テラシス カリナタ Thelasis carinata 咲く





今日のルセナは曇りのち晴れ

昨夜は夕方から雨降り

今朝はじっとりとした湿り気、、

午前9時の気温30度





さて、、





先月終わり

花茎が伸び始めているのを見付けた

この種類不明のテラシス Thelasis の株



s-IMG_2552_20170820102109b5d.jpg



この時

株の左右から1本ずつ伸びていた花茎のうち

片方の1本は枯れてしまったが

残った1本の花茎は無事に蕾を膨らませて開花が始まる



s-IMG_3849.jpg



くねらせながら伸びる花茎の先端数㎝の間に

小さく白い蕾が見える



s-IMG_3819.jpg



この蕾の数からすると‥

この株はテラシス カリナタ Thelasis carinata で間違いなかろう


この地に自生するテラシスのうち

テラシス ミクランタ Thelasis micrantha とテラシス カリナタ Thelasis carinata は非常によく似ているが

フィリピン原種蘭図鑑 PHILIPPINE NATIVE ORCHID SPECIES によると

テラシス ミクランタ Thelasis micrantha は花序に12輪ほどの花を付けると記されており

テラシス カリナタ Thelasis carinata は花序に多くの花を付けると記されているから

テラシス ミクランタとテラシス カリナタの違いは花数の多さで判別すると分かりやすい



s-IMG_3865.jpg



先端を尖らせた白い蕾は

その先端の花弁が開花してもたった2~3㎜のサイズである



s-IMG_3833.jpg



小さいね~


この小さな物体だけ見ていても

これが花なのか?何なのか?

そして、、 これが蘭の花だと誰が思うであろうか?



s-IMG_3805.jpg

並べてあるのは30㎝定規


この地に自生するテラシス カリナタ Thelasis carinata

こうした目立つこと無い原種蘭を観察するのも

ここでの楽しみのひとつなのである
スポンサーサイト

デンドロビウム ロンべウム Dendrobium rhombeum 咲く





今日のルセナは晴れ時々雨


s-IMG_4020.jpg


昨夜ひと雨あり

今朝は少し蒸し暑く

時折、、 灰色雲が小雨を降らせながら流れて行く


s-IMG_3744.jpg


早朝庭のアラクニスの葉に止まるリュウキュウムラサキ

午前11時の気温31度


朝食に頂き物のビビンカを食べる


s-IMG_4016.jpg


アイスコーヒーとビビンカ

これもまた南国らしい組み合わせである





さて、、





庭では

先月の終わり頃から蕾を付けていた

デンドロビウム ロンべウム Dendrobium rhombeum が咲き始める



s-IMG_3958_20170819115505bad.jpg


美しい‥


デンドロビウム ロンべウム Dendrobium rhombeum

これもまたこの地に自生する着生蘭であり

株元から長く伸びた茎を下垂させて花を咲かせる下垂性デンドロビウムのひとつである



s-IMG_3965.jpg



庭では

2月にも一度デンドロビウム ロンべウム Dendrobium rhombeum が1株開花しているが

今回、、

仙人が山から持って来た数株のバルブに花芽が付き始めているところを見ると

ここではこのシーズンがデンドロビウム ロンべウムの花季のようである



s-IMG_3924.jpg



さあ、、

開花が始まったばかりのデンドロビウム ロンべウム

残りの蕾が咲き揃う姿が楽しみである

ケソン州物産展 ニヨグユガン フェスティバル Niyogyugan Festival 始まる

  • 2017/08/18 11:04
  • Category: 日常




今朝のルセナは晴れ


s-IMG_3894.jpg


昨日も暑い一日であったが

夕方雨が降ったお陰で暑さ和らぐ、、

午前10時の気温32度


今年初のランブータンを食べる


s-IMG_3732.jpg


美味しいね~

果汁の適度な甘さと果肉の歯ごたえ

今年も真っ赤なランブータンのシーズン到来





さて、、





昨日から

ルセナのキャピタリオで

毎年恒例のケソン州物産展 ニヨグユガン フェスティバル Niyogyugan Festival が始まる


s-IMG_4196.jpg


フェスティバル会場に並ぶ町々のブースでは

それぞれの町の特産品が並べられ即売されるのであるが

毎年このフェスティバルの面白さは

その凝った作りのブースを見るのも楽しみのひとつである


では、、

各ブースを見て行こう



アティモナン Atimonan
atimonan.jpg


アグダンガン Agdangan
agdangan.jpg


カラワグ Calauag
calauag.jpg


ブエナビスタ Buenavista
buenavista.jpg


ボルデオス Burdeos
burdeos.jpg


ジェネラル ルナ Gen. Luna
gen luna


ジェネラル ナカール Gen. Nakar
gen nakar


ギナヤンガン Guinayangan
gunayangan.jpg


インファンタ Infanta
infanta.jpg


パグビラオ Pagbilao
pagbilao.jpg


ジョマリグ Jomalig
jomalig.jpg


パドレ ブルゴス Padre Burgos
padre burgos


ロペス Lopez
lopez.jpg


パヌクラン Panukulan
panukulan.jpg


パトナヌガン Patnanugan
patnanugan.jpg


ピトゴ Pitogo
pitogo.jpg


プラリデル Plaridel
plaridel.jpg


サン フランシスコ San Francisco
san francisco


ケソン Quezon
quezon.jpg


レアル Real
real.jpg


サンパロック Sampaloc
sampaloc.jpg


サンアンドレス San Andres
san andres


サリアヤ Sariaya
sariaya.jpg


タヤバス Tayabas
tayabas.jpg



まだまだこれでケソン州の町全部ではないが

それぞれの町ごとに工夫を凝らしたブースは南国らしく面白く

改めて、、 ケソン州の広さを感じることができるのである


昨年は

苺の苗を買って見事に枯らしてしまったから

今年はこのキノコ栽培セットを買ってみようかね?


s-IMG_4242.jpg

アルンディナ グラミニフォリア Arundina graminifolia 植え替え





今日のルセナは曇りのち雨

久しぶりにまとまった雨降り

からからに乾いた庭には恵みの雨となる

午前11時の気温28度


早朝曇り空の下

ブーゲンビリアの蜜を吸うアゲハチョウ


s-IMG_3630_201708141153466ba.jpg





さて、、





昨年の1月終わり

庭からアルンディナ グラミニフォリア Arundina graminifolia の高芽を採り、、



P1241246_201603251224262b6_20170814120525a4b.jpg



土を入れた小さなアグリバックへ

30㎝ほどに伸びた高芽を1本ずつ植える



P1241255_20160325130342365_2017081412053297b.jpg



その後、、

この小さなアグリバックへ植えたまま

庭の片隅に放置して1年半が経過したものがこの状態‥



s-IMG_3506.jpg



次々と新芽が伸び株が大きく生長し

背の高い茎は高さ60㎝ほどの長さまで伸びている


さすがにこの株の状態では

もっと早い時期に大きな鉢へ植え替えておくべきであったと思いながら‥

昨日やっと植え替えをする



s-IMG_3508.jpg



アグリバッグから株を取り出してみると

地生蘭らしく、、

土の中には長い根がびっしりと生えていた



s-IMG_3512.jpg



1本だけ植えてあった高芽からはこの1年半で次々と新芽が発生し

株として順調に生長中である



s-IMG_3519.jpg



今回はこれを株分けせず

そのままの状態で大きめの素焼き鉢へ植え込んだ



s-IMG_3521_2017081411540840f.jpg



後はこのまま

庭の日当たりの良い場所へ放置する


さあ、、

我が家では数少ない地生蘭のアルンディナ グラミニフォリア Arundina graminifolia



P2140059_20170814120529193.jpg


庭でこの花が咲くのが楽しみである

カラミヤス Kalamias の花





今日のルセナは曇り

昨日までの爽やかな青空は消え

今日は朝からじっとりと蒸し暑い、、


s-IMG_3611.jpg


ランチに息子がサンマを焼く

お昼の気温34度


早朝

洗礼式用に注文の入ったカップケーキを妻が焼く


s-IMG_3569.jpg





さて、、





庭にある鉢植えのカラミヤス Kalamias (カミアス Kamias)



s-IMG_3608.jpg



人差し指ほどの太さの幹はまだ高さ1mほどしかないが

今朝この鉢植えのカラミヤス Kalamias を見ていると、、



s-IMG_3593.jpg



おや‥?


細い幹の途中に

赤い花が咲きはじめているのを見つける



s-IMG_3598.jpg



へぇ~

これがカラミヤスの花か‥


カラミヤスの実は良く見るが

こうして花を間近で見るのは初めてである


こちらでカラミヤス Kalamias 又はカミアス Kamias と呼ばれるこの植物

ここではその酸味が強いカラミヤスの実を生のまま又は天日干しにして料理に使う



s-P5082249.jpg
 ↑ 木の幹にぶら下がるようにして生るカラミヤスの実


カラミヤスの実が木の幹に生る姿はまさに鈴なりの様でもあり

その見慣れない光景はちょっと不気味でもあるが、、



s-IMG_3595.jpg



これはもしかしたら

庭の鉢植えのカラミヤス Kalamias の木に実が生るかもしれないね?

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR