jpg


朝から陽射し強いが

庭に吹く風涼しく心地よい、、

お昼の気温33度


s-IMG_8039.jpg


プラ鉢に植えたニガウリの蔓が伸び

黄色い花が咲き始める


s-IMG_8037.jpg





さて、、





昨夜

外庭でドラゴンフルーツの花が咲く



s-101551650_707119163388024_6488032564329054208_n.jpg



この状態ではまだ花弁は開き切ってはいないが

真夜中に咲く花のサイズは直径30㎝ほどの大きさになる



s-100866132_572942236746895_8235841880206606336_n.jpg



暗闇の中で咲くドラゴンフルーツの白い花

一夜限りの花は不気味な美しさである

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR