FC2ブログ

トリクスペルメン メルゲンセ Thrixspermum merguense 咲く




今日のルセナは晴れ


s-IMG_6969.jpg


昨日の夕方ひと雨あり

からからに乾いていた庭に恵みの雨となる

日中気温32度





さて、、





先月1月初め

仙人が持って来たこの種類不明の原種蘭



s-IMG_5901_20190218152425720.jpg
並べてあるのは30㎝定規


シダ付きの木っ端に

隠れるように植えられてあった原種蘭をばらしてみると、、

なにやら小さな原種蘭の株がぽろぽろと出てきた



s-IMG_5927_201902181524274bb.jpg



株のサイズは大小様々

小さな株だと左右の葉を広げたサイズは5㎝ほど

大きな株でも左右の葉を広げたサイズは10㎝にも満たない



s-IMG_5936_20190218152428f36.jpg



この地に自生する原種蘭の中には

この株の様なミニチュアサイズの原種蘭が数種類あるが

どれもこうした手の平サイズの株は可愛らしくて見ていて面白い



s-IMG_6071.jpg



その後

この小さな種類不明の株をへゴ板に縛り付け

庭のブーゲンビリアの木陰にぶら下げて1ヵ月ほど放置しておいたら、、

株から伸びた短い花茎の先端に黄色い蕾らしいものが膨らみだした



s-IMG_6774_2019021815250195d.jpg



そして数日後‥

その黄色い蕾が開花したのであるが

その花の姿は上下逆さまの状態で開花した



s-IMG_6922.jpg



へぇ~

面白いね~


庭で咲く原種蘭の花を見ていると

時々こうして上下逆さまの形で花を咲かせる種類があるが

どうやらこれもそうした種類の原種蘭のようだ



s-IMG_6915.jpg



この上下逆さまの花の姿では見づらいので

デジカメで撮った画像を上下逆さまにして見ると、、



s-IMG_6918.jpg



黄色い花弁の中に

鮮やかな赤いラインの入ったリップがあり

そのリップの先端には白くて細かい泡のようなものが沢山見える


面白いね~

これは初めて見る種類の花だ


早速

いつものフィリピン原種蘭図鑑 PHILIPPINE NATIVE ORCHID SPECIES でこの花を調べてみると、、

どうやらこれはこの地に自生する着生蘭

トリクスペルメン メルゲンセ Thrixspermum merguense である



s-IMG_6947_20190218152519a1c.jpg



この黄色い花のサイズは約7㎜

花には香りなし

庭で咲いたこの花は花弁を大きく展開せず一日で閉じてしまったが

図鑑やネットでトリクスペルメン メルゲンセ Thrixspermum merguense の花を見ると

花弁は大きく展開するようなので本来の花のサイズはもう少し大きいのかも知れない



s-IMG_6915.jpg


庭で咲くトリクスペルメン メルゲンセ Thrixspermum merguense

このトリクスペルメン Thrixspermum 属の原種蘭は我が家ではこの株が初めてであるが

どうやら、、

この地にはまだまだ自分の知らない原種蘭が自生しているようである
スポンサーサイト

ピナリア ザントチェイラ Pinalia xanthocheila 咲く




今朝のルセナは晴れ


s-IMG_6957.jpg


昨夜少し冷え込んだが

今日も気温が上がり暑くなる

午前10時の気温30度


来週の24日(日)から

メトロマニラ、ケソン市にあるケソンメモリアルサークル内に於いて

恒例のフィリピン蘭展 The Flora Filipina Expo 2019 が開催される


s-50005849_2691658277572778_1235907587094872064_n.jpg

フィリピン全土から集まる貴重な原種蘭の展示と即売
主催:Philippine Orchid Society
期間:2月24日(日)~3月5日(火)
場所:Quezon City, Quezon Memorial Circle





さて、、





庭では

数日前に花茎を伸ばしていていたピナリア Pinalia (Synonym: エリア Eria) が咲く



s-IMG_6840.jpg



このピナリア Pinalia の株

今まで庭で花を咲かせたことが無かったから種類不明であったが

今回咲いたこの鮮やかな黄色い花でようやく種類が判別した



s-IMG_6849.jpg



なるほどね~

この美しい黄色い花、、


これはピナリア ザントチェイラ Pinalia xanthocheila である

花弁を大きく反り返えらせて咲く黄色い花のサイズは2㎝弱

大きなリップが特徴的な花に香りなし


このピナリア ザントチェイラ Pinalia xanthocheila

これもまたこの地に自生する着生蘭


この地に自生するピナリア Pinalia は数種類あるが

それらピナリア Pinalia の中でも

このピナリア ザントチェイラ Pinalia xanthocheila の花は一番見栄えする花であり

コラムと呼ばれるずい柱の先端に付く小さな黒点二つが眼のように見えて愛嬌もある



s-IMG_6853.jpg



美しいね~

庭にはこの株とは別に

以前ここの花屋さんで手に入れたピナリア ザントチェイラ Pinalia xanthocheila の株もあるが

その株に咲く花の花弁は黄色の無地であった

今回この仙人が持って来た株に咲くピナリア ザントチェイラ Pinalia xanthocheila の花は

鮮やかな黄色い花弁に赤色の細いラインが入り一層美しさを増している



s-IMG_6854.jpg



素晴らしい‥

こうした原種蘭の面白さは

たとえ同じ種類であっても株によって花の形や色合いが微妙に違うことであり

それらそれぞれの小さな違いを手に取って見る事ができるのが

ここでの原種蘭蒐集の楽しみである



s-IMG_6869.jpg



強い陽射しを避けるように

葉陰に隠れて咲くピナリア ザントチェイラ Pinalia xanthocheila


s-IMG_6867.jpg


美しい姿である

グラスティディウム ルゾネンセ Grastidium luzonense へゴ板付け




今日のルセナは晴れ


s-IMG_6837.jpg


風もなく

朝から強い陽射しが照り付ける

日中気温32度


妻と娘たちが田んぼの様子を見に行く


s-52043164_323856201575268_2289872821863579648_n.jpg


順調に稲穂も垂れ

今月終わり頃には稲刈りが出来そうだとのこと、、


s-52020899_2081849351933324_9137063067018854400_n.jpg


田んぼの横に植えられたカカオの木に実が付く

稲とカカオ

南国らしい田園風景である





さて、、





天気が良い日が続き

庭の原種蘭いじりが毎日捗る



s-IMG_6808_20190216145311c6a.jpg



今朝は

庭からグラスティディウム ルゾネンセ Grastidium luzonense の子株を採ってきて

これをヘゴ板付けにする



s-IMG_6809.jpg
並べてあるのは30㎝定規


グラスティディウム ルゾネンセ Grastidium luzonense

これもまたこの地に自生する着生蘭であり

株元から細く長く伸びた茎と

その茎の先につく葉の姿が笹にも似ることから

ここではバンブーオーキッドとも呼ばれる原種蘭である


(注:ここでは、このグラスティディウム Grastidium 属の他にもバンブーオーキッドと呼ばれる原種蘭は数種類ある。)


s-IMG_6814.jpg


この地に自生するグラスティディウム Grastidium は数種類あるが

その中でもこのグラスティディウム ルゾネンセ Grastidium luzonense は大型の種類である

本来であれば、、

大きめのへゴ板に株を付けて株を大きく生長させたいが

我が家の狭い庭では株が大きくなりすぎると場所取りが大変になると思い

今回は細くてスリムなへゴ板に株を付けることにした



s-IMG_6823_20190216145316cbf.jpg



ビニタイを使いへゴ板に株を縛り付け、、



s-IMG_6828.jpg


あとはこのまま

庭の半日陰にぶら下げて様子を見る


s-IMG_6826.jpg


さあ、、

枯れずに育つかグラスティディウム ルゾネンセ Grastidium luzonense

原種蘭いじりの楽しみは続くのである

ヨウラクヒバ(瓔珞檜葉)




今日のルセナは晴れ


s-IMG_6777.jpg


早朝から陽射し強く

爽やかな乾いた風が吹き抜ける

日中気温31度


双子娘が新しい携帯電話を買う


s-51411404_484111682121034_2721526866291720192_n_20190214150500ecd.jpg


買った携帯電話のロック解除には顔認証と指紋認証が付いていたが

双子の場合、、 

顔認証機能は双子姉妹どちらの顔でも1台の携帯電話のロック解除が出来たので

この顔認証機能は双子の場合役に立たないことが分かった





さて、、





昨日

遮光スぺースの高い場所から

ハンギングバスケットに植えたヨウラクヒバ(瓔珞檜葉)を下す



s-IMG_6696_20190214150532bad.jpg



ヨウラクヒバ(瓔珞檜葉) Huperzia phlegmaria (Synonym Lycopodium phlegmaria L.)

このヒカゲノカズラ科のヨウラクヒバもまたこの地に自生するシダ植物


このハンギングバスケットに植えてあるヨウラクヒバ

今から3年ほど前、、

仙人が山から持って来たヨウラクヒバの株をいくつか寄せ植えにしたものである



P5120727_20190214154015464.jpg
↑ 2016年5月中旬撮影 ヨウラクヒバ


仙人が3年ほど前に持って来た時

茎の長さは長いものでも30㎝ほどしかなかったが

今では伸び放題に茎が伸びた状態で、、



s-IMG_6720_2019021415053556d.jpg



株元から伸びた茎の長さは

茎の先端に垂れる胞子嚢穂まで入れて

一番長い茎で長さ60㎝ほどまで伸びている



s-IMG_6707.jpg



面白いね~

原種蘭と違って花が咲かないシダ植物ではあるが

花が咲かなくてもその風変わりで美しい葉姿は眺めていて飽きない観葉植物である



s-IMG_6696_20190214150532bad.jpg



昨日はこのヨウラクヒバを植えてあるハンギングバスケットの中に

庭に生えている他のシダ植物を植え込むことにした



s-IMG_6731.jpg



バスケットの中を覗くと‥

長いこと遮光スペースにぶら下げて置きっぱなしだったバスケットの中は

苔などの植え込み材量もほとんどなくすかすかの状態、、



s-IMG_6721.jpg



それでも株元からは新芽が伸び出し

黒く良い感じに変色している茎もある

こんな状態でよく今まで枯れずにいたものである



s-IMG_6734.jpg



早速

庭から適当なサイズのシダ植物を採ってきて

採ってきたそのシダ植物をバスケットの中に押し込むようにして植えた



s-IMG_6739.jpg



そして植え込んだシダ植物とバスケットの隙間には

細かく切った椰子殻を適当に詰め込んだ



s-IMG_6749.jpg



あとはこのまま

元あった遮光スぺースにぶら下げて終わり


s-IMG_6756.jpg


ハンギングバスケット植えのシダ植物

なかなか良い感じである

ピナリア Pinalia に花茎伸びる




今日のルセナは晴れ


s-IMG_6676.jpg


昼前にザーッとひと雨降ったせいか

日中少し蒸し暑くなる

日中気温31度


毎年

暑い乾季に実を付ける燐家のインディアンマンゴーの木に

薄黄色い花が咲き始める


s-IMG_6667_20190212141748b2e.jpg


今年もまた‥

暑い暑い乾季がやって来る





さて、、





今朝庭に出ると

ピナリア Pinalia (Synonym: エリア Eria) の株に花茎を見付ける



s-IMG_6681.jpg



緑色の苞に包まれた緑色の蕾


ピナリア Pinalia の花茎の伸びるスピードは非常に速いが

この花茎の伸び具合からすると

多分この株は、、 

一昨日から花茎が発生し始めたものと思われる



s-IMG_6677.jpg



この花茎を付けたピナリア Pinalia の株

今まで庭で花を咲かせたことはまだ無いのだが

スっと伸びたバルブと葉姿からして

この株はピナリア ウッディアナ Pinalia woodiana だと今まで思っていたが

今朝見付けたこの緑色の苞と蕾の様子からすると‥

これは別種かもしれないね?



s-IMG_6679.jpg



さあ、、

どんな花が咲くのか?

楽しみは続く、、


s-IMG_6683.jpg

Pagination

Utility

プロフィール

隠居

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリ

Click !!

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Click !!


QRコード

QR